« 2004年会 抱腹絶倒の巻 | トップページ | SixApartユーザーギャザリング »

イナバウアーとジョニー・ウィアー

エキシビジョンが大好きだ!何度見ても、勝者たちのリラックスした様子をみるのは、気持ちがいい。

そうそう、荒川さんおめでとうございます。最後に勝つのは、戦略と練習。当たり前のことがよくわかる金メダルだった。

個人的にスルツカヤ選手も大好きだったんですけど。あの寂しそうな笑顔が、切なかったです。表彰台の3人は、苦節も乗り越えての、メダル。3人ともおめでとう、ご苦労様。

そして、、、、、

今回、私のハートをつかんだのが、ジョニー・ウィアー選手。アメリカの男子フィギア。美少女のようなはかなげな風情が、なんともいえません。

日本にもファンが多いようで、検索すると結構出てきました。一番、充実しているのが、ここ

そして、オリンピックといえば、やっぱりNBC

オリンピックを追うごとに、ウェブもたいへんな充実振りだ。ブロガーコーナーなんていうのもあり、読み甲斐がある。(自分の英語力はおいといて)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/8837155

この記事へのトラックバック一覧です: イナバウアーとジョニー・ウィアー:

» 「冬のオリンピック」が苦手な理由 [小さなことを喜ぼう!             〜女40歳の「ちょいハピ」な日々〜から]
以前から、なぜか分からないが、「冬のオリンピック」が苦手だった。 だから、今回のトリノ五輪も、申し訳ないが、ほとんど関心を寄せていなかった(……上村愛子選手はかわいいけど)。 でも、さすがに、ニュース番組のトップに延々と流れると、見ないわけにもいかない(……ってこともないんだけどね)。 号外も出たようである。 (紀子さま第三子ご懐妊の時以来ですね。) そう、荒川静香選手の金メダル獲得。 今回のオリンピックで日本初のメダルであるばかりでなく、フィギュアで金はアジア初なのだそうである。 ... 続きを読む

受信: Feb 27, 2006 2:30:45 AM