« November 2005 | トップページ | January 2006 »

EC協議会のECショップ大賞

ベストEC今年もこの季節がやってきました!私も審査員をつとめさせていただいております。

日本に星の数ほどあるネットショップの中で最強のネットショップを選ぶのが、この「ベストECショップ大賞2006」です!

これをご覧の店長さんのみなさん、すぐに応募しましょう。応募したら審査までに、ちょっとお店を手直ししましょう。(ここを見て直しましょう)

応募期間 :2005年12月19日(月)~2006年2月19日(日)
授賞式  :2006年3月18日
公式サイト

大賞はもちろん、Yahoo!ショッピング賞やビッダーズ賞など、各モールからもらえる賞もあります。それに何よりも楽しいのが、授賞式。去年も多数の店長さんたちが集まり、一種のお祭りとなっていました。

EC協議会は店長さんを中心とした840社以上の団体です。本当にチームワークのいい団体なので、賞に応募するのももちろんですが、ぜひ加入もご検討ください。私ももちろん会員ですし、暖かくお迎えいたしますので。

| | トラックバック (3)

クライアントの忘年会に呼ばれるということ

051227_195916_m.jpg去年はまったくクライアントから忘年会によばれるなんてことはなかったが、今年はいくつかの忘年会に呼んでいただけて、とってもうれしかった。考えてみれば、今までわたしが所属していた会社で、私のような立場の人を忘年会に呼ぶなんて考えられなかった。

こういう忘年会などの宴会への出席者のゆるさ、いい悪い別として、呼んでもらえる側は本当にハッピーだし、モチベーションも、人間関係への理解も、めきめきあがる。こういうゆるさ、大好きです。

昨日よんでいただいた企業は、まだ20代中心の大変若い会社。30代後半のわたしは、完全に浮いていた。しかし、美味しかったし楽しかった。年末調整と源泉徴収の書類を作り、明日、もう少し残務整理したら、今年ももう仕事納め。

| | トラックバック (0)

ひとつのブログで会社が変わる!

051224_024622_m.jpgひとつの ブログで会社が変わる、和田さんの最新刊です。これは、一応、ビジネスブログの本ではあるのですが、最近、ちょっとボルテージが落ち気味の、ブログ燃え尽き症候群の方に、もう一度、ブログで情報発信する意義を見直すためにも、読んで欲しい本となっています。

和田さんらしい、綿密な構成でもあるのですが、和田さんらしくない、いや、もっともらしいといっていいのかな?すごく臨場感のある、そんな本になっています。何よりも、うれしのが今までの本よりもリラックスして、ものすごく楽しんで書いているという感じが伝わってくること。 だからこそ、Enjoy BLOG!というのが伝わってくるのです。

あと、165ページと166ページには感動しました。私って、完全に使用前ブログ書きなぐっているかも(反省)


| | トラックバック (6)

関心空間BUZZの顔合わせ忘年会

051221_214028_m.jpg溜池山王の福にて、おいしい〆カレーを食べた。〆にカレーが出るので、〆カレー。

関心空間さんと電通総研さんのジョイントプロジェクトのディレクターをつとめる渡辺聡さんからのお声がけで、先日来、関心空間BUZZというのに参加させていただいている。そう、私は、ネット関心総合研究所の研究員なのである。
ふっふっふ。

ウルトラ隊員のようで、かっこいいではないか?ないか。

kanshinBUZZで流行キーワードを解説し、その中で選ばれたキーワードについて予測市場にて、どの程度、世の中で語られるかをビットする、そういう2段階の仕組みになっている。
(ご想像の通り、あまり理解していない・・・)

関心空間は、今、携わっているPJのなかでも何度か机上に乗っていて、「あ、また関心空間だ」と思うことが多い。

| | トラックバック (0)

電脳卸さんの「天下一武道会授賞式」

051218_190653_m.jpgまあ、すごい熱気溢れるパーティーでした。

去年の規模の3倍だそうです。わたしは娘を連れて行ったのですが、アフィリエイターの何人かのかたにたいへんご迷惑をおかけしました。遊んでくださって、ありがとうございます。ママは、糸の切れた凧状態でした。

食べ物がなくなる速さがすごかったです。美味しかったですからね。

ゲストでいらしていたリンクシェアの花崎社長が、盛んにiTunes Music Cardsを推していました。アフィリエイトASPの両翼である、木村大将と花崎社長の2ショットは、たいそうイケテましたよ!

来年はきっと船貸切でしょう。今から、楽しみです。

| | トラックバック (4)

ジャパン ブロガー カンファレンスに行って来ました

20051217FPN主宰のジャパンブロガーカンファレンスに行って来ました。面白かったです。

1部がネタフルの小暮さんなどいわゆるアルファブロガー、2部は1部よりはもう少しプライベートなブログだけどそれなりに有名なブロガー、そして3部はインパクトブロガー(つまり強烈なブロガー)がそれぞれ3人ずつと司会の4人でのパネルディスカッション。どれもおもしろかったが、たとえると、

1部は、みなさまのNHK
2部は、おもしろけりゃいいじゃん民放
3部は、深夜放送 つぼにはまる~

どれもまったく違ったテンションなんだけど、人選がすばらしかった。FPNの徳力さんをはじめとするスタッフの眼力がものを言っていた。

家庭内のトラブルにて、懇親会に参加できなかったが、さぞや盛り上がったことだろう。次回も期待しています。

| | トラックバック (0)

電脳卸の船上パーティー

第二回通販アフィリエイト天下一武道会授賞式入場チケット【電脳卸天下一武道会運営委員会】去年、第一回が開催されて、アフィリエイターの方々の絶賛を浴びたという、伝説の船上パーティーに、わたしも行くことになりました。

最近、いろいろなところで、「船、行く?」が合言葉になっています。

アフィリエイターはもちろん、他のMTGで出会っても、必ず聞かれるんですよね。それだけ、一大イベントになったということかと思います。

もし行かれる方はぜひ、ご一緒させてくださいね。声かけてください。まだ申し込んでいない方は、申し込みができるみたいなので、とりあえず申し込んでみてください。すごく楽しい会になりそうですよ。今まで「うん、船、行く」と言っているメンツを集めるだけでも。

で、みなさん、何着ていきますのん?

| | トラックバック (0)

生HG

051213_185221_m.jpgいわずと知れた、ナマのHGをみました。

後姿、セクシーでした。同行していた人が「またひとり来年は忘れられる芸人が・・・」云々、言っていたが、かれはMCができるので、どうにか生き残って欲しいと思う。

どうしてHGのご尊尻にまみえることにあいなったかといえば、ブロガーズ・ディ準備祭運営委員会の打ち合わせが、ちよだプラットフォームスクエアであった。そこでたまたま、イベントがあったようなのだ。公的なイベントの目玉として、このような芸人さんをよぶというのは、今はすっかり定着しているのか。打ち合わせに遅刻しつつも、HGの美尻だけはゲット。

ブロガーズ・ディ準備祭はどうなるか楽しみではあるし、自分ができることはぜひ協力したいと思う。


| | トラックバック (0)

ブログウォッチャーの奥村先生

昨日はなんと、BlogWatcherで有名な東工大奥村助教授にお会いした。アイエム・プレスさんの取材に同席させていただいたのだが、かなり刺激的なお話がうかがえて、感動。西村編集長、ありがとうございました。

土曜日は、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]のオープンオフで、スタッフもゲストも、おしゃれしての、とっても楽しいひと時がすごせた。

少しずつ、griefからsadへと変化している。

今週は、どうにか元気にならないと、お話にならない。

| | トラックバック (0)

ペットロス

涙が止まりません。11年5ヶ月、実家で飼っていた犬が亡くなりました。大型の洋犬だったので、長生きしたほうだそうです。わたしも本当に悲しいのですが、母は、家で飼っているペットが死ぬたびに、たいへんなペットロス症候群になっている。うさぎ、シェルティー、そして今回。そんなに悲しい思いをするなら飼わなければいいと思うかもしれない。しかしペットロスを解決する最も理想的な策が、あたらしいペットなのだ。失恋と同じだ。

昨日は、娘、わたし、母、みな顔が膨れ上がるくらいに泣いた。

わたしはたまごっちが嫌いだ。アイボも嫌いだ。電子ペットと言う類が大嫌いだ。

なぜならペットを飼うとは、食餌、排泄、生死とかかわること。臭くて、汚くて、そして苦しくて、辛いことなのだ。命を維持するということは、世話をするということは、顔が歪むほど臭い排泄物をきれいにして上げることなんだと思う。うさぎの糞尿の匂いと長い間戦ったわたしは、つくづく思う。(経験上、うさぎは最強だ)

世話をすることで、なんともいえない愛おしさを抱くものではないのだろうか。

命を維持することをゲームにするということに違和感を抱くし、「アー死んじゃった」と簡単に言う子供にも腹が立つし、簡単に買い与える大人にも怒りを覚える。

命を維持することは、臭い、汚い、苦しい、悲しいことだということを、娘には伝えたい。

実家は、また犬を飼うだろう。そういう気に早くなって欲しいと、切に思う。

| | トラックバック (3)

ワタシきれい天然生活

051205_150515_m.jpgサハラさんと会ったのは、ちょうど書籍化が決まった頃だと思う。とても元気のある方だなあという印象が残った。

何度か会うたびに、すごく基本のある方だなとも思った。

そして、手にしたこのワタシきれい天然生活。前半の30ページくらいで、まず、泣きました。わたしは肌が強いので、アトピーの辛さはわからないのですが、20代の後半や、3年前くらいは、本当に身を切るような働き方をしていたので、自分が壊れていくような感覚というものは、味わっています。ただ、サハラさんとわたしが違うのは、わたしの体はへたれなので、すぐにぐうたら寝てしまうこと。昔も今も、疲れると、液状化するくらいずっと部屋で、へたっています。

でもサハラさんはとことんまで、行った。

そして、今の女性のなかには、このようにとことん行ってしまう方が多いように感じます。潔癖で、能力があるからこそ、突き進む。自分に甘えを許さず、遊びも仕事もとことんがんばる。

そして、サハラさんの場合は、アトピーということで体が狼煙をあげたのでしょう。この本のよさは、最初からスローライフを選んで生きてきたのではなく、仕事にも遊びにも鞭をうって全力で尽くしてきたサハラさんが、アトピーを得て、立ち止まり、自分の体や心と対話するという気づきを得たというところが、ものすごい価値なんだと思うんです。これは簡単なようで、たいへんなことだと思います。

わたしはこの本は、表紙の柔らかいイメージとは裏腹に、壮絶にがんばっている女性にこそ、読んで欲しいと熱望します。加速がついて立ち止まることさえできなくなった、女性達に読んで欲しい。

この本で救われる女性がたくさんいると思う。どうか出会うべき人がこの本に出合えますように。一人でも多く。


| | トラックバック (2)

白金ラボエムでクリスマスパーティー

051205_201923_m.jpg本日は、クリスマスパーティー。結構これが楽しかったのです。東芝に入りたてのときは、バブル真っ盛り。そんなときに会社の仕事としてかなりたくさんの異業種交流会に参加させていただきました。会社のお金で。

その中で、異彩をはなっていたのが、東京ガスの西山さんが主宰していた異業種交流会。先日久々に、西山さんに再会して、連綿と続いていたその会のクリスマスパーティーにお誘いいただいたのだった。

西山さんは52歳。だいたいその前後10歳くらいの方々が集まっていたが、その元気なこと。このサンバのあとは、全員でジェンカみたいなのを踊ったのだ。白金のラボエムで。。。

ところで、この西山さん。著作は40冊を超え、東京ガスに西山経営研究所を設立し、某女子大の講師でもある。とにかく、わたしが思うところ、日本一の幸せなサラリーマンだろう。

本当に素敵な方だ。そして、団塊の世代の、元気にうちのめされた、白金の夜。

| | トラックバック (1)

最後のアフィリエイトカンファレンス

051203_192300_m.jpgアフィリエイト・マーケティング協会がNPO法人化され、来年からはアフィリエイトカンファレンスから、アフィリエイトサミットとなるそうです。その、最後のアフィリエイト・カンファレンスに行って参りました。大盛況!!

盛りだくさんの内容で、勉強になったのはもちろん、懇親会は本当に楽しかったです。和田さんが、「らむね的通販生活」が10年であることをブログでとりあげてくださったおかげで、原時計店さんからカールのマスコットと梅酒のプレゼントをいただいたのに加え、たくさんの人からおめでとうと声をかけられました。

そして驚いたことに、くじ運がまったくないわたしが、なんと、神戸クリニックさん提供の「ホームスター」を当ててしまったのです!感動。

今、旦那に箱から出してもらっているところ。

うおー、すごい。大人の科学のものは持っていたが、それと違って、流れ星や宇宙の回転が見られる。ソフトを入れ替えれば、星座の線も入るらしい。

神戸クリニックさん、ありがとうございました。

そうそう。協会のみなさま、ごくろうさまでした。いつも思うけど、素敵なチークワークでほんとに居心地がよかったです。司会者の上手さにもびっくりでした。

| | トラックバック (10)

ラムネドットコム 10周年(らしい)

051201_010706_m.jpg本日、12月1日は、わたしがラムネドットコム lamune.com  を取得してから、10年目だそうだ。


もちろん、わたしはそれを知らなかった。でも、何でも知っている和田さんが、それを知っていて、火曜日の飲み会のときに、サプライズプレゼントをくださったのだ。

まじで泣きそうにうれしかったです。仕事ができる人って、人を喜ばせるのも上手なんだなと、つくづく思いました。

ありがとうございます!和田さんならびに、傍嶋組のみなさま。

ち、ちなみに、どこをどうやれば、lamune.com  が95年の12月1日に取得されたことを確認できるのか、わたしはわからないんですけど。

たぶん、ものすごく苦労してドメインをとったのだろう、95年のわたし。奇蹟に近いと、思う。日本語でのサービスもなかったし、英語もすらすら読めるわけではないし。よく、登録できたと思う。その上、更新が今まで切れなかったのは、ほんと、「よくがんばった。感動した」レベルですよ。

95年のわたしが、がんばったおかげで、とっても楽しい目を見られています。↑のような素敵なサプライズをくれる、ものすごく素敵な人たちとめぐり合えたし。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


| | トラックバック (1)