« アメ横で負けた | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2008年とは何だったのだろう?

長文を書く時間がないので、簡単に総括。自分のために。

他己実現と自己実現。

この2つのバランスを強く考えさせられた一年だった。好きだったドラマ、「薔薇のない花屋」「鹿男あおによし」「篤姫」の主人公たち。オリンピックのヒロイン上野投手。他を活かす。その過程で自己実現する。もしくは、自分というものを考える余地さえもない。他人や状況に振り回されながらも、まっすぐに生きる。

はだかの王様が、裸であることを見つめ、裸であることに胸を張る。
見えない服を威張っていた自分に別れを告げ、無駄を省き持たないことに自信をもつ。
Change。
2008-2009

「王様、裸だよ」と子供が言えば、「そうだよ」と笑顔で言おう。

ここをご覧になる方は、私にとって大切な人ばかり。
来年もどうぞ、幸せで健康で。
忙しくても、525600分のうち100分くらい、どうか私と分かち合ってください。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/43593058

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年とは何だったのだろう?: