WBCおめでとう!

興奮しましたね。
いやー、よかったよかった。
あまり関心がなかったのですが、勝てば気持ちのいいもの。すっかり夜のダイジェストにくぎ付けでした。

阪神ファン的には、そこでダルかぁ(藤川ぁ)。あ、岩田が笑っている。

と、いまひとつ主役の輪に入れなかった阪神の選手に「よしよし」という思いです。しっかし、内川っていい選手だなぁ。すっかりファンになりました。岩隈も、ちょっと太った今のほうがいい顔している。それと、イチロー。すごすぎる。なんだかほんと、あの人は、神なんだなぁ。一塁が空いているのに勝負した韓国の監督も、あるいみすごい。どう考えても敬遠だろう。あんなに粘られても勝負するって、すごいよ。勝負に執着するという意味がちがうんだろうな。

あと、松井の二人がいたら、すごかったな。日本に不動の4番がいないのがちょっと残念だった。もちろん村田はよくやったけど。

久々に野球が見たい!

| | トラックバック (0)

オリンピックが始まりました


オリンピック好きの私は、もう頭の中100%、オリンピックに染まっています。オリンピックと言えばNBCのサイトが一番。いち早い写真や記事、動画アップに全選手名鑑。アメリカ国内であれば全種目のライブ中継も見られる。

それまでの4大会で15個しか金メダルをとれなかった日本が、アテネで16個もとったおかげで、今回も10個以上の金メダルを世論は期待していますが、あまりそういうことは気にせず、世界中から集まった鍛え抜かれた人々を見る機会なのですから思いっきり堪能したいものです。

なのに、なんなんだ。NHKをして女子ウェイトリフティング。三宅が6位と決まった瞬間に放送を切り替えた。TBSがやってはいたが、その後も中国の選手はどんどん記録をあげたのに、最後まではやってくれなかった。本当にむかつく。

日本の選手がいかにがんばっているかを伝えることも重要だが、世界最高峰の選手たちの最高の技量を見ずしてなんなんだ。運動会で自分の子供だけをビデオにとろうとクローズアップしている親みたいな、視野の狭さで結局損をするのは、放送業界だということを、まだわからないのだろうか。本当に悔しい。

NBCのライブも、今回はアメリカ国内しか見れない。プラグインのインストールまではなんとかできたのに。悲しい。日本にとってマイナーな競技をじっくりみたいのに。

と、悔しがってばかりだとなんなので、とりあえず大会1日目でわたしが見つけたイケメン

●柔道男子60Kg級 金メダル 韓国のMinho CHOI
かっこいいのとかわいいのと。すべて一本勝ちというのもすごかったですね。しゃきしゃきしていました。

●男子エアピストル10m 銅メダル 北朝鮮のKIM Jong Su
1位中国、2位韓国、3位北朝鮮と、予選そのままの順位で決まったんだけど、3位の北朝鮮の選手が、刺客っぽくて素敵でした。私のハートをズキュン♪競技が終わってから、2位の韓国の選手と握手しているのがとても印象的でした。


そして、選手以外では、女子ウェイトリフティング48Kg級の台湾のコーチの髪型が、いい感じで中曽根元首相っぽくって素敵でした。

いいなあ、アメリカ国民は。やってる競技は全部生中継でネットで見られる。日本もそうしてほしい。

マイナーな競技の一流を見ることが、どれほど豊かなことか。くだらないバラエティの垂れ流しよりもできることあるだろうと、放送業界の望むことはもうしないけど、せめてネットでこういうことができないのか。日本のオリンピックのポータルサイトの不在のがっかりをだれにぶつければいいのか。日本はあらゆる意味で遅れているな。とつくづく思う、今回のオリンピックなのでした。

(追記)

マイダーリンの北朝鮮エアピストルのキム・ジョンスがドーピング違反でメダルを剥奪されちゃいました。でも私は応援していますわ。ぽっlovely

| | トラックバック (2)

あけおめです!&箱根駅伝に興奮!

明けましておめでとうございます!

天候に恵まれた三が日でしたね。旦那と私のお互いの実家に行き来してようやくほっとしているところです。恒例の色変えは、例年通りドクターコパの風水ラッキーからによるもの。今年は、ゴールド、シルバー、白、赤だそうです。

さて、箱根駅伝すごかったですね。我が母校はもちろん出場していなかったのですが、調べると学連選抜の補欠にはひとりはいっていた御様子。快進撃は胸がすく思いでした。なぜかあまり映してもらえなかったのはやっぱり主催者としては学連が強いのはあまり芳しくなかったのでしょうか?感動的だったのに。。。

あと、棄権が続出したのは明らかに人災だろう。これだけ温暖化がすすみ、昔はよく見られた長袖で走っている選手などほとんど見られない。日中の体感温度も10年前とは様変わりしているはず。なのに、明らかに給水ポイントが少なすぎるように見えた。というよりも、ほとんど確認できずに、監督車両からコーチなどが差し入れする形での給水しかタイミング悪く見られなかった。飲みたいときに給水できずに、体調を悪化させている選手が多かったのではとつい推測してしまう。ドリンクメーカーがメインスポンサーというのに、ちょっと水分補給を馬鹿にしているとしか思えないような光景だった。

箱根で棄権する、それはその選手に小さくはない心の傷を残すはず。人気をあおる以前にまず選手たちの体調管理を考えることも主催者には必要ではないか?

10年位前は、選手たちの吐く息は白かったよなぁと、まぶしい陽光の中、汗びっしょりで駆け抜けていく選手たちを見ながら、温暖化は正月の風物詩も明らかに変えているよなぁと、つくづく思うのでした。

というわけで、ことよろです。m(__)m

| | トラックバック (0)

藤川をワシントン条約で保護できないか

もう、やっと負けてほっとしましたよ。だって、勝っている間は出し続けるんだもん。藤川。あ、すみません。阪神ネタです。

勝つならドカンと勝ってほしいのに、いつもはらはらどきどきの展開で、藤川登場。もう、切なくなってしまいます。

甲子園じゃなくても、登場とともに脳内を流れるリンドバーグのevery little thing every precious thing

藤川のような希少生物は、ワシントン条約で保護し、せめて週3回までの登板としてくれないと、こっちの心臓がもちませんて。なので、今日は能見サンキュー!でした。早めの大敗にて、久々にファンもゆっくり眠れます。

| | トラックバック (0)

レッズ優勝

レッズ優勝写真をアップしたまま、放置していたのには理由があって、ココログが長いメンテナンスに入っていましたのでした。

というわけで、レッズ優勝しましたね。長かったです。

私は大宮アルティージャができる前は、レッズファンでタイガースファンだったので、恥の上塗り。弱いもの好き。究極の負け組だったのだ。

それがどうだ。歴史はめぐって、両チームとも、日本一の人気チーム。弱い、駄目チーム、というのは美味く育てると、とんでもないロイヤルカスタマーを味方にすることになる。

テレビの取り上げ方として、「ださいたまの唯一の誇り」みたいなのが多く、辟易とはするが、だささのなかに住んでみないとわからない魅力がたくさんある街なので、まあ、さんざん馬鹿にしてもらって、よし。

とりあえず、おめでとう。アルティージャも、ぜひ、後に続きましょう♪

| | トラックバック (0)

井川が30億円!?

今日は、ロフトワークさんのセミナーとか、筑紫楼でのランチとか、いろいろあったんだけど、何はともあれ、井川のことだろう。

30億円ねぇ。

井川って、肝心のところで負けるイメージが強くて。だけど、まあ5年連続の2桁勝利。ほんと、阪神ファンとしては、うれしい限りです。がんばってね。

井川がニューヨーカーか。松井君。どうか、面倒見てあげてくださいね。2人が並んだところを考えると(以下略)

シーズン中は、「もう井川なんかいいよ、アメリカ行っとけ」とか散々言っていたのに、なぜかこう決まっていくと、無性に寂しいな。がんばってよ。ほんと。心配だな。

いや、ほんと、今までありがとう。21世紀に2回も優勝できたのは、あなたのおかげです。これからもがんばってね。うるうる。ほんとつくづく寂しいな。

ちなみに、彼は水戸出身ですが納豆は嫌い。どうか、ニューヨークで納豆が入手できる場所なんて、彼に教えないでください。それよりも彼がニューヨークで入手したいものは別にあるはず。アキバっぽいスポットをぜひ教えてあげてください。

| | トラックバック (0)

ジダンの頭突き、ルーニーの股間踏み

ずっとイタリアを応援していたので、なんとなくの世の中のフランスびいきにはうんざりしていた。

でも頭突きのシーンをみて、すっかりジダンが好きになった。いいじゃん。サッカーバカ一代って感じで。

そもそも悪ガキのスポーツでしょ?股間踏んじゃったルーニーも、言いつけたC・ロナウドも、暴言吐いたマテラッツィも、頭突きかませたジダンも、みんな愛すべきサッカー野郎。こういうのがあるから、スポーツっていうのは面白いと思うんだけど。

もう計算なく、かっと来ちゃったんでしょうね。そういう衝動的なものがあるから、サッカーができるんだと思う。スポーツする人全てに、柔道の山下さんを求めちゃいかんと思いますよ。お金にずるく、女にゆるく、カッと来やすい、お調子者たちが繰り広げるからこそのエンターテインメント。

ただ、それを見ていた子供たちにどう説明するかは(笑)

 「敗戦はそれほど受け入れ難いことではない。むしろ困難なのは、世界中の何千万人もの子供たちに、どうしてあんな頭突きをしたのか説明することだ」。スポーツ紙レキップは一面に掲げた社説でこう嘆いた。

 9日の決勝はジダン選手の引退試合でもあった。レキップは「選手としてあれが最後の姿になった。あなたほどの人物にどうしてこんなことが起こり得るのか」と疑問をぶつけた。

 ジダン選手の暴力行為が「(決勝戦の)夜を台無しにし(ジダン選手の)最後に汚点を残した」と指摘したのはフィガロ紙。パリジャン紙は「偉大な選手のキャリアが暴力行為によって締めくくられるなどということが、なお信じ難い」と抑えた筆致で市民の声を代弁した。

というわけで、わたしも娘にどう説明するかをいくつか考えてみた。

・ああいう無意味な暴力を振るうと、退場になるの。よくおぼえておきなさい。

・サッカーは一種の格闘技なのよ。手を使っていないところは、さすがサッカー選手ね。

・あなたも本当に怒ったら、頭突きをしなさい。結構、有効な手段よ。特に振り向きざまの頭突きは。

・マテラッティがなんといったのか、20字以内で10個考えなさい。

・去り際に、ワールドカップトロフィーに頭突きしなかったのは紳士的ね。見習いなさい。

というわけで、結構、いろいろな説明ができるではないか。心配ないです。>フランスの皆様

明日の日本代表を目指すいたいけな少年達には、ジダンの血の気をよくおぼえておいて欲しかったりして。というわけで、疲れて帰ってきた旦那にとりあえず頭突きをして、痛いかどうかを聞けてちょっとすっきり。(無性にやってみたくなったのは私だけではないはずで、この地球上でたぶん何万人が頭突きしているはず。されたほうに合掌)

| | トラックバック (0)

中田、テポドン、そして35億円

ショックなこと続きである。

中田の引退は、まあいいとして。辞めたい人は辞めるべきでしょう。我が愛するレスリー・チャンも、一度引退したしね。

テポドンは、うーん。怖い。

そして、

阪神球団が払わなければならない35億円。いったいオーナー会議の、誰が“払え派”なのか、名前を挙げて欲しい。

と、ともに思うのは、阪神外交ベタだなと。外交が下手だと、とんでもないコストリスクを抱えることになりかねない。表と裏の折衝力、鍛えてくださいよぉ。と、自分にも言い聞かせる、梅雨末期の夜。

| | トラックバック (0)

