« December 2008 | トップページ | February 2009 »

ライフネット生命 生命保険、保険料の秘密公開ブロガーミーティング

ライフネット生命出口社長と岩瀬副社長のお話を聞いて来ました。こちらに詳しく書いたのですが、面白かったですね。

生命保険という商品の面白さとしての側面は、こっちに書いたので、それ以外の面白さを。

プロジェクトを進めるというなかでの、陰と陽のようなものを60歳の出口さんと、若い岩瀬さんから、感じました。どちらが陽というわけでなく、お互いが全く真逆なのにとても噛み合っている。

備忘録として
●出口さん
若い世代が貧しくなっている
若い人が子供を生まない国はおかしい

・・・少子化や若い層に対する思いがすごく伝わってきた。
  こっちに書いてあることはほとんど、出口さんの言葉。なので、ここにはどちらかというと岩瀬さんの発言を中心に。

●岩瀬さん
Michael E. Porterが去年、ハーバードビジネスレビューにて書いたように、CSRは戦略的であるべきだ。ゴールドマンサックスはゴミ拾いをするべきではない。より本業に近い社会貢献をすべき。
・・・同感。日本のCSRは、厚化粧しすぎ。
Milton Friedmanの講義をハーバードで受けた時、寄付は横領行為だと言っていた。
・・・これもまた上につながるが、本業で社会貢献すべきということだろう。
・最初から順調というわけでなく、よかったと思う。いきなり成功すれば誰でもまねできるということ。そのあたり、イノベーションジレンマでもあるが、水面下からぐぐっと伸びていくのが理想的。・・・このあたり、現在、プロジェクトを立ち上げようとしている身から言うと、大変心強い。最初からうまくいかないことは一種の成功の条件か。
・社会の大きな矛盾を生命保険という商品を通じて変えていきたい
・・・拍手!

あと、トンチン年金というのを初めて聞いた。もはや日本人の最大の恐怖は長生きといえるだろう。この制度は、その恐怖から救う、かなりいいシステムではないか?少子高齢化で世代間相互扶助には無理がきている。無理がきているから既得権益にしがみつくものが出るし世代格差が助長される。世代内相互扶助として、トンチン年金の仕組みは早急に商品化もしくは国の制度として議論の俎上に載せてほしい。

風邪をひいて、参加をかなり迷ったのだが、行ってよかった。shine


| | トラックバック (0)

サロンデュショコラ

サロンデュショコラなーんか、いっそがしくて忙しくて。忙しいとは心がないと書くがまさにそのとおり。お正月から、サイトの立ち上げや、原稿や、軽井沢にスキーに行ったり、宝塚見に行ったり、「スーザンを探して」をクリエに見に行ったり、新年会をいっぱいやったり、風邪気味になったり、早くも花粉症になったり、美容院に行ったり、旦那の厄除けにいったり、子供の吹奏楽の演奏会の手配をしたり、結構毎日忙しく働いていたり、遊んだり、飲んだり、笑ったり。

そんななか、サロンデュショコラでチョコレートを買いこんで幸せ気分です。

冷蔵庫の高いところにも娘が届いたりしちゃうので、買ってきたことがばれてしまい、高いチョコレートを分ける羽目に。子供も知恵がついてくると、面倒くさいものだ。

というわけで、徐々に詳しいご報告をいたしますです。

| | トラックバック (0)

第1回『モバイルコマース・グランプリ』 締め切り迫る!(1/23(金)まで)


すみません、締め切りの話ばかりで。

いろいろ書きたいことはあるんですが、最近、眠くて。

私が最終選考委員をつとめるモバイルコマースグランプリの締切がもうすぐです。ぜひぜひご応募ください。

応募フォームはこちらから

| | トラックバック (0)

JWDAアワードの締切迫る!(1月16日まで)


審査員をつとめるJWDAアワードのエントリー締め切りが近付いています。

先日の日経ネットマーケティングでも書いたように、賞はノーリスクハイリターンのプロモーションツール。利用しなきゃ損です!

ぜひエントリーして下さい。あと、この賞の授賞式を兼ねたパーティーはとっても楽しいので、おすすめです。デザイン畑の人や学生さんが多いので、とっても積極的に名刺交換や歓談がなされて、気持ちがいいです。

谷口 正和さんや、中西 元男さんのような大御所も、にこやかに若い人たちと会話を楽しんでいて、ちょっといい感じです。オープンな会なので、ぜひぜひ。今年は2月26日の18時から。場所は未定です。

とりあえず、賞にエントリーしてみてください~。

| | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

うわー、ご挨拶がこんなに遅くなってしまった。お正月は普通に、母で妻で嫁で娘なので、それなりにばたばたしておりました。

今年のお正月で印象的だったのは

・紅白がとっても感動的だったこと。特に平原綾香がうたったラピュタの歌は絶品で、ぜひ1曲フルで聞きたいなと。
・審査員だった幸四郎がポニョのぬいぐるみを扱いあぐねて少々むっとしていたこと
・娘がジャニーズのカウントダウンライブを、キャーキャー言いながらみていたこと
・箱根駅伝がすさまじかった。東洋大柏原君、順天堂小野君、二人の山登りに衝撃を受けるほどの感動をしました。柏原君の「奇跡は信じるだけではおきない。起こそうとすれば起きる」「嫌いなものから逃げたら勝てない」という言葉には感銘を受けました。
・そして、年越し派遣村。自分の親とか、旦那の親とかの、年越し派遣村についての感想。いわゆる"後期高齢者"と、本来働き盛りであるはずの世代であるのに働けない働かない状況に置かれている人たちとの、断層はあまりに深いな、と。
・映画「ウォールe」を観にいったけど、私にはまったく響きませんでした。
・娘は5年生。家族3人でみっちりとお正月を楽しめるのはいつまでなんだろう。人ごみで握る手に、つい力を入れてしまう。
・お笑いでは「はんにゃ」の金田が異常に目立っていた。今年は、去年以上の大ブレイクか?(ちなみに、大好きです)

独り言のような、このブログ。5周年?
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
そうそう、色も変えました。
ドクターコパさんの今年のラッキーカラー、ゴールド・ピンク・イエロー。
ぜひ今年もごひいきに(゚▽゚*)

| | トラックバック (0)