« サイバーショット M2講座 | トップページ | 伊豆からの帰り道 »

ウェブ進化論とグーグル

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)話題のこの2冊が手元にある。ウェブ進化論は、購入してから随分時間もたち、何度かこれをテーマにした勉強会に出席したり、よばれたりもした。

そして、ちょっと遅れて出たグーグルという本は、著者の佐々木俊尚さんから送っていただいた。

2冊は同様なテーマを扱っているが、ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
が旧来の世界とこれからの世界を連結しどちらの側にあるものにとっても、次に来る時代に対して勇気の出る内容となっているのに対して、グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
の方はどちらかといえば客観的でかつ危機感を生じさせる内容となっている。

もちろん優劣を語ることはナンセンスであり、どちらも読み複眼的にとらえることによって今後へのアイデアの幅が格段に広がるだろう。

佐々木俊尚さんという方は、IT業界からの信頼が厚いジャーナリストだ。パーティーなどでよく好意的に話題にされる。私も何人かの方にご紹介いただき、取材をしていただいたこともある。HOT WIREDでの連載はもちろん、旧来型のメディアにも多数原稿を書いている。もちろん技術的なことにも明るい

梅田さんがいわゆるエスタブリッシュメントと呼ばれる世界とWeb2.0的な世界の両方を熟知してつなぐブリッジのような役割で突出しているのと同じように、佐々木さんも旧来型のメディアとブログに代表される市民型のメディアの両方から信頼を得て両方の通訳として存在して傑出している。

こういう存在の書くものは、自分達に影響を与えるとともに、自分達とは違う世界に住む人たちに違った形の影響を与える。そこがおもしろいし、注目すべきところだ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/9879602

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ進化論とグーグル: