« 見逃せないセミナー2本 | トップページ | お母さん、ごめんなさい »

あしながおばさんになる

去年「らむね的通販生活」の10周年を記念して、8月に稼いだアフィリエイト収入を全額寄付した。今年も、先日、日本遺児育英会に寄付してきた。

どうして8月かといえば、1995年の8月31日にホームページを開設したから。なので、8月に稼いだ額が確定する10月に計算して11月に振り込んだという流れです。

正直、8月は稼ぎがとっても少ないので、寄付額も少ない。今年は去年よりも減ってしまった。
とはいえ、アクセサリーやバッグを含め、10万円以上のものをほとんど買ったことがない(唯一、デジモノ除く)私としては、6桁の額を寄付するのはたいへん勇気がいることだ。

勉強が大嫌いな私としては、勉強がしたくてもできない環境の若者に、ほんの少しでも足しになればと、思う。

それから私は、偽善者なので、ここに書けば、かっこつけるためにも来年も続けるのではという期待があり、わざわざここに書く。偽善でも善なら、善。さあ、書いたからには、来年以降も続けなさいよ>私。

はちどりのひとしずくという本が話題になっているらしい。

森が燃えていました。 森の生きものたちは われ先にと逃げていきました。 でもクリキンディという名のハチドリだけは いったりきたり 口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。動物たちがそれを見て 「そんなことをしていったい何になるんだ」といって笑います。 クリキンディはこう答えました。 「私は私にできることをしているだけ」

私にできることをするだけ。

でもね、できることをするだけって、すごーく勇気がいるんだなと、痛感しますね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/12812821

この記事へのトラックバック一覧です: あしながおばさんになる:

» ハチドリの物語 [北野・山本ストーリーから]
「アマゾンの森が燃えていました。森に住む動物たちは、われ先にと逃げていきました。 続きを読む

受信: Nov 27, 2006 3:46:36 PM