« メゾン ポール・ボキューズ【渋谷】 | トップページ | モバイルコマースグランプリ表彰式とビックタウンの謝恩会 »

中川財務相の弁護を試みる

どうやらこの方、前科もたくさんあるみたいですね。漢字に弱い麻生さんに続く、お酒に弱い中川さんというところでしょうか。好きなエピソードは、スペイン国王の訪日のときの晩さん会のときに、いきなり「帰るっ」と大声を出したこと。

でも、風邪ひいて、風邪薬飲んで、お付き合いでお酒飲んで、時差ボケで、よくがんばっているじゃないですか。すごい仕事してんだよって開き直らないところが紳士的ではありませんか。

酒と夜と女に強いのは、政治家の基本。とすれば、酒と夜(タイムコントロールという意味での)に弱かったのは、致命的ですね。うーん。

わたしもお酒には弱いし、旦那は飲むとよくああなっちゃうので、ちょっと胸が痛む光景ではありました。でもさ、なんか辞任に追い込むのは違うと思うんだよね。

今回の件で、メディアは、長所よりも短所にスポットを当てるのが得意というのは、世界共通なんだなとわかった。一方でリーダシップを求めながら、同時に破綻のない人間を求める。どっちもなんて無理なんだから、どちらかは目をつぶるしかないと思う。女性スキャンダルと醜態での閣僚の辞任には、私は基本的に反対だ。高校野球じゃないんだからさ。

今回の件でいえば、誰も傷つけていない。水を飲まれちゃった白川さんも許してくれるだろう。中川さんは弁明で、財務と金融を兼ねるという激務をアピールすればよかったのだ。(財務と金融を兼ねるということは問題だがそれは別の話)

こうやってとんがりのある人をこんなつまらないことでどんどん狩っていく。マスコミも民主党も鬼の首を取ったように騒ぐし。なんか違うと思うんだよな。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 中川財務相の弁護を試みる: