« March 2007 | トップページ | May 2007 »

WOM勉強会に行ってきました。

第6回目を数えるWOM勉強会。なかなか刺激的なディスカッションが行われました。プレゼンテーターが6人と多かったのですが、まるで魔法をかけたかのように、流れがあって、それが面白かったですね。

事例紹介が2件、全体的な分析、ブロガーからの提言、企業からの提言、WOMの行動促進が機能しているか?

プレゼン後のディスカッション。

リアルのクチコミはOKなのに、どうしてネットのクチコミの仕掛けに懐疑的なのかという質問をいただき、とっさに関係性という言葉が口から出てきた。

そうなんだよなぁ。クチコミ-関係性=なんかうそ臭い

という公式が成り立つんだ。自分の中で。

WOM研究会は、プレゼンも面白いが、金曜日の夜の11時までネットについて語り合っているまじめさがなんとも言えず、いとおしい。いつも鵜川さんが用意してくださる、スナック菓子が結構好き。今回も自分の目の前にあったマヨネーズなんとかに、はまってしまった。マヨネーズ自体は好きではないのに、なぜか、マヨネーズ味のスナックは好きだったりする。

| | トラックバック (1)

新丸ビルオープン

新丸ビルオープン時間がちょっとあいたので、オープン時にどこかに行くとは珍しいのですが、行ってみました。新丸ビル

結論。なかなか素敵な空間。少なくとも先日行ったミッドタウンよりは、こっちのほうが好みです。

丸ビルのショッピングフロアには、少々がっかりした人も、この新丸ビルのショッピングフロアにはかなり満足するのでは?セオリーや、バナリパのようなポピュラーなショップと、とんがったショップのバランスがいい。私の大好きなコレットのショップがあるのもうれしい。

早速、パレ ド オールのチョコレートショップでお茶。ホットチョコレートと、ショコラ3つで1890円。普段のランチの三倍の値段。もう、いいの。今週はわたし、本当にがんばったの。(詳細は後日(;_;))

レストラン街にも、めちゃくちゃお洒落なレストランと、立ち飲みのお店なんかもあり、結構バラエティーに富んでいて、丸の内という街を変えていこうという意識が感じられた。おすすめは7階。東京って素敵だなって思える空間です。

オープン初日なのに、自分の居場所を見つけた感じで和んでいる人が多かったのが、印象的でした。

| | トラックバック (1)

リンクシェア見本市

リンクシェア見本市お台場で開催された、リンクシェア見本市。場所はかなり行きづらいところだったにもかかわらず、大変な盛況。

なかでも千趣会の中山さんのプレゼンは、企業にとってのアフィリエイトの本質をつくもので、たいへんためになった。

たとえば下着をベルメゾンの企業サイトでは、インナーウェアと呼んでいる。
装飾表現(この場合インナーウェア)に対して、欲求表現(この場合下着)のほうが、一般的にキーワードとしての効力は強い。

企業ができない表現や、使えない言葉を使って、アフィリエイターが商品を紹介する。

そのために、アフィリエイターに対して、常に魅力的な情報を提供し続ける。

実は中山さんとは、前職いらいのおつきあいだが、一貫してぶれがない。そして何より、千趣会の商品や社風を愛していらっしゃる。私も、こういった見本市では全身ベルメゾンで固めるほど、ベルメゾン好きなので、ベルメゾンの方々に対して、他人のような気がしない。

さて、この週は、まあ改めて書こうと思うが、たいへんな精神的ストレスを受けていたので、家族と大江戸温泉に行き、ドクターフィッシュに、デトックスと、癒しの限りを尽くしたのでした。

おかげで、ちょっとすっきり。

| | トラックバック (0)

打ちのめされるようなすごい本

打ちのめされるようなすごい本打ちのめされるようなすごい本

米原万里氏の書評集であるのだが、この本そのものが、「打ちのめされるほどすごい本」である。

毎日、その内容の濃さに吐き気さえ覚えながらもう1ヶ月この本を読んでいる。ちなみに未だに4割程度しか読めていない。

痛快、洒脱、そして本質を突く言葉の洪水。知の濁流。

そもそも、書店でぱらりとめくったときに「大塚ひかり」について書いた文章を見つけて、大いに意気投合し買うに至ったのだ。彼女の「ブス論で読む源氏物語」は数ある源氏本の中でも大好きで、わたしはこの本で、自分がブスであることを初めて誇った。日本中のブスと、日本中の男性にぜひ読んでほしい。美人のみなさま、ざまあみろ。(というような本では決してないのですが)

とにかく大塚ひかりのことをたいへん高く評価していて、それがうれしくて買ってしまったにしては、あまりに重すぎる、この充実。

教養の深さと、思考の透徹さ。女性はとかく女性に厳しくなりがちだが、齋藤美奈子氏へのエールなどは本人が読んだら、涙ぐむのではないだろうか?

途中のガン関連の情報がまたすごい。最後の日付に涙する。最後の最後まで冷徹に自分の病状を見ていた。

ブックガイドとしては残酷な本。だって、普通ならたぶん一生出会わないだろうソ連関連の著作などを無性に読みたくなってしまう。何しろ、気持ち悪いくらいに、取り上げられている本ほとんど、読みたくなる。

要約・引用の術のすごさは、彼女が同時通訳であったこととも起因するのだろう。

ああ。とにかく、打ちのめされる。でも、その爽快なことよ。偉大なる知。ただひたすらに、逝去を悼む。

| | トラックバック (0)

ブログのクチコミを考える

木曜日、クローズの勉強会で、ブログのクチコミについてプレゼンした。何せ、今週は火曜・水曜と完全に寝込んでしまったので、徹夜での資料作りで、かなりハイ。

自分では、最近感じていたもやもやを整理した内容となり、割と満足度が高かったが、聞いてくださった方はどうだったろうか?

クチコミ、バズ、そしてブログ。今、自分がブログを使ったバズマーケティングの何に気持ち悪いと思っているのか。そのもやもやを、完全ブロガー視点でまとめてみた。

今回作った資料は、ぜひ、WOM研究会勉強会でもみなさんの議論のたたき台になればと思ったりして。

| | トラックバック (4)

ショップチャンネル高松さんおめでとう!

ショップチャンネル高松さんリンクシェアアワード2006に行ってきました。今年は帝国ホテルにて。

高松さん、髪がさらさらしていて、「あれ、高松さん(♂)じゃないのかな?部下も高松さん(♀)なのかな?」とおもうほど、遠目から見てお綺麗でした。おめでとうございます。

本当に、マメで、かつ広告代理店出身らしいクレバーなマーケティングセンス。ほんとにあっという間に、大賞をとったという気がする。でも納得の受賞。

さっそくおめでとうと祝福に言った時に、意外なひとこと。うーん。このあたり、リンクシェア花崎社長。今度、わたしに5分ください。

帰宅してから、ちらりと松田聖子の番組を見る。ボーカリストとして大好きで、ダウンロードしている曲数もだんとつで多い。けど、番組で取り上げられていた、彼女を支持するファンの女性たちがあまりに自分に近すぎて、だからこそ痛すぎて、ちょっと途中で逃げるようにテレビを消してしまった。わたしも、ああなんだと思うと、正直、何がざらつくのかわからないけど、妙にざらついた。

| | トラックバック (0)

クチコミの技術

クチコミの技術ブロガーとして多大なる影響をもつお二人。満を持しての共著「クチコミの技術

“だよねだよねそうだよね”と、懐かしいラップを歌ってしまうくらい、全編、これ腑に落ちてばかり。

ああ、これアホなクチコミマーケティング会社の人を素通りして、企業のマーケティング担当者に直にわたってほしい。そうしたらアホな会社にだまされる悲劇も、うさんくさいクチコミマーケティングによって不当にブログが穢されることもないだろう。日本公共ブログ機構なんて言う組織があればそこの予算で企業に配るべきだ。

クチコミの本質が書かれている。言わずにはいられない、書かずにはいられない。

目先の損得抜きで、思った通りのことをつい書いてしまうエネルギー。そのマッドネス(狂気)こそが、他人を説得するのだ。この魅力ある狂気と伝える冷静さ、をふんだんにあわせもつ希有な、おふたりだからこそ、書けた本。本。ブロガーサイドからのマーケティングの本なので、まっとう。一人のブロガーとして読んでいてまっとうなのだ。

そして、おふたりがブロガーとして優秀なだけではなかったことに、感嘆。

133ページとかほんとこういうのがすごいと思うんですよね。愛と、数字。これが大事。

それと、いしたにさんのあとがきの222ページの「個人が・・・」から最後まで。胸が熱くなりました。ブロガーの本質を語るのに、この15行。世界中のブロガーに、(私が書いたわけではないけど、勝手に)捧げます。あえて引用しません。きちんと最初からお読みいただき、最後に出会ってじーんとしてください。

さすが、公式ブログも。

| | トラックバック (1)

おかえりなさい、よーこさん

われらが、坂之上洋子さんの帰国パーティーが六本木にて。お帰りなさい、よーこさん。とにかくハイテンションな彼女を中心に、ものすごくハイテンションなパーティー。普通は写真をとってモブログするところが写真を撮るのも忘れてしまうほど、すごいパーティーでした。集まっているメンバーもすごい人ばかりだし、「えーどうしてヨーコさん知ってるの?」と言う声があちこちで聞かれるくらい、思ってもみない人とヨーコさんでつながっていた。

彼女に出会ったのは1999年。雨の飯田橋。あのころからちっとも変わっていない。優しくて、クレバーで、情が厚く、人気者。

ああ、願わくばヨーコさんのようになりたい。優しくて、情があって、いつも笑顔で。本当におかえりなさい。よーこさん。

| | トラックバック (0)

あるある検証番組

1時間以上、CMもなく(当たり前か)、割と誠実なつくりだったとは思う。でも社員アンケートでも書かれていたが、あのような視聴率獲得や伝えてのエゴによる捏造は“氷山の一角”だろう。

その捏造がどれほど多くの人を深く傷つけるか、関西テレビだけでなくマスコミの人は今回の事件に当事者意識をもって猛省して欲しい。

そして、わたしもどんなに小さい声であっても発言をする身。上に同じ。

| | トラックバック (0)

ロフトワークセミナー

ロフトワークセミナーロフトワーク主催の「女性の多様なワーキングスタイル」というイベントに参加してきた。

当初予定されていた川口より子議員はインフルエンザのために欠席されて、音楽評論家の湯川れい子さんが基調講演された。

「男女に差はない。違いがあるだけ」というコメントには納得。

そしてパネルディスカッションは、ロフトワーク取締役林さんをモデレーターに、老舗和菓子「銀座あけぼの」代表取締役の細野佳代さんグロービス・マネージメント・バンク代表取締役 岡島悦子さん、そして私。

こういう錚々たる方といっしょにパネラーをやると、正直かなり凹む。男女に差はない、違いがあるだけ、なれど、女性の間には違いもあるが差はあることを実感してしまう。

勉強不足と、自分のキャリアを真剣に考えることへの怠惰。このままではいけないなぁと、会場のたぶん誰よりも自分を反省したのであった。

| | トラックバック (0)

花見満開

花見満開花見どころか、人見。すごい人でしたね。お花見。

桜も綺麗だけど、春を待ちかねて沸いて出てくるような人を見るのがとても好きです。

昨日でスタイルビズも3期が終わりました。今日から4期目!おかげさまで、3期はそこそこの売上げを上げることができました。みなさまのおかげです。

小学校で言えば4年生。方向性を見極める学年です。勢いだけで来た3年間でしたが、今年はペースをちょっと落として熟考の年となればと思います。

では、引き続きごひいきに♪

| | トラックバック (0)