« February 2008 | トップページ | April 2008 »

源氏物語1000年に思う

源氏物語が完成していたとされる記録から1000年の今年、源氏物語イヤーである。

わたしの源氏物語との出会いは、「あさきゆめみし」。「はいからさんが通る」の熱狂的なファンだった私は、もうこの平安ロマンに完全にはまってしまった。それから中学3年で、与謝野晶子版の現代語訳を読み、感想文を書いた。人生でももっとも文才があったころで読書感想文はあまりに子供っぽくないということで、選ばれもしなかったという屈辱をもつ。(今でもたまに読み返すが、あのころの文章力はどこに行ってしまったのだろう?)

源氏物語関連のエッセイも大好きで、さまざまなものを読んだ。最近で面白かったのは「「ブス論」で読む源氏物語」大塚ひかり。源氏物語でも大きな役割を果たすブスたち(末摘花や花散里など)を、真面目にかつポジティブに解説。わたしはこの本を読んで、ブスであることに心から誇りを持てた。

あと、物語形式になっているのはどうも読みこなせないという人にお勧めなのが、瀬戸内寂聴の「女人源氏物語(集英社文庫)」。これは登場する女性たちが独白のオムニバス形式をとる。私は源氏物語の主人公である紫の上がどうしても好きになれなかったのだけど、これを読んで、まあまあ好きになった。

そして、ある程度源氏物語が頭に入っている人にお勧めなのが最近読んだ「源氏物語の時代―一条天皇と后たちのものがたり (朝日選書 820) (朝日選書 820)

天皇というどの時代にも自分の愛よりも優先すべき義務のある立場にいながら、職務を全うし、かつ定子という一人の女性との純愛に生きた稀有なる天皇である、一条天皇。そして、父親である藤原道隆の庇護の元、絶頂の待遇から父の死による没落により、文字通り天国と地獄を見ながらも、いつもユーモアを忘れなかった、運命の女性定子。藤原道長の出世の切り札として大切に育てられ、定子の出産と同時期に最年少に輿入れした深窓の姫君彰子。この3人と、定子づき女房の清少納言、彰子づきの女房の紫式部、おもに5人の人生が語られる。

一条天皇と定子の結びつきの強さはよく語られているので、なんとなく知ってはいたが、何より今回衝撃的だったのは、彰子の人生。この本、一条天皇と定子の純愛物語に加えて、彰子という姫君の成長物語でもあるのだ。

たいへん筆致を抑えた消極的な書き方をしている。事実だけを列挙している。しかし抑えれば抑えるほど、彰子がどれほど一条を敬愛し、一条が心から愛した定子をも素直に敬愛したかが、うかがい知れるのだ。定子の遺児への配慮。世継ぎ問題についての栄花物語の記述は筆者も言うとおり、誇張があったかもしれない。しかし、彰子の次男の結婚については事実としてのこるだけに、雄弁だ。

男性一人をめぐって対立しあう二人の女性という構図は歴史上よく見られる。そして、二人の女性に成り立つ不思議な友情も、稀ながら存在するのだろう。その奇跡がここにある。

天皇家というものが今日までつながってきた過程で、彰子の一条へのゆるぎない敬愛が果たした役割を忘れないでほしいという祈りのような作者の気持ちが、最後の一節に表れているようで、なんともいえない切ない気持ちになったのだった。

ちなみに、源氏物語に出てくる女性の仲でもっとも好きなのは明石の上。娘、妻、母、と女性の役割をすべて全うし、親を、娘を、幸せにしていく、凛とした女性。映画化するなら在りし日の夏目雅子、最近なら柴咲コウにお願いしたい。

| | トラックバック (0)

勝間和代さんの100万部達成パーティー

勝間和代さん勝間和代さん。ものすごい勢いで大ベストセラー作家になってしまった。去年の4月22日に「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」の目指せ10万部パーティーがうちうちで開催されて、みなで10万部達成を祈った。それが、一年たってどうだ?なんと100万部達成パーティーですよ!!!発起人のひとりとして名前を連ねさせていただける幸せ。

前々からすごい女性だと思ってはいたが、この1年のブレイク。すごすぎる。でも、たぶんこれも勝間さんの単なる一過程にすぎないと思います。

パーティーで発起人たちが事前に彼女へのメッセージを準備し、プレゼンテーション形式で発表したのだが、わたしからのメッセージは

「勝間和代」が理の人であるというのは間違いだ

あくまでも溢れるような情があっての理なのだ

だからこれほどまでに愛されているのだ


と、常々思っています。

ワーキングマザースタイルにたびたび登場いただき
登場いただくたびに、活躍の桁を一桁ずつあげていく
そんな勝間さん。

ぜひ、今後は、10倍、20倍といわず、100倍、1000倍と、
桁を増やしていってください。

それとともに、

この一年は勝間さんの理の部分がクローズアップされましたが
今後は、勝間さんの土台にあるとてつもない優しさも
もっと世の人に認知してもらいたいです。ぜひとも。

ワーキングマザースタイル 青山直美

それが勝間さんの今後のプロジェクトと一致したのでおどろいた。

彼女はこの春、本の著者印税の2%20%(すみません m(__)m 訂正します)を難民・災害地域の教育・自立支援を行うNGO法人JENに寄付するというプロジェクト Chabo!(Charity Book Program)を立ち上げる。

これは本当にすごいことだ。

彼女は本当の意味でのエリートだと思う。自分の能力を最大限に伸ばし、活用し、マネタイズし、そしてそれを他者に還元することを厭わない。彼女はどこまで行くのだろう。そして彼女に会うといつも「自分に何ができるか」と思う。ものすごく能力があるのに、何かしてあげたくなる魅力。とても素敵なパーティーだったし、いい夜だった。

ところで、書評系アルファブロガーも何人か来ていて、小飼弾さんに初めてお会いした。すごく魅力的な方だった。毎日20冊くらい本を読むそうだ。いい本は、もっとも重要な場所が光って見えるとのこと。ちなみに、パーティーでは小飼さん自体が、光っていた。

| | トラックバック (0)

娘の10才の誕生日

娘の10才の誕生日娘が10歳になりました。ささやかに旦那とわたしの両親を呼んで7人で丸ビルの中華でお食事会。

思えば、この10年、あらゆる幸せは彼女に紐付けられる。自分よりも大切な存在ができる幸せ。

本当に生まれてきてくれてありがとう。これから10年、わたしも少しずつ子離れをしないといけませんね。辛いなぁ。

| | トラックバック (0)

アジャイルメディア・ネットワークのブログ勉強会

ブログ勉強会アジャイルメディア・ネットワークのブログ勉強会に行ってきました。

プレゼンターは

・美谷さん
http://blog.pasonatech.co.jp/mitani/
http://japan.cnet.com/blog/hiroumi/

・湯川さん
http://it.blog-jiji.com/

・小野さん
http://blog.livedoor.jp/lalha/

・秋元さん
http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/

ブログ作成のTIPSも興味深かったけれど、特に、それぞれのブログとパブリック・プライベートの切り分けの術がたいへん興味深かった。

会社公認のブロガーである秋元さん。
会社に公認させるプロセスそのものがドラマティックな湯川さん。
経営者であるのでその辺は融通が利く小野さん。
転職という過程で、現時点では特にアピールはしていないという美谷さん。

所属する会社のサーバーに情報が蓄積される場合は、会社のコスト(人件費・機材・時間)を使うことも公認される。ただ、そうでない場合は多少グレーになるケースがあるのだろう。

意見が自分を構成するどの層から発せられるものなのか。
その切り分けが、日本の場合、個人としての自分・会社員としての自分とおおまかにいって二分されている。アメリカなんかは、あくまでも個人としての自分の中に、他の部分が内包されている?そうでもないのかな?就職の契約のときにブログを書かないなどという条項が入る場合があるなどと聞くと、より個人と企業人としての切り分けは厳しいのだろうか?

属する企業と、個人の意見。その関係がとても興味深かった。
というのも、13年前、ホームページ開設当時を思い出したのだ。

某T芝につとめていた私は、青山直美でホームページを開設することがはばかられ、「村山らむね」という当時の首相から苗字を拝借。しかし、最初のFTPは先輩に教えてもらって会社のモデムからやった気がする。

そしてしばらくはこそこそホームページを運営していたが、だんだん上司や同僚に口コミでばれていき、湯川さんいうところの「同僚の半分からは軽蔑され、同僚の半分からは一目置かれる」という存在になり、結局、まあいろいろあって転職した。

個人の意見を発表することと、企業に属していること。

この折り合いのつけ方のバリエーション。いろんなかたちがあっていい、と思う。

さて、このアジャイルメディア・ネットワーク主催のイベント。徳力さんのあいかわらずのきめ細やかな配慮で、勉強になった。

| | トラックバック (0)

不倫と買春と、どちらが悪いのか

水曜日だったかな、CNNを見ていたら、ちょっとした論争があって面白かった。

ニューヨーク州知事の事件に絡めての議論。彼が売春を摘発していた張本人だった、また州の法務長官として自分が摘発してきたやり方で自分の恥部を露呈された、などそのあたりの論点は排除して。

