« March 2006 | トップページ | May 2006 »

サイバーショット M2講座

M2講座ソニーのデジカメのM2を極めるために、セミナーに出席。ソニー直営のセミナーで、銀座ソニービルにて開催。なんと、カリスマアフィリエイター3人の美女のみなさまに入れていただいての、4人貸しきり状態。

とにかく一番役に立ったのは、私だということは、参加者みなが同意するところでありましょう。

どうせ、(以下略)

詳しい説明は他の方に任せるとして、こんな低レベルの私でも、なんと、クライアントから動画ブログの制作を請け負っているのだ。それも複数のクライアントから!!今日の3人のみなさん、わがクライアントに密告しないように。(合掌)

ちなみに、この私の最低限の機材は

・機材
[サイバーショット]DSC-M2
固定用ミニ三脚(ソニー純正のものもありますが、私が持っているのは1000円くらいのもの)

・ソフト
●動画編集ソフト Premire Elements 2.0

もし、Photoshop Elements をもっていないのであれば、Premiere Elements とPhotoshop Elements が一緒になった。アドビシステムズ Photoshop Elements 4.0J + Premiere Elements 2.0Jセットを買うのをおすすめ。わたしは結局どちらもかったのですが、別々に買ったので高くついた。
●iPod用コンバータフリーウェア QTConverter

・書籍
お気に入りVIDEOをプロデュース!Premiere Elements2.0
※持っているのは1.0のバージョンですが、とてもわかりやすい!ソフトのバージョンが2.0であれば、同じ作者の2.0のバージョンをどうぞ。
はじめる!楽しむ!ポッドキャスティング!
※ブログで動画ポッドキャスティングをやるなら、191ページ以降は必読です。

でも、動画の編集は時間がほんとかかりますね。今日は主に、静止画の綺麗な写し方に、収穫がありました。これから、私の写真は、変わるわよ!変わりたい。変われば。変わろう。

| | トラックバック (0)

執事カフェ

執事カフェ遊んでいるわけではありません。取材です。取材、、、、。

でも、わたし、ホストよりは執事派だと、強く思ったものでした。いいですわ。

「奥様、お帰りなさいませ」と言われて、ちょっとどきどき。そして、なんともいえない居心地のよさ。隙なく演出されているので、安っぽさはなく、ちょっといい気分になりました。

女3人で、超かしましくおしゃべりしたんですけどね。

他のお客さんは、ほとんどが女性。一人で来ている人もいるし、わたしたちのような物見遊山のグループも。

ホストクラブにいったことがないし、比べるのもなんだとは思うんですが、1時間20分でお茶だけ飲んでもかまわないので価格も1000円前後からだし、ちょっとした心の贅沢にはいいのではないでしょうか?わたしは焼きたてのスコーンとお茶のセット1470円を頼みました。とてもサービスのいい喫茶店と思っていくと、いいかもしれません。


ネットでもあまり写真が出回っていないのですが、中は完全写真禁止。ぜひ、一度はいらしてみては。あまりの居心地の良さに、居心地よいと感じている自分に、軽いショックを受けるかも!?

執事喫茶 スワロウテイル

地図

ちなみに、まったくどうでもいいことですが、うちの旦那は、ひつじ年の、おひつじ座。執事体質です。

| | トラックバック (0)

パワフルすぎる

土曜日のチャリティーマラソンのあとは、オンラインショップの店長さんの結婚式の二次会。日曜日はレポート、月曜日はのんびり仕事したが、今日はめまぐるしくあちらこちら。ミーティング、ミーティング、お茶、交流会、交流会。

我ながら、アクティブではあったけど、それより、みんなパワフルすぎる

ちなみに、本日の強敵は2番目のパルシステムの商品評価委員会。初心者なのでおとなしくしていようと思っていたが、生来の毒が少々、いやかなり出てしまう。20人近くいるのだから、こういうのが一人いてもいいだろう。

自分の中のやんちゃで、かつ攻撃的な部分が露出した。真面目に報告書読んで評価しただけなんだけどなぁ。

| | トラックバック (0)

メイクアウィッシュのチャリティ

メイクアウィッシュのチャリティ

チャリティマラソンに参加しました。親子で参加。最高に気分のいい皇居端。

| | トラックバック (0)

リンクシェア見本市

いいですね。人と会うのは。関東だけでなく全国から熱いアフィリエイターの方々が集まっていて、とっても楽しかったです。

名札につけたサイト名が、ほんとバラエティーに富んでいて、ちょっと感動。仮面ライダーファンとか、アメリカレンタルカーとか。うーん、ロングテールというか、ピンポイントというか。

さて、見本市関連の商品的なことは、「らむね的通販生活」のほうに譲るとして、面白かったイベントに、座談会があった。

ここで、アフィリエイター100人に聞きました企画が行われ、目からウロコのアフィリエイター事情が、狭い範囲とはいえ、深堀できて、大変興味深かった。

ここでみなさんにもクイズ ○と×、どちらが多かったでしょうか?

・毎月5000円以上の成果があがっている
・毎日2時間以上アフィリエイト作業をやっている
・ブログでアフィリエイトをやっている
・ブログのアフィリエイトのほうが儲かっている
・マーチャントからのメールマガジンは読んでいる
・アフィリエイトは金儲けと割り切っている
・報酬の高さよりもブランドが自分にあっているかで選ぶ

他にもたくさん質問があったが、とりあえず、ピックアップしてみた。まあ、リンクシェアの見本市にくるぐらいの意識の高い100人ということで、アフィリエイター全般のことではないだろうが、ブログが表現&利益ツールとしてすっかりひとり立ちしていることと、情報をこつこつ地道に作成するタイプの人が増えているなということが伺えた。マーチャントから提供される情報よりも自分が取り上げたいことをこつこつアップするタイプ。まさしくWEB2.0だと簡単に結論付けるのはちょっと、惜しい。

ちなみに、全質問と実数はノートしてあるので、今度会ったら声かけてください。

答え:多かったほう × × ○ ○ ○ × ○


お会いできた皆さん、ありがとうございました。それからリンクシェアのみなさま、お疲れ様でした。

| | トラックバック (0)

リンクシェア表彰式

リンクシェア表彰式ジャパネットタカタの社長さんの言葉、「毎日祭を起こせ」が印象的だった。

ことしの大賞にあたる賞を獲得したのは、ベルメゾンネット。ここのアフィリエイトをやるためにリンクシェアに登録した女性もたくさんいるだろう。リンクシェアにとってもとてもハッピーな、マーチャントだと思う。わたしも大ファンだ。

そしてパーティーでは、なんと、東芝時代、イーライフ時代、どちらも知っている知人に会って、大興奮。なんとショップチャンネルに転職していらした。

パーティーの間ずっとご一緒していたが、たくさんのマーチャントが名刺交換に訪れていた。ジャパネット社長の講演にはじまって、テレビショッピングを主軸とするマーチャントの、ますますの隆盛の予兆を感じさせる、パーティーだった。

アフィリエイト関連のイベントに顔を出すたびに、「ああ、しっかりやろう」と、思うのだが。

| | トラックバック (0)

ブログでらくらく 売れるネットショップのつくり方

ブログでらくらく 売れるネットショップのつくり方この本は、和食器益子焼販売 ~樂raku~を運営する関口むつみさんが書いた本。

うーん、感動した。ものすごくわかりやすい。運営している実感をともなって、書かれているので説得力が違う。紹介されている他のショップや、参考書籍、セミナーなども、いい。

今までたくさんのショップを見てきたけれど、

・主婦が自分の好きなものを扱い
・ほぼ一人で運営し
・月商100万円前後

というのが一番ハッピーだ。パパママショップというけれど、それくらいの規模(2人でやるなら月商200万から1000万円)が、一番、利益率も高くて、幸福感がある。

お店を始めてみたいという主婦のみならず、男性にもぜひ読んでもらいたい。ブログを使うことで簡単さを実現しているのと同時に、その山を歩いたものでしかわからないまっすぐな道がわかりやすくガイドされている。

幸福感のあるショップ運営を学びたい人にぜひおすすめしたい。

| | トラックバック (0)

アフィリエイトマーケティング協会の初セミナー

アフィリエイトマーケティング協会が、とうとう動き出しました!

初のセミナーを開催されるそうです。ぜひ、ご参加ください。

内容はどちらかというと事業者向けです。しかし、アフィリエイターの方々こそ、実は聞くべきかもしれません。これから必要なのは、複眼。

いろいろな立場から物事を見る能力だと思うのです。

残席はもう残り少ないと思いますが、月曜日中の申し込みならなんとかなると思いますので、ぜひ急いでお申し込みください。私は別件でどうしても行けません(涙;;)

◆第一回 「Eコマースに於けるアフィリエイトマーケティング」 ◆

 現在、アフィリエイトプログラムを利用されておられるマーチャント、又は、
 今後、アフィリエイトプログラムを利用して売上の増進を図ろうとしておら
 れる方々の為のセミナーです。


  §主催:アフィリエイトマーケティング協会
  §期日 4月18日(火) 午後1時~5時
  §受付 午後1時より セミナー開始 午後1時30分より
  §場所 新宿NSビル会議室 3階 305号
  §東京都新宿区西新宿二丁目4番1号
   Tel:03-3342-3755
  §募集人員 約60名
  §受講料 一般6000円
  §協会正会員4000円

  お申し込みはこちら
  http://affiliate-marketing.jp/seminar/20060418.html

--------------------------------------------------------------------------------
  講師と内容

  ◆午後1時30分~2時

  ご挨拶に代えて
  「(海外事例)Eコマースとバーチャルトレードショーの効用」(仮題)

  石川洋一
  石川事務所代表
  アフィリエイトポータルネット運営・執筆
  アフィリエイトマーケティング協会理事長

  (お話の内容)
  アメリカで話題を呼んでいるEコマース・バーチャルトレードショーを紹介し、
  今後の日本での展開についてお話しします。

--------------------------------------------------------------------------------

  ◆午後2時~2時50分

  「有力アフィリエイトが望む広告主」

  猪鼻智紀
  有限会社トラフィックジェネレーター 代表取締役社長
  アフィリエイトマーケティング協会 副理事長

  (お話の内容)
  自らスーパーアフィリエイトとして活躍し、また、コンサルタントとして、
  多くのマーチャントの相談に乗ってきた経験から、
  アフィリエイトマーケティングに於ける広告主のあり方についてお話しします。

--------------------------------------------------------------------------------

  午後2時50分~3時 休憩

  ◆午後3時~3時15分

  「ケンコーコムについて」(仮題)

  ケンコーコム株式会社 代表取締役社長
  後藤 玄利氏

  (お話の内容)
  アフィリエイトマーケティングに独自の方針を持ち込み、年商50億円を達成し、
  更にその先を目指すリーダーのお話です。

--------------------------------------------------------------------------------

  ◆午後3時15分~4時

  「EコマースにおけるアフィリエイトとCGMの可能性」(仮題)

  ケンコーコム株式会社 マーケティング部マネージャー
  原田直美氏

  (お話の内容)
  「ケンコーコムアフィリエイト」の現状とASP利用との比較。
  また、ブログのトラックバックを活用したCGM「ケンブロ」の導入による、
  アフィリエイトとの相乗効果と今後の可能性についてお話しいたします。

  (註)CGM(Consumer Generated Media)は、インターネットなどを活用して消費者
  が内容を生成していくメディアを言いますが、商品・サービスに関する情報を交換す
  るものから、単に日常の出来事をつづったものまでさまざまなものがあり、クチコミ
  サイト、Q&Aコミュニティ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、ブログなど
  がこれに当たります。

  ◆午後4時~4時30分
  まず、「ケンコーコム」のお話を中心にご質問をお受けし、その後、その他の講師の
  お話についてご質問をお受けします。

--------------------------------------------------------------------------------

  ◆午後4時30分~4時45分

  「第一回セミナーを終わるに当たって」

  柴田健一
  株式会社ベスタグ 代表取締役社長
  アフィリエイトマーケティング協会 副理事長

  終了、4時45分の予定

--------------------------------------------------------------------------------

| | トラックバック (1)

成分分析

ものすごくはやっていますね。わたしもやってみました。

時節柄ウィニーとかもあるし、
ダウンロードタイプのソフトを紹介するのが気が引けますが、

一応Itmediaにも取材されているので安心なプログラムだと思います。(ただし、自己責任でお願いします。←といいつつ、自己責任ってなんだよと思わなくもない)

ダウンロードして自分の名前を入力すると


●村山らむねの成分解析結果 :

村山らむねの94%は波動で出来ています。
村山らむねの4%は理論で出来ています。
村山らむねの1%は運で出来ています。
村山らむねの1%は株で出来ています。

うっそー

●青山直美の成分解析結果 :

青山直美の63%は波動で出来ています。
青山直美の13%は覚悟で出来ています。
青山直美の11%は汗と涙(化合物)で出来ています。
青山直美の8%はアルコールで出来ています。
青山直美の4%は血で出来ています。
青山直美の1%はお菓子で出来ています。

こっちのほうが当たっているかも。
どちらにしても波動って何よ?


ちなみに、自己成分分析してみると

65%は阪神ファンで出来ています。
23%はチョコレートで出来ています。
残りはらむねで出来ています。

という感じでしょうか。

こういうたわいのない遊びの占いはおもしろいですね。


| | トラックバック (1)

おめでとう!金本選手

すごい。すごすぎる。

7年間、無遅刻無欠席。働く一人の人間として、心から尊敬する。

彼のすごさを、野球を知らない人にもぜひわかってもらいたいので、ちょっと解説。

1、中途採用のリーダー

彼は、広島というチームにいて、記録も実績もあった。しかし、決してリーダーではなかった。その彼を、口説いたのが星野監督。星野監督が、阪神という人気チームに呼び、そこでリーダー的存在として据えた。

低迷する企業に、実績のある人間を招聘する。社内のストレスは大きい。金本は、もちろん様々なエピソードはあれど、清原のようなカリスマ性で人を引っぱるのではなく、黙々とした練習姿勢によって、チームのお手本となった。ここは、外部の血を導入するときのヒントになろう。言動よりも背中は能弁だ。

2、自身のキャリアハイと、チームの成績が連動

彼の世界記録の価値があるのは、自分の成績も、チームの成績も、この3年ほどで全盛を迎えていることだ。記録のためにチームを(ほとんど)犠牲にしていない。かつ、下り坂での世界記録ではなく、去年彼は、MVPを獲得、打撃3部門で自己最高を更新した。

3、四番打者にして最高のつなぎ役

星野監督時代は、3番の赤星に盗塁王を取らせることに、気を使う。岡田監督なってからは、5番の今岡に打点王を取らせる。オレオレタイプの、4番ではなく、他の選手の実績にも配慮するというのは、できそうでなかなかできない。

4、他の外様ベテランにも好影響

金本にリプケンのバットをセレモニーで渡したのが、中日からの矢野と、日本ハムからの下柳。3人とも38歳で、下柳は去年の最多勝。矢野も去年は138試合に出場。金本の活躍に引っぱられるように、30代後半でますます伸びる可能性。

とにかく阪神ファンとしては、来てくれてありがとう。その一言だ。

| | トラックバック (1)

花見

花見国営武蔵丘陵森林公園で花見。わたしが住んでいるさいたま市は、すでに散っている桜が、ここでは満開。車で1時間ちょっとで、ここまで違うとは。

有料だけあって、静かな公園だった。

有料だけど、新宿御苑のようにアルコール禁止ではないので、宴会もあちらこちらでやっていた。バーベキューも可能なようだ。

とにかく広い公園。

ところで、人の気配がそれほどないところで、寝転んで桜を見た。空と流れる雲と、穏やかに散る桜。

結論。桜は、寝てみるのが一番綺麗だ。西行の気持ちがよくわかる。

| | トラックバック (0)

死んでいる

死んでいる書きたいことがたくさんある。ありがたいことに(と、最近言うようにしている)忙しくて、なかなか書けない。

書けないのには、理由があって、本当に書きたいことが書けないために、書けない。時間がなくて、書けない。この2つの理由だ。

本当に書きたいことが書けないとは、主に身内のことだ。

と、さりげなく身内のことに触れながら、「死んでいる」なんていう本を紹介すると、憶測を呼びそうだが、両親はすっかり元気になったので、関係はあまりない。

嫌いで思い出したくもない本で、読み終わってすぐにブックオフに売ってしまった。なのに、よく思い出す。

動物学者の夫婦が砂丘で撲殺された。夫の手はかろうじて妻の脚に触れていたが…二人の死体には海辺の生き物が群がり、肉を貪る…。無慈悲な死と冷徹な自然に、二人の愛も最期を迎えるのか?全米批評家協会賞受賞作品、『ニューヨーク・タイムズ』年間最優秀作品。

とまあ、こういう本だ。電車で読んでいて、何度も吐きそうになった。あまりに死の描写が、リアルすぎる。死が体内でどのように起こっていくのかが克明に描写される。

今、あなたに不利な証拠としてを読んでいることも、この死んでいるを思い出す理由のひとつだろう。

人にはすすめない。でも、きっと私は、もう一度本屋で買って読むだろう。吐き気と戦いながら。

| | トラックバック (0)

Yahoo!セカンドライフ

060403_154505_ed_m今日は、丸の内のクライアントのPJが一段落。自分にご褒美というわけではないが、ミクニズカフェでカレーを食べる。1500円のカレー。おいしかったが、ここは5月31日で閉店するそうだ。古河ビル、改装のため。ちょっとさみしい。

ところで、4月1日から、ヤフーに新しいメニューが登場している。ヤフーのシニア向けコンテンツ「Yahoo!セカンドライフ」だ。わたしもサポーターとして、ちょっとだけ手伝っている。

シニアがこれから消費の主役になるときに、どのような情報を提供するべきなのか、よく研究されていると思う。

塩川 正十郎って、久々に見た気がする。

 | 

| | トラックバック (1)