去年から完敗続き

去年の日本シリーズに続き、応援するチームは完敗が続く。まいった。

でも、WBCのこともある。3敗して優勝するなんていう、変なこともあるので、あきらめずがんばれ!しかし、男子というものはどうしてこんなにサッカーの敗戦で落ち込むのか。旦那は、完全に落ち込んでしまった。

今日はそわそわして仕事が手につかなかったが、明日からは日常に戻れそう。

ひとつ思うのは、名プレーヤーが名コーチになることの難しさ。ジーコは日本の代表監督を経てどこに行くのか。そして、日本の代表監督は誰がなるのか?わたしがサッカー協会会長なら、ぜひヒディングをよびたいものだ。

ああああ、せめて引き分けで終わっていてくれたら・・・

| | トラックバック (0)

村上ファンドとワールドカップ

もう・・・。村上ファンドとワールドカップの関係について、ものすごく熱く語ったのに、消えてしまった。

がっかり。

| | トラックバック (0)

おめでとう!金本選手

すごい。すごすぎる。

7年間、無遅刻無欠席。働く一人の人間として、心から尊敬する。

彼のすごさを、野球を知らない人にもぜひわかってもらいたいので、ちょっと解説。

1、中途採用のリーダー

彼は、広島というチームにいて、記録も実績もあった。しかし、決してリーダーではなかった。その彼を、口説いたのが星野監督。星野監督が、阪神という人気チームに呼び、そこでリーダー的存在として据えた。

低迷する企業に、実績のある人間を招聘する。社内のストレスは大きい。金本は、もちろん様々なエピソードはあれど、清原のようなカリスマ性で人を引っぱるのではなく、黙々とした練習姿勢によって、チームのお手本となった。ここは、外部の血を導入するときのヒントになろう。言動よりも背中は能弁だ。

2、自身のキャリアハイと、チームの成績が連動

彼の世界記録の価値があるのは、自分の成績も、チームの成績も、この3年ほどで全盛を迎えていることだ。記録のためにチームを(ほとんど)犠牲にしていない。かつ、下り坂での世界記録ではなく、去年彼は、MVPを獲得、打撃3部門で自己最高を更新した。

3、四番打者にして最高のつなぎ役

星野監督時代は、3番の赤星に盗塁王を取らせることに、気を使う。岡田監督なってからは、5番の今岡に打点王を取らせる。オレオレタイプの、4番ではなく、他の選手の実績にも配慮するというのは、できそうでなかなかできない。

4、他の外様ベテランにも好影響

金本にリプケンのバットをセレモニーで渡したのが、中日からの矢野と、日本ハムからの下柳。3人とも38歳で、下柳は去年の最多勝。矢野も去年は138試合に出場。金本の活躍に引っぱられるように、30代後半でますます伸びる可能性。

とにかく阪神ファンとしては、来てくれてありがとう。その一言だ。

| | トラックバック (1)

トリノオリンピック

オリンピックが好きだ。好きだけど、最近はあまりの商業主義にちょっぴり嫌気がささないこともない。

冬のオリンピックで一番好きなのは、フィギアのペアと、アイスダンスのペア。

男女でやる競技は、夏冬通じて珍しい。スポーツだけでない、そこはとない愛情のかたちが垣間見られて、そこが好き。

踊り終わって、目を合わせないカップルとかもいる。カップル同士は淡白なのに、女性のほうがコーチとブチューとかやっていると、5分間は人間関係の妄想で楽しめる。

アイスダンスはエロエロな振り付けのところが、夫婦だったりすると、ちょっと意外に思ったりする。

あと楽しみは、閉会式。開会式は、選手が疲れないかやきもきするが、閉会式はみんなリラックスしてこちらも笑顔になる。

みんなが全力を出し切れますように!
しっかし、上村愛子さんって可愛い。

| | トラックバック (2)

終わった

うーん。なんというか。

まあ、いいや終わったし。

ここ最近、とら@らむ でしたが、ちゃんと うら@らむ に戻ります。

とりあえず、みなさんご苦労様でした。こういう、ぺちゃんこに悲しい思いをたまに味わうのが、醍醐味ってもんよ!ふぉっふぉっふぉっ!

