« 新幹線試乗顛末記 | トップページ | 元東芝会飲み会 »

誕生日と決算とレイチェルカーソンと若冲

おとといになってしまいましたが、誕生日でした。もう、すでに祝う年でもないのですが、家族がささやかに祝ってくれて、中華を食べに。ひさびさの固形物。それまでアクエリアスと豆腐しか入らなかったのに、なぜか入る、ふかひれスープ。私の胃って、何もの?NBA姚明選手選手が食べないと宣言したフカヒレ。わたしも、めったなことでは食べないようにしているが、誕生日だけは許してください。大好物なんだもーん。

でも、会社を作ってから、妙にこの誕生日前後、イライラすることが多い。なぜなら、うちの会社、3月末決算で、5月末までに資料提出ということにしたために、慣れない経理資料作りで、へろへろなのだ。頭も心も、この時期、臨界点に達している。本当に日本全国の経理・税務・会計関係者の皆さん、ご苦労様。あなた方は素晴らしい。

28日の月曜日に、ようやく税務署、県事務所、市役所と、資料提出&税金支払いママチャリの旅が終わり、ほっとしているところです。

お誕生日メッセージや電話など、たくさんいただいて感謝しています。これから、お返事ゆっくり書かせていただきますので、もう少々お待ちくださいませ。まあ、照れますけど、うれしいですね。ありがとうございます。

というわけで、5月27日は中曽根元首相の誕生日でもあり、まゆげの濃さが共通点。それと、なんと今年はレイチェル・カーソン生誕100周年。同じ誕生日なんです。私にとって、この方と同じ誕生日ということはすごく大切にしたいな、と。

そして、先週見た若冲。

関西に住む方々へ、告ぐ。這ってでも相国寺へ。生命の喜びと、生物の奇しさ。喜と奇に溢れた空間を去る前に、もう一度出口で振り向いてください。生きていることの不思議さと突き動かされるような感謝で嗚咽にも似たものが湧き上がってくるでしょう。きっと。そして何よりも、絵の前で押し合いへし合いする、埋もれていた画家に美を見出す21世紀の人々を心から愛しく思えることでしょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/15239662

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日と決算とレイチェルカーソンと若冲: