« September 2008 | トップページ | November 2008 »

リンクシェアサミット 11月14日(金)に出ます

アフィリエイトもすっかりご無沙汰。以前は月額で結構いっていたのに、最近はかなり悲惨。そういう悲しみを日経ネットマーケティングでも書かせていただいた。「泡沫アフィリエイターの大きな憂鬱」

反響も大きく、いろんな人から「わたしもですよ」とか、「ブログ更新してないのにアフィリエイトで稼ごうなんて、無理だよ」とか、いろいろ言われました。

だけど、個人のアフィリエイトが大きな曲がり角にきているのも確か。このへんの鬱屈を、リンクシェアの花崎社長にぶつけようと思っている。個人アフィリエイターをどうするんだ!泡沫だからこそ言える心の叫びを聞いてくれ!

リンクシェア アフィリエイトサミット2008

ほかにも、ネタフルのコグレさんとみたいもんのいしたにさんの対談とか、Wadablogの和田亜希子さんの動画講座とか、抽選会やカクテルパーティーなど楽しいイベントが満載です。31日までに申し込めば、3000円のところ、1500円です。

ぜひぜひ!

先週、打ち合わせを兼ねた飲み会もしてきました。去年出演された佐々木さんにも久々にお会いできて、インフォコモンズ討論会。

| | トラックバック (1)

「MIRAI :ネットとガジェットの融合」

20081020221316_2昨日参加してきました。 「MIRAI :ネットとガジェットの融合」

左側にパネラーの顔写真や話題になっているトピックを徳力さんが的確に検索して表示し、右側にはセミッターというTwitterのつぶやきを時系列にその場にいる人が共有できるしくみをみせて、参加するセミナーとなっていた。

セミナーは3つに分かれていて、

「新しいサービス、新しいガジェット」
「PCの可能性と未来」
「ネット時代のデジカメ、デジビデ」

モデレータは「小鳥ピヨピヨ」のいちるさんと、徳力さん。いちるさんの自ら存分に楽しみながら、つっこみ入れながらの仕切りが、お見事だった。ああいう完全なフリートークってほんと司会は難しいんですよね。いちるさん、すごいです。

またこのセミッターにはたいへん感動しました。

テレビでも2ちゃんねるの実況みたいなのと、スタジオの討論を組み合わせたものがたまに深夜にあったりするけど、同じ空間にいて、ゲストIDの人がほとんどではあったけど、TwitterのIDを使っている人もいて、「あの人来てるんだ」「あのひと、あんなこと言ってる」みたいな、なんともいえない共有感覚。

実際にセミッターからの意見を拾ってくれることはあまりなかったけど、参加者が多すぎてすぐに発言が流れてしまうのでしかたなかったし、交わらないキャッチボールが、逆に不思議な臨場感と快感を見ている側に与えてくれた。

ああやって、参加すると絶対に居眠りしないし、学校教育に生かせるんじゃないかと激しく思った。

本論のネットとガジェットの融合という点では、プライベートでガジェットを楽しむ人と、プライベートにガジェットを楽しむ過程でネットも利用する人で、大きく意見が分かれたような気がする。

動画にしろ、写真にしろ、撮って作品を眺めるまでを楽しむ人と、それを公開してなんぼの人と。
公開はしたくないけど、作品整理とストレージという面だけでネットにお世話になりたい人というのもいるけど。

ちなみに私はもう全部携帯になってほしい。サイバーショット携帯が、思った以上にデジカメとして馬鹿なので、びっくりしているが、携帯にデジカメとムービーのいいのをつけてほしい。バッグの中でガジェットがしっちゃかめっちゃかになるのは、もうそろそろ腰にくるので、いやだ。

ムービーがネットにつながるというのではなく、携帯のムービーをもっと高機能にしてほしい。あと、携帯は機能を自分でカフェテリア方式でつけられるようなガジェットになってほしいです。lovely

| | トラックバック (1)

悲しみ3連発

株は下がるし、阪神は優勝を逃すし、とどめは宝塚の星組主演男役安蘭けいさんの退団

とほほ。先週末から風邪はひくし。ふんだりけったり。一番悲しいのは3番目なんだけど、でも、彼女はミュージカルスターとしてきっと輝かしい未来があるので、ある意味ほっとしているし、喜んでもいる。いろいろ見たい作品があるけど、彼女の当たり役アイーダを、ディズニー版で見たいなぁ。

| | トラックバック (0)

消費者を守るということは、蒟蒻畑を製造中止に追い込むことなのか?高齢化社会における消費者保護の憂鬱

蒟蒻畑が製造中止だそうです。

祖母が蒟蒻畑を1歳の孫に与え死亡したということが直接の引き金。それまでも死亡事件があり、マンナンライフも事故報告を怠っていたなど、完全にマンナンライフの肩を持つ気はない。

しかし、今後、このようなことがさまざまな局面で起こるだろう。

リテラシーの維持が難しい高齢者が、通常の消費者では起し得ないトラブルにはまり、その結果、消費者を保護するために、製造中止やサービス停止や、規制などの、流通障害を起こす。

おじいちゃん、おばあちゃんにも、安全な商取引、商品、サービスだけになっていく恐怖。高齢者人口は増え続けている。70歳以上がすでに2000万人を超えている。

幼稚園の運動会のように、日本はなっていくのか。

早く走る能力や鍛錬する機会を与えられないという暴力。消費者保護は、それを過保護だと感じる消費者にとっては暴力以外のなにものでもない。過保護は虐待の一種である。子育てのそれが、そうであるように。

しかし、過剰に保護しなければいけない人たちが日本人の大多数を占めてしまうのだ。消費者保護行政における世代格差。わたしはそろそろ真剣に考えなければいけないのではないかと思っているのだが。

| | トラックバック (2)

日経NETMarketing Forumの見どころ、聴きどころ



11月5日の日経ネットマーケティングフォーラムの見どころ、聴きどころという記事が掲載されています。

わたしもモデレーターとして参加。

EC分野の成功企業の話を聴くなら、もちろん「EC×モバイル」のトラックです。カカクコム、アマゾンジャパンというEC分野の2大企業による講演に注目でしょう。最後のパネルディスカッションでは、「有力ECサイトトップが明かす 景気低迷を乗り越えるEコマース戦略」と題して、EC・モバイルに特化したインターネット広告代理店のビックタウン、楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーのインテリア部門で8年連続1位の「アンジェ」のセレクチュアー、ベストECショップ大賞2008でグランプリを受賞した「ハカマレンタルドットコム」のキクヅルの3社の経営陣の方々が討論します。モデレーターは本誌連載でもおなじみ、キレのよい司会で定評がある村山らむね氏です。

ということで、ぜひぜひ!

ネットショップにおけるブランディングの成功者である、「アンジェ」
携帯コマースの成功者、ビックタウン(社長は楽天出身者)
そして、袴のレンタルという新しい分野に挑んでグランプリを受賞したキクヅル

かなりダイナミックなおもしろい方々かと思います。
もちろんEコマース分野以外のトラックもおもしろそうです。隣でやっている神原さんモデレートのトラックもおもしろそう。

| | トラックバック (0)