« June 2008 | トップページ | August 2008 »

対決巨匠たちの日本美術と親子で楽しむ歌舞伎教室

仕事と子供関連の行事に翻弄されながら、たまにはお子ちゃまサービスと言うことで娘と一緒に和モノデート。

対決
対決 巨匠たちの日本美術は超おすすめ。
12組、24人の芸術家の作品が一挙に見られる。宗達VS光琳の、風神雷神がまだ出品されていなかったのが残念。(8月11日から8月17日です)

歌舞伎

それから以前から気になっていた親子で楽しむ歌舞伎教室。
初めての歌舞伎ナマ体験。解説がおもしろかったが、歌舞伎そのものは義経千本桜で、長いし本格的。かなり寝た。うちの娘だけは音声ガイドのおかげで一睡もせず。

こんなふうに年をとっても、一緒に自分の趣味を共有できたら幸せだなとつくづく思うのだった。しかし、蕭白の絵は後をひく。大嫌い、大嫌い、大嫌い、大好き♪というモー娘の唄は、きっと蕭白のことを歌ったに違いない。違うか。


| | トラックバック (0)

[恵比寿]軍鶏丸

軍鶏丸おいしかったです。

これは軍鶏のしゃぶしゃぶ。これに加え、つくねがかなり大量でした。ほか、焼き鳥などもたくさんついて一人4200円のコース。飲んだり追加を頼んだりで、一人7500円くらいでした。

毎年恒例の、友人のお墓参りを兼ねた食事会。彼女が逝って、すでに6年。7回忌が行われたようだ。早い。

軍鶏丸は、おいしさもさることながら、サービスがほんと行き届いていて、感動した。冷たいお絞りや、ちょっとした心遣いに感動。またぜひぜひ冬に行きたいものです。ぼんじりと、肝焼きは忘れられないかも。。。

軍鶏丸 (しゃもまる) (鳥料理 / 恵比寿)
★★★★★ 5.0

| | トラックバック (0)

仙台です

20080718211204仙台に行ってきました。JWDAの仙台支部のセミナーです。

なにせ驚いたのですが、会場がすごくきれい。せんだいメディアテーク シアターホールは設備の良さは今まで招かれていった中では随一かも。(公共施設なので使用料も安い!)

1階のカフェもおしゃれで、パウンドケーキは死ぬほどおいしかった!

仙台は街に活気が溢れていて、元気が出ましたね。大宮からたった1時間半というのも驚きです。

懇親会もとても楽しく、東北のみなさんの魅力にすっかりまいってしまいました。次回はゆっくり行きたいな。

当日紹介したサイト


■「らむね的通販生活」 

■ワーキングマザースタイル

■お取り寄せスイーツえんふぁん

■ランキングチェッカー

■グーグルキーワードツール

■Search&RSS

■テクノラティジャパン

■Kizasi

■松坂牛.COM

■Amazon.com

| | トラックバック (2)

山本モナを見習え

いったい全体、この国はどうなっているんだ?二岡選手との不倫疑惑が発覚した山本モナさんが、非難されて仕事を一時見合わせるという。はあ?

どこが悪いのか全然わからない。巨人の選手との夜遊びのどこが悪いのか?まあ、私が阪神ファンだからというのもあるかも。これが阪神の久保田とかだったら、めちゃくちゃ怒るだろう。藤川なら怒らない。このあたり微妙。

彼女のことはわたしは尊敬している。クイズ番組での彼女は女神である。勘よく、知識豊富で、性格もおもしろい。タレントとして抜群のセンス。

大人の女性でしょ?誰と遊んだっていいじゃん。彼女に対して怒り攻撃できるのは、二岡の奥さんだけ。あとは、黙って見守ればいいと思う。なんで、みんなでよってたかって、自覚がないとかいうんだろう。

恋愛する女性をもっと褒め称えよ。メスであることを激賞せよ。

仕事も恋も、止まらない。そんな山本モナに万歳である。10年後にはこの事件も伝説になるだろう。そうなってほしいものである。iPhoneなんかに並ぶよりもずっと素敵な夜の使い道を、少なくとも彼女は知っているのだから。

| | トラックバック (2)

四家さんの日経産業連載

四家さんの日経産業連載はてさて、いきなりの本命登場。さすがの四家さんです!

我が家のそばは日経産業をおいているところが少なく、自分自身の連載中も結構買いそびれていたのですが、昨日夜遅くにようやく入手できました。

セカンドライフなど、ネット上の箱物についての示唆。ほんと「おっしゃるとおり」の気持ちよさ。

生活者の視点や、ネット利用者としての視点をいつも大切にしている四家さんならではのコラム、今後も楽しみにしています!

素人のあとに、超プロの登場で赤面ですが、開き直りが重要。今後は、あのコーナーのトップバッターは私だったのよと、自慢させていただきます。

| | トラックバック (1)

ブログパーツカンファレンスに参加しました

ブログパーツブログパーツカンファレンスに参加しました。

他の参加者の報告が続々と集まっていると思うので、わたしはどうしても印象に残ったことだけ。

カヤックという会社の方のプレゼンで、給与の一部をサイコロを振って決めるというのがあった。その根拠として「人が人の評価をするなんて無理だから」と。

思い切り仕事が出来る環境を作り、最低限の仕事をしていれば、あとの部分は偶然性にまかせる。ひとつの理想系のような気がするなと。楽しい会社というのが何なのか。ヒントをもらった気がする。



| | トラックバック (0)

日経産業連載最終回

日経産業連載最終回日経産業新聞の火曜日に連載してきた「ネット複眼」が終了。12回の連載だったが、途中ちょっと辛かったけれど、終わってみれば、あれも書きたかった、これも書きたかったと、後悔する事も。でも最後に、消費者力(しょうひしゃりょく)という最近自分の中で一番言いたいことが書けたのでほんと、すっきりしました。保護されるだけの消費者から、発信する消費者、想像する消費者へ。どこまでも行こうとする消費者を、複眼でウォッチしていきたいなと心を新たにもしています。

思った以上に読んでいる人が多く、最近、いろいろなところで、いろいろな人に、読んでるよと言われて少々面映い思いをしていました。今まで読んでくださったみなさま、ありがとうございます m(__)m

日経の名のつく新聞に書くというのは、実は2度目で、日経流通に連載をいただいていたこともある。でもやっぱり日経は独特ですよね。読んでいる人が、それなりなので、身が引き締まる思いでした。今は、ゆるんでいます。

反響も結構多くて、一番多かったのはネット業界のお見合い産業についての提言。「まじで実現してください」と、にじりよられましたっけ。

さて、来週からは1番バッターのあとにいきなり四番打者。真弓の次に、バースです。(謙遜してないし)

どなたかは、お楽しみに!私も、彼の連載、すごく楽しみにしています!

| | トラックバック (1)