クリントンのような不倫とは違う、買春は犯罪だ(女性コメンテーター)
不倫は家族への裏切りだが、買春は50ドルの罰金の軽犯罪だ。どちらが大きな裏切りかは家族が決めること。(男性コメンテーター)

私も、後者の意見にちょっと賛成。どちらが悪いのかを決めるのは、妻だったり家族だったりであって、あとの人はそんなに関係ないと思う。さて、不倫と買春なら、妻としてどちらが傷つくか。ものすごく難しいけど、私は・・・。うーん、やっぱりどちらも嫌ですね。でもどうしても選べといわれるなら、不倫のほうがいやかなぁ?

ただ、こうした問題を政治的な失脚ととらえるのは、どうかと思う。政治的なエネルギーと性的なリビドーは、正比例する場合が多いことはたぶん歴史が実証しているはず。優秀な政治家を排除して結局は国民自身が損をすることに、そろそろアメリカも日本も飽きたほうがいい。

女性としての不愉快感と、有権者としての意識を、きちんと切り分けることも女性には求められるだろう。有能なエロおやじを許す土壌。政治だけではない。あらゆる場面で、ちょっと最近「行き過ぎ?」と思われることが少なくないもので。美人市議を美人だからというだけで有能でないと決め付けるような風潮も、これまたどうかと思います。

| | トラックバック (0)

橘川さんパーティー「ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。」

橘川さんパーティーなんだかパーティーの記事が続いて、「仕事しているの?」と思われるかもしれない。「さあ?」としか言えない。

さて、橘川さんの新刊「ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。」の発売を記念したパーティー。いつもながら、大盛況。懐かしい顔にもたくさん会えた。奥様の着物姿も素敵でした。

この本。

あなたの人生を変えるメッセージ108篇

さっそく帰りの電車で読んでみる。
折り目をつけたのが24篇。ずどんと来る。
まったくピンとこないのもある。

私が一番好きなのは

元気であること、それが人間の最大の仕事だ。

もうひとつ

人を好きになることが最強のエンターティンメントだ

そうだそうだ!

一番ドキッとしたのが

エコビジネスには死の商人の匂いがする。

あとは、ぜひ手に取ってください。若い人に読ませたいものもたくさんある。娘が中学に入ったら読ませたい。

パーティーで田口ランディさんのお嬢さん(小学5年生)にタロット占いをしてもらった。占ってもらったみんな口々に「怖いくらい当たるよ」というので。

出たカードは「LOVERS」の正位置。恋愛だけでなく、人、こと、趣味、とわくわくするような出会いがあるそうです。なんて、うれしい未来でしょうshine

| | トラックバック (0)

ロフトワークの8周年パーティーに行ってきました

ロフトワークロフトワークはデザイナーのネットワークとしての草分け的存在。

私もSOHOワーカーを200人くらいまとめた経験があるが、どれだけ優秀な人たちをネットワークしても、仕事とのマッチング、一緒に仕事をする人とのマッチング、そしてクライアントとのマッチング。その多層なマッチングが可能なオーガナイザーがなければ、単なるネットワークで終わってしまう。仕事にならない。

ロフトワークが成功しているのは、そのオーガナイザーの部分が優秀であることと、クリエイティブな能力を持つデザイナーたちと感性の部分で共感できる取締役の林さん(もちろん代表取締役の諏訪さんもすごいと思うけど、圧倒的に林さんと過ごしている時間のほうが多いので、お許しあれ)の魅力の功績が大きいだろう。ほんと、可愛くて魅力的なワーキングマザー。

デジガレ関連の顔見知りがたくさん来ていました。あとは、久しぶりにシックスアパートの関社長にあったら、現在WiiFitを毎日やっているらしく、ああ、やっぱりちゃんとやる人はやるんだなと、劣等感。週末は久々にやるぞと、誓うのだった。

| | トラックバック (0)

社外取締役ネットワークの勉強会と、本日の日経の記事

社外取締役ネットワーク3月6日付け日経朝刊31面の経済教室は社外取締役ネットワークの田村代表理事の寄稿。

社外取締役ネットワークに参加して1年になる。社外取締役ネットワークは現在400人弱。さまざまな単発、通年の勉強会が開催されていて、本日は、去年の4月から参加していた通年勉強会の最終日。上記の田村氏もご出席で、ちょうどいいタイミングで掲載された上記の記事や1年間の討議をサカナに、盛り上がった。座長は、奥村有敬氏

10人前後のアットホームな勉強会とはいえ、周囲はとんでもない大物の方ばかり。最初の頃は、まるで恥をかきに行くようで気が重かった。しかし、だんだん恥をかくのも快感になり、トンデモ質問をどこまで許してもらえるのか、最近では楽しみでさえあった。

買収防衛指針があまりに経営者寄りではないかという田村代表理事の意見に社外取締役ネットワークの意見が集約されているというわけではないだろうが、あまりに経営者よりの指針は、結果的に日本の資本市場を弱体化させるだけではないかという指摘に、個人的には全面的に賛同する。

リヒテンシュタインが悪役で、ブルドッグソースの女性社長がまるでジャンヌダルクでもあるかのようなマスコミの演出は、なんとも居心地が悪く感じられた。多層的な甘えの構造の露見以外のなにものでもないような気もした。(日本の海外に対する甘え、官僚と企業の相互依存、経営者の市場に対する甘え、マスコミの大衆への阿りなどなど)

それはともかく、本当にすばらしい方々との出会いでした。結果的に紅一点、最年少(4月時点。追加メンバーにより記録破られる)であったことで、かなり多目に見ていただけた部分もあっただろう。来期は「素朴な疑問」から、「的を得た質問」へと緩やかに脱皮していきたい。

| | トラックバック (3)

壱岐の会

壱岐の会いやはや、とっても楽しい会でした。

EC協議会の初代理事長平山泰朗さんは長崎壱岐の平山旅館の御曹司。その奥様がデジタル女将をつとめて運営しているのが人気サイト 壱岐もの屋

サイトのファンや平山さんとおつきあいのある方や、mixiのコミュニティを通じての参加者や、マスコミの方、そして清水国明さんがスペシャルゲストとしていらっしゃった、壱岐の会。

壱岐の美味しいものを味わいつつすごす素敵な時間でした。

デジタルのショップが、アナログの出会いを演出する。そういう取り組みはワインショップなどをはじめ、あちらこちらで行われているし、私も参加するのは初めてではなかったけれど、とても素敵な会で、感動でした。

ちなみに、平山さん。民主党東京第13区(足立区)総支部長に最近なられました。それがどういう意味かを書くことは、公職選挙法違反にはならないのでしょうか?(暗喩)

教育に関して激しく議論。暫定税率問題とあわせ、国のインフラは道路か?教育か?。もちろん後者であるということで一致。

さて平山さんもとっても素敵だけど、なんといっても素敵なのは奥様。

神戸の震災の学生ボランティアで知り合ったという、二人。今は奥様が旦那様の実家で旅館とオンラインショップの女将と、3人のお子さんの子育てをしているのです。旦那さんは、現在足立区のゲストハウスで活動中。

ネットで知り合った素敵な夫婦の3本の指に入るでしょう。ほんと、素敵なご夫婦でした。

ちなみに、料理はすべて美味しかったけど、やっぱり刺身が絶品でした。だいだい(オレンジみたいなみかん)をポン酢に絞ったたれにつけて食す幸せ。

場をもつこと、顔をあわせることの重要性。オンラインショップのサロン化は継続することが重要。14回を重ねているというこの壱岐の会。ご興味があれば、ぜひ、こちらへ。

| | トラックバック (0)

薔薇のない花屋にはまる

今期のドラマは、薔薇のない花屋に、かなりはまっている。慎吾ちゃんがものすごくいいのと、ストーリーが「眠れる森」を彷彿とさせるようなミステリアスな進展で、どきどきしまくっている。

最近9時台のドラマは、HDDに録画して娘が寝てからゆっくりみているのだけど、基本、見てからすぐ消してしまっていた。でも「薔薇のない花屋」、6話がすばらしくて、また1話からじっくり見たいと消してしまったことを大後悔。

YouTubeにはもちろんないんだけど、いろいろ探すと、あるんですね。世の中には。いやはや。

わたしも著作権関連のお仕事に携わっている身。ちょっとそのサイトをここに書くのははばかられるが、すごい。私が発見したサイトは、すでに日本語でのまとめサイトも数種あるくらいで、たぶんもう常識になっているのだろう。知らなかった。

何より、そのサイト、“仕事”が速い。放送ではつかない山下達郎の主題歌の日本語字幕までついている。

仕事の現場を見てみたいものだ。P2Pサイトの底力をひさびさに見た。

ちなみに、「薔薇のない花屋」第6話は、私の長いドラマ視聴歴のなかでも、歴史的な一話でした。どうぞ、DVDが出たらご覧ください。今度の月曜日は第8話です。

| | トラックバック (0)