« 新潟でスキー | トップページ | 竹島問題 »

献血はできない

ちょっと古いニュースになるけれど、わたしって献血ができないそうだ。厚生省によると

1996年までに英仏に1日以上滞在歴がある者の献血を制限する。(1997年以降はこれまでの6ヶ月以上の滞在歴の制限を継続)

ということなのだ。私は、85年に1週間パリに、91年に3日間ロンドンに、いた。あまり海外旅行に激しくいったわけではない私でさえ、この献血制限該当者なのだから、かなりの人がこれに該当するのではないだろうか?

いや、わたし、ほんと脳みそぷよぷよなんだけど、ちょっと心配。絶対に、肉、食ってるし。だけどみんなそれほどパニックになっていないのは、日本人もいろんなトラブルで、こういうことに少々、不感症気味になっているともいえないか?いちいち心配していたら身が持たないもんね。

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に関するQ&A

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39018/3314948

この記事へのトラックバック一覧です: 献血はできない:

» ヤコブ病 [今はまだ人生を語らずから]
数年前、僕は献血できない体になっていたことが判明してショックを受けた。 ある日、五反田駅で降りたときに「献血してくださーい」という声をかけられ、 ひさび... 続きを読む

受信: Mar 16, 2005 1:39:49 PM

» 「献血のよびかけ・・・だが」~ニュースプラスワン [「痛風日記」 ~よしなしごとをつらつらと~から]
4/12 夕方のニュースで献血者数の減少が報告され、献血のよびかけがされていた。 その中で気になることがありました。 「5月からイギリス渡航歴のある人の献血が制限されるが、現在は制限されていないので献血してほしい」ということです。 まさに、「おいおい」というしかないです。 ・献血することで、輸血の際に危険を及ぼす可能性があるため、これから献血  制限する人に対しTVで献血を呼びかけるとは・・・あきれてしまいます。  たとえばHIV感染者に対しても、これからHIV感染の可能性がある... 続きを読む

受信: Apr 12, 2005 7:04:49 PM