« 薔薇のない花屋にはまる | トップページ | 社外取締役ネットワークの勉強会と、本日の日経の記事 »

壱岐の会

壱岐の会いやはや、とっても楽しい会でした。

EC協議会の初代理事長平山泰朗さんは長崎壱岐の平山旅館の御曹司。その奥様がデジタル女将をつとめて運営しているのが人気サイト 壱岐もの屋

サイトのファンや平山さんとおつきあいのある方や、mixiのコミュニティを通じての参加者や、マスコミの方、そして清水国明さんがスペシャルゲストとしていらっしゃった、壱岐の会。

壱岐の美味しいものを味わいつつすごす素敵な時間でした。

デジタルのショップが、アナログの出会いを演出する。そういう取り組みはワインショップなどをはじめ、あちらこちらで行われているし、私も参加するのは初めてではなかったけれど、とても素敵な会で、感動でした。

ちなみに、平山さん。民主党東京第13区(足立区)総支部長に最近なられました。それがどういう意味かを書くことは、公職選挙法違反にはならないのでしょうか?(暗喩)

教育に関して激しく議論。暫定税率問題とあわせ、国のインフラは道路か?教育か?。もちろん後者であるということで一致。

さて平山さんもとっても素敵だけど、なんといっても素敵なのは奥様。

神戸の震災の学生ボランティアで知り合ったという、二人。今は奥様が旦那様の実家で旅館とオンラインショップの女将と、3人のお子さんの子育てをしているのです。旦那さんは、現在足立区のゲストハウスで活動中。

ネットで知り合った素敵な夫婦の3本の指に入るでしょう。ほんと、素敵なご夫婦でした。

ちなみに、料理はすべて美味しかったけど、やっぱり刺身が絶品でした。だいだい(オレンジみたいなみかん)をポン酢に絞ったたれにつけて食す幸せ。

場をもつこと、顔をあわせることの重要性。オンラインショップのサロン化は継続することが重要。14回を重ねているというこの壱岐の会。ご興味があれば、ぜひ、こちらへ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/40387456

この記事へのトラックバック一覧です: 壱岐の会: