« November 2006 | トップページ | January 2007 »

硫黄島からの手紙

旦那と「武士の一分」を見に行く予定が、急遽変更。

見たい映画から、見るべき映画への変更だった。映画鑑賞という域を出た、体験でした。

パンフレットの26ページの最終行。帰りに寄った居酒屋で、号泣した。日ごろ温厚な旦那が「周りが変な目で見るから、ちょっと」と、注意するくらいに。

つまり、あんな思いをして日本に帰った帰還兵にとって、まだ戦いは続いているのだ。文中にも直接的に語られてはいないが、あれから、これまでの、“平和”の中での帰還兵たちの戦いや葛藤に思いを馳せ、涙が止まらなかった。

戦後を新たな戦前にしないために、私たちが、いや、私ができることはなんだろう?

日本人がもつ圧倒的な賢さと、日本人がもつ圧倒的な愚かさ。映画の中では描き分けられていた2つのキャラクターは、たぶん誰にも共存している。

あのような異常な状態で、わたしは自分の中にある2つを抱えて、どう生きていけるのだろうか?

関連する本を片っ端から読んでみたくなった。日本人に作れない映画だったかはわからないが、よくぞ作ってくれたとクリント・イーストウッドには感謝したい。日本人から見て首をかしげる些細な点はありながらも、無駄に日本人を入れれば大切な部分が伝わらなった可能性もあり、結果的には正解だろう。

俳優もみな、すばらしかった。

渡辺謙は冒頭の歩き方、話し方から、栗林中尉の人となりを見る側に見事に伝える。この人は本当に日本が誇る俳優だなと感じ入った。ラストサムライから、格段に進化(というよりも深化かな)した、ケン・ワタナベだった。
獅童は、もう当たり役。こういう役をやらせたら、この人の右に出る人はいないのでは?
大森南朋もよかった。でもパンフレットに載っていなくて、寂しい。

二宮くんもグレート!まったく演技していないように自然にそこに存在していた。彼を見て感心するのは、いつもここしかないというタイミングで涙を流す。

ただ、一番わたしがいいと思ったのが、バロン西を演じた伊原剛志。実在の金メダリストだという西という人物自体の魅力もあるのだろう。とても心に残った。

今が戦後であるように。
今が未来から見た戦前にならないように。
今、戦中である地球の現実に目をそらさないように。

この映画が、たくさんの方に、一人でも多くの方に見ていただけますよう、心から祈ります。

蛇足ですが、二宮君はパン屋の役だったのですが、大宮でパン屋をしていたと、何度も大宮が出てきて、うれしかったです。(西郷という人物は映画上の人物なのでしょうが)

もうひとつ。

生き恥を晒す、という言葉が死語になればと切に願います。自分の命よりも大切なものなど、基本的には何一つないのだと、大切な人に伝えたい。

| | トラックバック (4)

数学的にありえない

数学的にありえない〈上〉読み終わってから書こうと思っていたが、もう、どうしても言わせてくれ。

ありえない面白さ。冬休みの読書リストに絶対入れて損はなし。私が保証します。上巻が面白かったら下巻も買おうなんて買い方をすると激しく後悔します。夜、上巻を読み終わったら、悪いけど、本屋が開店するまで、ひどい精神状態になりますことよ。おほほほ。あまり余分な知識を入れずに読んで欲しいです。数学とか物理とか苦手な人も大丈夫なので。(高校時代、物理で二桁の得点を取ったことがなかった私が、この本のおかげで量子物理学に面白ささえ感じていることに驚愕)

これ、映画化するのかなぁ?ナヴァ役は若き日のナスターシャ・キンスキーでお願いします。

| | トラックバック (1)

JWDA WEBデザインアワード

JWDA WEBデザインアワードJWDA WEBデザインアワードのエントリーが始まっています。

この賞がおもしろいのは、

WEBデザイナーの市場価値向上を図ることにより、WEBデザイン産業全体が育成・振興され発展していくことを目的としております。その活動の一環として、このたび第2回「JWDA WEBデザインアワード」を実施いたしますので、ここに告知いたします。

というだけあって、デザインに特化していることと、カテゴリーがユニークなこと。

・企業 WEBサイト ・リッチコンテンツ  ・ニューフェイス(19歳以下の制作者) ・ECサイト    ・オンラインサービス ・その他

と、分かれています。

エントリーは無料。すでにスタートしていて、締め切りは2007年1月14日。
実はわたしも消費者代表ということで、審査員の一人に加えていただいております。

賞への応募というのは、ノーリスクのPR。失敗のないギャンブルのようなもの。大化けするか、無傷か、その2つしかありません。ぜひどんどん応募されることをおすすめいたします。

というわけで、すっかり元気が回復し、忘年会2件はしごでした。

| | トラックバック (0)

言論NPO5周年パーティー

2006_1219_193818わたしがブログのプロデュースをしている言論NPOの5周年パーティーが行われた。

経済同友会の小林陽太郎氏をはじめ、増田岩手県知事や鈴木寛参議院議員などが出席して盛大に行われた。

女性は少なく、川本裕子教授、深川由起子教授のほかは、阮蔚・農林中金総合研究所主任研究員など中国の女性が目に付いた。

名刺交換などもしながら、動画のお手伝い。みな、口々に今年の夏の東京ー北京フォーラムが、安倍首相の訪中につながったと、成果を賞賛していた。

そして、たくさんの来賓が挨拶で口々に、代表の工藤さんを心配していた。周りをはらはらさせながらも、愛されているんだなと。こういうボランティアに駆り出されて、ほんのちょっぴりうんざりしながらも、断れないわたしも、工藤病か?

プレスセンターのアラスカから見る夜景はとっても綺麗だったなぁ。

| | トラックバック (0)

ノロウィルスに撃沈

ノロウィルスに撃沈↓の十日市までは元気でした。

帰宅した日曜日の夜から、もう、気持ち悪さ大全開!月曜日は、嘔吐と下痢の大合戦。火曜日、親に病院に連れて行ってもらい、点滴2本、合計5時間。処理室にて。

家に帰って、一寝入りして、子供にうつさぬように子供が寝てから、一仕事。もう寝ます。

すみません。関係各位にご迷惑おかけしております。

ただ、だいぶ今はよくなりました。ほんと、ずどん、ぱっ!っという感じですね。

ちなみに、ガムをよくかむとうつらないそうです。自分の唾液を促進し、唾液の殺菌効果を最大化するそうです。(母のテレビからの情報)なので、我が家は私から移されないように、みんなガムをくちゃくちゃ噛んでいる。ちょっと切ない。でも、このつらさは、ほんと味あわせたくないですわ。

あと手を良く洗うというのも重要だそうです。みなさん、いろいろなカゼがはやっています。どうか、健康な年末を!

| | トラックバック (2)

十日市

十日市

| | トラックバック (1)

焼肉忘年会

焼肉忘年会クライアントさんの忘年会。ものすごく楽しい会でした。

今年入社の新人さんが幹事。動物占いの相性のいいヒトのそばに座る設定になっている席決め。クイズ大会。席替え後は、相性の悪いヒトのそばに座る設定に。

若い会社。伸び盛り。30人前後。

ほんと、楽しかった。

ちょっと先週来、別のクライアントさんで、まあ、いろいろあって、気持ちが少々落ち込んでいたが、すっかり元気になりました。

こういうふうに、忘年会によばれるというのは、本当にありがたいことです。焼肉、美味しかったし。

| | トラックバック (0)

エスペルト開店パーティー

エスペルト開店パーティーワイナリー和泉屋さんのハルさんの新しい挑戦。

スペインのワインブランドのエスペルトのワインを中心にした、立ち飲みワインバー。すっごく素敵な空間でした。

おとりよせネットの花房美香ちゃんといっしょにお花を贈りました。蘭にしようと思ったのに、あわてて入った花屋にシンピジウムしかなくて。ごめんなさいね。ハルさん。

それから、ぎっしりのゲストたちが、それもワイン界のそうそうたる方々が、口々にハルさんを褒めちぎっていた。単なる○○おやじじゃないのね。見直しました。

ハルさんそして、山岡さんに、乾杯♪

エスペルト 池袋店
地図

| | トラックバック (0)

ダカーポ ヒト・モノ・ブーム・事件の総まとめ

業界別ベスト10の通販のところでコメントしています。

こうやってみると、「ああ、あれを忘れているよ」とか続々と出てきて、痛い。

具体的な商品名まで落とし込まないといけないので、MP3プレーヤーではなく、最近発売された「八幡屋磯五郎」の七味型をフューチャーするなど、つっこみどころが多いのは、どうかお許しくださいませ。

後ろのページに、日経エンタの品田さんというのが、うれしい。おぼえていらっしゃるかどうかわからないけど、東芝時代からのおつきあいなのです。(きっと覚えていないでしょう)

ほかの雑誌でも軒並み、今年のベスト10が発表されているけど、わたしも近々「らむね的超私的ベストテン」を発表しようと思っていますので、お楽しみに。

そうそう。ダカーポでもコメントしたけど、時間節約型から、時間満喫型商品への通販のヒット商品は移っている気がします。

塗り絵とか、陶芸とか、ネット株とか、デジカメとか。みんな、時間をつぶせるもの。

導入費は少々高いけど、運営費は割りと安い。そういう将来に対する安心感のある商品が売れていくようです。来年も。

| | トラックバック (0)

レッズ優勝

レッズ優勝写真をアップしたまま、放置していたのには理由があって、ココログが長いメンテナンスに入っていましたのでした。

というわけで、レッズ優勝しましたね。長かったです。

私は大宮アルティージャができる前は、レッズファンでタイガースファンだったので、恥の上塗り。弱いもの好き。究極の負け組だったのだ。

それがどうだ。歴史はめぐって、両チームとも、日本一の人気チーム。弱い、駄目チーム、というのは美味く育てると、とんでもないロイヤルカスタマーを味方にすることになる。

テレビの取り上げ方として、「ださいたまの唯一の誇り」みたいなのが多く、辟易とはするが、だささのなかに住んでみないとわからない魅力がたくさんある街なので、まあ、さんざん馬鹿にしてもらって、よし。

とりあえず、おめでとう。アルティージャも、ぜひ、後に続きましょう♪

| | トラックバック (0)