とりあえず、今日は梅酒でも飲んでフテ寝しよっと。

じゃ。

| | トラックバック (0)

村上ファンド、ロッテ、そして霧。容赦ない阪神ファンへの試練

またまた阪神ネタ。

今世紀に入ってからの頻繁な優勝。巨人の凋落による、まるで球界の新たな盟主は阪神であるかのようなマスコミの取り上げ方。

たぶん、古くからの阪神ファンは、ちょっと戸惑っていたに違いない。

昔から、お家騒動、江川事件、野村監督騒動、そしてもちろんチームの弱さなどなど、ファンを悲しませる要素にかけては、他の追随を許さなかった。なのにここにきて、ファンを随分喜ばせてくれて、ちょっと「れれれ」という気分であったところに、来た来たキター。村上ファンド、そしてロッテ、その上、霧。

これでこそ、阪神。マゾ集団の阪神ファンとしては、やっぱり来たかと思うしかない。

村上さんについては、講演を聞いた日から、支持していたが、やっぱり上場は反対だ。くるりと意見を変えさせていただく。

ものすごくよく考えた。私は阪神ファンだ。とりあえず上場されたら、1株くらいは買うだろう。でもそれは、値上がりによるキャピタルゲインを考えて、ではない。しかし、200X年のある日、神宮の3塁側へ。ピッチャー岩田はよく投げたが、リリーフした桟原が小野の今季初のホームランなどを浴びて、逆転を喫し、惜敗する。ジェット風船の片付けをしながら、もうちょっと外苑前の駅が空くまで待っていようと席に座っていると「畜生、また株下がるでぇ。俺に損をさせるなー」と、野次が飛ぶ。

私は敗戦の悲しみよりも、そういう輩が、同じ3塁側にいることを心から悲しむだろう。金儲けのために阪神を応援するなんていうことが、ありうることに悲しみを覚えるだろう。この感情を、絶対にあの方は理解をしてくれないだろう。

上場に賛成するなら、ファンしか買えない仕組みを作ってほしい。購入時にクイズに正解し、かつ、次に買う人のためにクイズの問題を作るのだ。つまりファンによる踏み絵の逆を作るのだ。

わたしもいくつかクイズの問題を考えた。

1、OB・現役含め、7の倍数の背番号をもつ選手を3人以上言え(監督も含めればサービス問題)
2、竹之内、オルセン、掛布、いずれかの真似を一つやってみろ(サービス問題)
3、2003年のセリーグ優勝時の胴上げ投手は誰か?(ちょっとひっかけ)
4、ロッテ出身で85年優勝時に阪神に在籍していた選手は?

こんなふうに。ちなみに、2番。竹之内の打撃フォームと、オルセンの投球フォームは、ほんのちょっぴり可愛かった大学生当時の私が、サークルの飲み会で必ず披露して、周りをドン引きさせていた18番の芸である。いつもそれで人気急降下だったが。

今回の一連の事件も、阪神ファンへの定期的な刺激の一つと考えれば、納得が行く。というか、そう考えるしかないかなぁ。「赤星の盗塁が見れたじゃん」「江草も打たれはしたけど、最後までよく投げたよ」などと、ひどい試合からも何かしらいいところを探して、旦那と自分を慰めていたら、「そういえば、昔は毎日こうだったよね」と、急に弱い頃の阪神を思い出した。

| | トラックバック (2)

功労者もしくは功労者と思っている人の送り出し方

お久しぶりです。

阪神の優勝ですっかりリズムが狂ってしまいました。人生で3度目のことなので、許してください。
しかし腹が立つのは、前回、前々回の優勝時には、ビールかけの模様をちゃんと関東のTV局も放送したのに、今回はなんだ。NHK-BSとテレビ東京でちょっとやっただけ。意味のないだらだらした祝宴放送がを見るのが大好きな私は、ほんと、ちょっと頭にきている。

さて、清原に自由契約が言い渡された。

本人はやるかたない思いだろう。個人的には、嫌いな選手ではあるけれど、田尾監督にしろ、清原にしろ、功労者もしくは本人が功労者だと思っている人を、もうちょっと暖かく送り出してはあげられないだろうか?

こういうところで企業の“お里が知れる”と思うんだよね。でも以前、阪神でもバースや掛布、田淵の切り方は、ひどいものだった。岡田監督だって、阪神からオリックスに行ったときは、ハッピーなものではなかったと思う。

でもそういうときは、得てしてやっぱりチームは弱い。

サラリーマンにしろ、プロ選手にしろ、報酬はもらっている。あんなにがんばったのだから、もっと優しくしてくれていいのにという言葉には、「お給料毎月もらっていたでしょ。何言ってんの」と返す刀。

ちなみに、これは去年の私の心の中での会話。悪らむねと、正らむねの戦い。

だけれども、やっぱり卒業生には気持ちよく去ってもらうことが重要だと思う。味方になるというだけでなく、残る人間にとっても、重要だと思うから。

卒業生が卒業した企業といい関係で、卒業生同士もいい関係という企業は、ものすごい強固なネットワークを張ることができる。その好例が、リクルート。元リクの人たちの活躍はすさまじい。

気持ちよく出会い、気持ちよく別れる。簡単そうで、難しい。

なんかすっかり野球ブログじゃないか。それにわたしにとってプロ野球は「うら」ではないぞ。「芯」の部分だ。読む人にとっては、超どうでもいいことだろうが。

| | トラックバック (0)

やったー!

まさかとは思ったが、本当に優勝してしまった!嬉しい!!

最高の気分です。

| | トラックバック (0)

村上ファンド、阪神電鉄株取得

昼間に飛び込んだ、超衝撃ニュース。

最近セミナーで話をお聞きしてから、たいへん尊敬してやまない村上氏が、なななんと、愛してやまない阪神タイガースの親会社阪神電鉄の筆頭株主になったということ。

えっ?村上氏、阪神ファン?

阪神ファンとしては、究極のあり方なので、結構うらやましい。

そんなことを言っている場合か?

以前、阪神電鉄の経営難が言われていたときには、西武⇔阪神で 外国人選手⇔新型電車の大型トレードなんていう話も出ていたほどで、阪神タイガースがなくなってしまうのではないかと、本当にファンは心配したものだ。

ただ、21世紀になって粘り強いファンの後押しと、阪神電鉄の気づきによって、阪神電鉄にとって、阪神タイガースは、文字通りコアコンピタンスになった。村上氏は、コアコンピタンスの価値をそぐようなことは決してしないだろう。

たぶん。

| | トラックバック (13)

母性本能くすぐりマーケティング

いくつか宿題が終わってほっとしたこともあり、この週末は、かなり阪神タイガースに心を奪われていた。

わたしは、両親から阪神ファンのDNAを受け継いだ、阪神ファンのサラブレッド。東京のタイガースファンは、アンチ巨人ということからその道を選ぶ人も多いようだが、わたしは何の疑問もなく、小さい頃から、「阪神が一番」と、すくすくと育った。

しっかし、弱かった。

はっきりいって強い阪神というのはほとんど知らないので、今年のように2年ぶりに優勝するというのはかなり違和感がある。逆に言えば、あれだけ弱かったからこそ、今の阪神の人気があるのではないかと、つくづく思うのだ。

一時期のレッズ、阪神、そしてハルウララ。弱いからこそ、応援したくなる。

弱かったからこそ、強くなっても共感できる。

少女漫画でも、少年漫画でも、駄目な主人公が少しずつ成長していくストーリーが、日本人、いやいやハリウッド映画なんかもそういうの大好きだろう。

弱いというのは、ファンを育成する格好のえさになるのだ。

だからこそ、楽天の田尾監督解任は、惜しい。楽天はあと5年くらい弱くていいのだ。弱いからこそ、応援する側は一体感をもてるのだ。

愛されるためには、強さだけでは駄目だ。

というわけで、どうしてもイチローよりもシンジョーなんだよね、わたし。つっこみどころのない人は苦手です。つっこみどころしかないというのも、考えものですが。えっ?わたし?

| | トラックバック (2)