« お祭り | トップページ | 郵政民営化と柏水堂のケーキ »

変えられるのは自分、変えられないのは他人

IC協会(インディペンデントコントラクター)協会に入っている。もちろん理事長である秋山さんの影響だ。

先日そこの定例会で、リンクアンドモチベーションのオフィスにお伺いした。オフィスはキャビンをイメージして作られていて、執務スペースを囲む書棚には、社員がすすめる本がレビューとともに置かれている。

仕事をする場所というよりも、楽しい居所という感じだった。

リンクアンドモチベーションは、小笹社長の本を何冊か読んで、たいへん感銘を受けた経験がある。

部下の「やる気」は上司で決まる―モチベーション・クリエーターが企業の命運を握る


オフィス見学のあとの説明会では、モチベーションには4つのタイプがあること、それから変えられるものと変えられないものを分けて考えると楽になるというようなことを教えていただいた。

変えられるもの
「自分、思考、行動、未来」

変えられないもの
「他人、感情、生理、過去」

人と仕事をする。なかなかうまくいかない。思いが伝わらない。
相手を変化させようと趣向をこらす。それは無駄なこと。

他人は変えられない。変えられるのは、自分。

とはいっても思考や行動は変えられても、感情や生理はなかなか変えられない。
変えられない自分を受け止めつつ、変えられる自分を変えていく。

わかっているんだけどね。そう簡単に切り替えられないんだよねぇ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/5310682

この記事へのトラックバック一覧です: 変えられるのは自分、変えられないのは他人: