税金を納めてきました

税金を納めてきました。国にはまだ。県と市には均等割のみで、計70000円。今年は単年度黒字ではあったので、来年は晴れて、お国にも税金を納められそうだ。

節税はいいことだと思うが、税金を納められるというのはとても誇らしいことだと思う。私は税理士も経理担当もお願いしていないので、領収書一枚一枚すべて自分でソフトに打ち込んでいる。これは、会議費か交際費かなど、悩む場面も多い。そんなときに自分の経営者としてのスタンスが問われる。(大げさ。。)

でも、ほんと、こんな小さな積み重ねなんだと思う。それがぶれないように、しないといけない。一人会社は自分自身が経営者でかつ監査役であるという、複眼でないといけないのだと、強く思うのであった。

ところで、最近の県や市の担当窓口はいいですね。書類を出しにいくと「ご苦労様でした」と気持ちよくいってくれる。その点、もともとのサービス業である銀行窓口の劣化は著しいように思う。

| | トラックバック (1)

会社1周年

050621_021852_m.jpg
今日で会社の1周年です。

あっという間ですね。よくがんばったと自分をほめてあげたいのと同時に、いやそれ以上に、ほんとうにいろんな方に感謝したいです。ここにひっそり書いて、感謝するというのも、あんまりですが、ほんとうに一人一人の手をとってありがとうと言いたいです。

起業しなければ見えなかったもの、会えなかった人、過ごせなかった時間、そんなたくさんのギフトを得ることができました。

今日も朝から普通にMTGが2件。特にセレモニーはしませんが、私からの感謝をみなさまどうか受け取ってください。一人の会社だけれど、一人ではない。そんな私の小さな会社が、また来年もこんな幸せな気持ちで2周年を迎えられますように!

| | トラックバック (0)

[東京駅そばの打ち合わせ]ブリヂストン美術館

0519東京駅周辺というか、日本橋近辺で打ち合わせ三つ。朝一番は、ブリジストン美術館のカフェで打ち合わせた。

いい感じのカフェです。ショップも魅力的で、ちょっとしたカードスタンドを買ってしまった。かわいいよぉ。

夜は、今後の人生を左右する打ち合わせ。わくわくするしどきどきする。迷っていたことがだんだん収束してきたようだ。

| | トラックバック (0)

藤野真紀子さんに会う

料理評論家として、有名な藤野真紀子さんのトークショーに行ってきた。現在、上野の国立博物館にて開催されている踊るサテュロスの展示にあわせたイベントで、藤野さんのシシリアでのお菓子づくりと、シシリアの地中海沖で見つかったこの2000年前の彫刻のランデブーのようなほんと、素敵なイベントだった。

この踊るサテュロス、3月13日までは、東京国立博物館 表慶館での展示だが、このあと、彼は、愛・地球博イタリアパビリオンにお目見えするらしい。

結構、魅力的なヒップからのアングルが多いので、不思議に思っていたんだけど、正面からみて、「そういうことか」と思った。

ところで、藤野真紀子さん、すごくすてき。5人のお孫さんがいるとはとても思えない、おしゃべりが本当に楽しい方でした。写真撮影タイムがあって、ものすごい行列を耐え忍んで、一緒に写真をとっていただきました!うれぴー!!

| | トラックバック (1)

ウィークエンドサロン無事終わりました

0519

そもそもこのブログの目的だった、ウィークエンドサロンが無事終了しました。

とても気持ちよく話せました。起業体験というのは、私のストーリーなわけで、いってみればオリジナル曲。

ブログの講座とかはなんやかんやいって、わたしにとっては、難しいキーがあったり、不安なメロディがあったりするけれど、起業については、すべて私がたどった道なので、本当に話しやすかったし、気持ちも入りました。

聞いてくださったみなさんもとてもにこにこしながら聞いてくださって、うれしかったです。

わたしはさいたまにこだわっている。

居心地のよい場所を求めて、移住したりすることもすごくあこがれいているが、人間は、たとえ居心地の悪いところに生まれ育った場合は、できるだけその場所をよい環境にするべく努力する生き物だとおもう。だから、わたしにとって与えられた、埼玉県さいたま市という場所を、できるだけ次世代にとって素敵な場所にする義務と責任と使命と快感をもっている。

さいたまで起業する、さいたまから素敵なライフスタイルを発信する、まずは足元に落ちているごみを拾う。

そんなことを大切にしたい。自分の原点を思い出した、そんな時間でもありました。
埼玉県万歳です!

| | トラックバック (2)

娘の就学を契機とした起業、社長一年生の通信簿は?

0:自己紹介

1:起業のきっかけ
・娘が一年生になる
・ブログ体験
・友人の死
・会社員をやめるには、会社を作るしかなかった!?

2:会社設立の手続き
煩雑でも自分でやる意義

3:事業ドメインの策定
「やりたいこと」と「やれること」のバランスのとり方
自分の中の成功の定義をしっかりもつ
3つの事業分野を作る

4:最初の壁
毎日やっていたこと
不安との戦い
初めてのクライアント
営業ツールの準備(名刺、会社説明、掲載記事)

5:ブログというツールのよさ
有限会社設立奮闘記  http://lamune.cocolog-nifty.com/
 起業日誌もお手軽に
「らむね的通販生活」 http://www.lamune.com
 4年間塩漬けしていたHPを一気にブログ化
ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]  http://www.wmstyle.jp/
 普通なら100万円以上かかるサイト構築がたった20万円で可能に。
 18人の仲間との運命的な出会い
スタイルビズ http://www.stylebis.jp
会社の公式サイトもブログで


6:人脈力のつけかた
・人間関係の棚卸
・前職のつながり(名刺整理)
・セミナーやパーティー
・親戚
・学校時代の友達
・人脈力とは、尊敬力
・人と人をつなげないと、脈にはならない

7:さまざまなトラブル
・クライアントとのコミュニケーションの不調
・マスコミの罠
・捨てる神あれば拾う神あり
・ピンチはチャンス というけれど・・・

8:さて、通信簿!現在の仕事のバランス
■プロフィットセンター
アフィリエイト事業部・・・☆☆まあまあです
サイトプロデュース事業部・・・☆これからがんばりましょう
オンラインショップ立ち上げ支援事業部・・・☆☆☆がんばったでしょう
ライティング事業部・・・☆☆まあまあです
セミナー・講演事業部・・・☆☆☆☆よくがんばりました

■コストセンター
営業企画本部・・・☆☆がんばったのがいいのでしょうか?
人事教育部・・・☆☆☆☆☆たいへんよくできました
経理部・・・☆やる気がみられません
総務部・・・☆やる気が全くみられません

9:もっと起業をカジュアルに
会社は自分のやりたいことのツール。ゴールは人の数だけ
起業したからには、「     」あるべし、というような窮屈な縛りから自由になろう

| | トラックバック (0)

福井出張!

2004_0809_144555福井県産業支援センターのブログ講座の講師で、福井県に行ってまいりました。バレンタインだというのに、旦那にチョコもあげず、14日から2泊3日での出張。15日、16日と2日間、9時半から16時半と、あわせて12時間の実習をあわせた講義だったので、正直ものすごく終わってほっとした。

いやー、福井いいとこ!最高ですね。

ものすごく元気で楽しい人が多いんですねぇ。びっくりでした。ノリもよくて、私自身も勉強になりました。

かなりみなさん方向性やほしい情報にばらつきがあったので、ちょっと不安でしたが、自分に関係のない分野の話も、興味を持って聞いてくださって、ありがとうございました。

食べ物がおいしかったなぁ。夜は2日とも飲み会だったのですが、お刺身が旨い!最高に素敵な3日間でした。

帰りの小松空港で、留守居役の母に電話すると「私にさば寿司、パパ(つまり私の父)に酒」という注文が。早速、講座にもいらしていたショップさんのさば寿司や地酒を探すが、さば寿司は売り着ているし、福井の地酒はなかなか見つからず。結局富山の「ます寿司」と、石川の地酒を買って、やはり金沢の笹寿司を買って空港のベンチで食べました。すごくおいしかったけど、6個は多いよ。。。

そうか。小松空港って石川県なのね。福井県のおみやげももっともっとおいてください。

とにもかくにも、福井県の大ファンになった3日間でした。

| | トラックバック (3)

家のそばで起きたこと 

ワールドカップ予選が我が家のそば、というわけではありませんが、ベランダから銀に光る屋根が見えるさいたまスタジアムで行われました。

よかったぁ。勝って。どきどきしてしまいましたよ。

といいつつ、事前の報道で、在日のJリーガーをずいぶんとりあげていて、ちょっぴり北朝鮮贔屓にもなっていたりして。そもそも、近くの国とは仲が悪いのは、どこの地域にもあること。近いからこその、複雑な事情があるというのは、日本と北朝鮮だけのことでは、ないはず。その複雑な思いを溶かしていくのは、おたがいをよく知ることではないでしょうか?

とくに大きな騒動もなくて、本当によかったです。このゲームの前よりもずっとずっと、在日のひとを身近に感じることができました。その意味で、感謝。

我が家とさいたまスタジアムの間くらいの位置に、朝鮮人学校があります。家のそばで起きたこと、これから起きていくこと。ゆるやかにゆっくりと、好転するといいなと、ベランダから見える光る屋根を見ながら思いつつ。

| | トラックバック (0)

キープラ新年会

昨日は朝から駆けずり回った。一日のアポイントは飲み会も入れて4件がマックスですね。昨日は4件がんばりました。地下鉄は便利だ。

日本橋→本郷→四谷→代々木上原

最後の代々木上原は、キープラの新年会。相変わらず楽しかったです。でもかなり遅刻していったのが残念でした。帰ったら「ぷっすま」のスペシャル。巨人の選手はおもしろい人が多いのね。

ところで、キープラの新年会の主役である、津軽三味線。すごいですね。あまりのすばらしさに、涙がじんわり。茶髪のかっこいいイケメンの兄さんが弾いていたのだけど、日本もいけてるじゃん、って心から思いました。ネットで調べたら、渋谷幸平さんってすごい人なのね。いやはや。

料理を作ってくださった、KINOの美香さん、ハッピーバースデー!

| | トラックバック (1)

2004年会無事挙行

2005_0204_223836以前ここでも募集した2004年会が無事挙行された。とてもなごやかーな、まったりした飲み会ですごく楽しかったですわ。ひさしぶりにあう人だったり、しょっちゅう会っている人だったり、名前だけは知っていたけどしゃべったことはない人だったり。でもA氏のおかげでとても盛り上がりました。ありがとうございます。

銀座の焼き鳥やさんに集まったは、11人。欠席者がひとりいたので、1ダースというところか。上海のD氏、次は6月増上寺(ぞうじょうじ)です!それまでに、A氏がすくすくと成長することを祈ります。ほんと、波田陽区に似ています。また、会いましょうねぇ!

※ちなみに写真は肖像権に配慮し、わざとピンボケを選んでおります。

| | トラックバック (2)

ネットショップの成功に偶然はない

昨日は、午前中はボーイフレンド(きゃっ!)と池袋で会ってお茶をして、その後、新百合ヶ丘にネットショップさんの取材。新百合ヶ丘って、わたしがまだミニスカートが似合う頃、一度テニスをしにいったことがあるのだが、あんなにきれいな住宅街だとはしらなんだ。びっくり。

取材先は、田園ぽてとさんというショップさん。詳細は、また記事を書いてからご紹介するが、帰り道に一緒に行った方がひとこと。「偶然成功するお店なんてないんですね」

そう。成功するオンラインショップは、みんな白鳥のように、水面下でのものすごい努力があるんだ。と、つくづく思う節分の日だった。(ちなみに、店長、イケメンでした。(^_^) )

恵方巻きを食べながら、「健康でありますように」と、くしゃみをしながら願ったり。

| | トラックバック (0)

リクルートムック「独立事典2005」にて紹介される

寒い、寒い。本当に寒い。母は、この寒波の中、新潟旅行だ。うらやましいのか、うらやましくないのか、微妙。

さて、ちょっとご報告が遅れたが、リクルートのお役立ち本の、独立事典 (2005)60ページ「なるほど!の事業アイデア 知恵を出せば、資金はいらない」にて、紹介されています。

そうなのよ。ブログにすると資金がとても少なくていいの!だから、儲けなくてもいいのよ。(そうとも限らないが)

しかし、この本はポジティブなオーラにあふれていますね。記者の方も、デスクの方も、そうそうカメラマンまでとってもエネルギーにあふれている。熱すぎる!というよりは、ほんわりとしたあったかくて前向きな。

できれば、独立してからちょっとたっての、「独立はしたもののもうちょっと知りたい事典」ていうのがあったらいいな。たまごからひよこが独立事典だとしたら、ひよこからひなというのがほしい。ん?甘えているって?

まあ、そうですね。

| | トラックバック (0)

償却資産申告書と市民税・県民税について

昨日は償却資産申告書を提出に行った。一応、該当資産なしという項目があったので、それに丸をつけた。

郵送でもよかったが、31日が締め切りだったので、区役所の窓口までもって行きました。さっそく窓口のひとに、見てもらって、提出。もう窓口の人って本当にツカエルのね。ありがたいありがたい。

受付印を押してもらった控えをもって、かえる。

ああ、今日は市民税・県民税の2004年度最後の締め切りだったけど、またぶっちしてしまった。明日払いに行こう。

会社を辞める人!市民税・県民税は、結構払うのつらいから覚悟してくださいね。ほら、会社員になったとき、一年目よりも2年目のほうがお給料減るでしょ?それって市民税・県民税って今年の収入によって翌年ひかれるからです。会社を辞めても、市民税・県民税はあとからついてくるというわけです。それほど高給取りではなかったはずのわたしでも、3か月分を年に4回払うとなると、結構高額をどどんともっていかれますので、つらいのー!!

このつらさからもうすぐ開放されると思うと、嬉しいです。

| | トラックバック (0)

寝込む

土日は寝こんでいました。精神的・肉体的な疲れがどっと出たのと、花粉症と娘からいただいた風邪のおかげ。

ということで、この土日は、新品のPCDimension 4700C(わーい!!)の設定と、友達の結婚式の2次会と、それと懸案のダ・ヴィンチ・コード (上)ダ・ヴィンチ・コード (下)を一気読み。すごかったぁ。

ヨーロッパ社会というかキリスト教の暗部について、いろいろ考えさせられた。この本についてはまた別にじっくり書きたいですわ。まだ、読んでいない方は、思った以上に軽い本なので、お気軽に。6時間あれば、上下読めます。(わたしそれほど読むの早いほうではありません)

| | トラックバック (0)

源泉徴収を市役所に&嵐の一週間

放映後、たいへんなことになりつつも、共同株主をつとめるカフェの株主総会&懇親会、高校の友達の結婚式、大学のゼミの新年会、アフィリエイト関係者のパーティー、遠方より朋来るあり、娘の久々の喘息の発作、わたしの花粉症の暴発、そしてお仕事と、まあ、すごい1週間でした。

めげずにほいほい飲みにいく私も、あれですが。

本日は、1月31日に迫った、各種締め切りのために、市役所へ。

・源泉徴収票
・償却資産の申告書
・学童の申し込みのために源泉徴収のコピーを提出

この3つをやりにいった。しかし、結局1番上しかできなかった。
償却資産はゼロのつもりだが、本当にそうなのかわからないので、一応調べようと思った。(郵送でもいいらしいので、郵送にしてしまえ)

学童の方は、旦那の源泉徴収を忘れていたので、リベンジ必要。

こういう、お役所回り。自分でやるのはほんとうに面倒だが、世の中の仕組みがずいぶん、わかってきた。

子供ができたとき、子供の視点から親の視点にコペルニクス的転回をしたが、会社を作って、同様なコペ転があった。まあ、しばらくは自分でやろう。

| | トラックバック (1)

冷静になって考えること

ずいぶん、冷静になってきました。たくさんのコメントや、トラックバック、直メールもありがとうございます。

特報首都圏についての意見と反省点ということで、現時点での総括をいたしましたので、もしよろしければお読みください。

昨日(24日)、NHKの方とお会いして、報酬を得ていたかのような編集と、役割分担についてのナレーションについて、何らかの対応をしてくださいと、お願いしてきました。詳細を書くことは避けます。

NHKの方への複雑な思いはありながらも、今回、私が伝えたかったことと、NHKの方が私を使って伝えたかったことと、実際にご覧になった方々のいただいた印象が、大きくぶれてしまったことの、責任の一端が私自身にあることの責めからは決して逃れられません。改めてお詫び申しあげます。

認識の甘さ。マスコミによる取材において、取材される側はあくまでもマスコミが伝えたいことを伝えたいための道具であることについて、あまりにも無防備でした。肝に銘じなければと思います。

| | トラックバック (3)

放映されて・・・

まあ、ものすごい反響でした。よくも悪くも。

とくに、映画の感想を書いたことが、やらせのようだということで、チャネラーの方々がものすごく反応なさって。こういうのを実際に肌で感じると、凹むのとともに、やっぱり2ちゃんねらーってすごいなぁと、思います。正直で、鋭くて、闊達で、迅速で。

映画を見てくださいといわれて、感想を書き、トラックバックをしたことについて、対価を得ているという言い方をテレビではされてしまいましたが、レビュアーとして評価されているという対価です。金銭的な報酬は一切いただいていないんですよ。これだけはどうしても言っておきたいです。捏造というものでもなく、評価されているというお金に変えがたい対価という気持ちが、対価という言葉だけが一人歩きしちゃったんでしょう。

でも番組としては、ブログの宣伝効果に目をつけて、すごく成功しているモデルとしてとりあげたかったのでしょう。それについては、いいことだと思います。

でも、ブログでやっていいことと、悪いことってあると思うんですよ。それについて、まるでわかっていないようなとりあげ方をちょっとされてしまったようですが、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]「らむね的通販生活」を本当によく読んでいただければ、決してそんなことがないことが分かってもらえると思います。

映像は、一部の偏ったところを組み合わせて時間を作ることのできるメディアなので、その辺がすごく怖いなあと思いました。正直。

でも、批判的なコメントやトラックバックは、こういうことを経験しないと見られないものなので、ありがたくお受けします。こういう反応って、たぶん、これからの私の大きな財産になるんでしょう。

| | トラックバック (12)

特報首都圏 テーマ「〝ブログ〟 ブームでネットが変わる」

特報首都圏 テーマ「〝ブログ〟 ブームでネットが変わる」にて、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]が、ちらりと取り上げられる予定です!

●NHK総合テレビ(毎週金曜日・19:30~19:55)※首都圏のみ放送 1月21日予定
●NHK衛星第一(毎週土曜日・09:35~10:00)全国放送予定 1月22日予定

土曜日のBSのほうでは全国で見られますので、もしよろしければ見てください。といっても、どの程度、映るかどうかは全くわかりませんので、たった一瞬でも、恨まないで下さいね。

ちなみに、NHKがブログをこのようにゴールデンタイムでとりあげるというのもすごいことだと思います。確実に、ブログが流行ではなくなったということでしょう。

そういう意味でもぜひご覧下さい。

まあ、正直、取材はとてもたいへんでした。丸2日つぶれたかな?でもさすがNHK。とても紳士的な対応で、おもしろい時間が持てました。

まあ、どの程度うつるかどうかわかりませんが、みてやってください。関東以外の方は、土曜日の朝にBSでやりますから。それでぜひ。

| | トラックバック (4)

源泉徴収と年末調整

わからない。全くわからなかった。

とりあえず、12月の給与振込のときに軽く計算して帳尻をあわせたつもりだったが、1月20日の締め切りまでにどうにかしないとと思い、書類一式もって、税務署に駆け込んだ。

1時間、計算から書類の書き方から、みっちりと教えてくれた。空いていたこともあるだろうが、本当に助かった。

年末調整は、結局ちょっと計算が違ったので、もう一度、会社と私とで、精算をしなおすことになる。

とにかく、税務署にいこう。完全な締め切りの2,3日前に、あらゆる書類と、印鑑と、スタンプをもって。

そうスタンプスタンプ最高!!もう住所を書くのなんて大嫌いだからね。スタンプないと、延々と住所と社名を書かされる。スタンプ愛してるってつぶやいちゃったよ。

| | トラックバック (1)

新年会1号

昨日は新年会。横浜の中華街は旧正月の飾り付けで、まるで、香港にでも来たかのように美しかった。

中華街しかし、エライ飲み会だった。あ、楽しかったんですけどね。オーシャンズ11ならぬ、おっさんズ11(含む女性2名)。

華王飯店(中華街大通り)のお座敷で、むっちゃくちゃ食べるわ、飲むわ、騒ぐわ。中心になっている方の人徳か、仕事関係の話も出るが、基本的にやんちゃな感じの楽しい飲み会でした。東芝時代をちょっと思い出すなぁ。東芝のあとで働いていたところは、男性陣がおとなしい人が多かったので、こういう自分と同世代、もしくは上の世代との飲み会はすごおく居心地がよかったりする。

料理もとてもおいしかった。おこげ、エビチリ、ふかひれのスープ。

いろんな意味で、サラリーマンって素敵だなと思った夜でした。また来月もあるお祝いでこのメンバーにお会いできそうで、わくわく!

| | トラックバック (0)

アフィリエイトマーケティング実践マニュアル

これはまたすごい本に出会ってしまった。まだ買っていない人はすぐに注文すべき。アフィリエイトに全く関係のない人も、ない人こそ、買うべきカナ。

アフィリエイト・マーケティング実践マニュアル アフィリエイト・マーケティング実践マニュアル

今、マーケティングというものがどうなっているのかを如実に知ることができる。何が買わせる力なのか、それを企業はどのようにコントロールすべきなのかが、本当によくわかる。アフィリエイターとしても勉強になる。

女性が、男性向けデートマニュアルを読んで何かを学ぶような感覚で、きっと何かが学べる。和田さんって本当にすごい人なんだ。今度会ったら、拝もう。まじでそう思った。

あとねえ、すごく緻密なのです。作りが。全体発想と、細部発想の、バランスが絶妙なんですよねぇ。わたし真似できない~。すばらしい。

緑本とピンク本。何はともあれ、必携です。

| | トラックバック (7)

起業専門コーチ:渡邊有貴さん

起業をするときに一番困ったのが、相談相手でした。「起業するぞ」なんて周りに漏らすと、みんな勝手なこと言いません?わたしをよく知っている人は「お前はこうこうだから、こうしたほうがいい」とか、「そんな夢は無理だよ」とか、もう言いたい放題。

親身なアドバイスは本当にありがたいけれど、みんないろいろな視点から意見を言うので、やもすると混乱してしまう。自分のことをよく知っている人からのアドバイスも必要だけど、それと同様に、もしくはそれ以上に「誰か今の自分の立ち位置を理解してくれて、かつ客観的に自分の気持ちを整理してくれないかなあ」と思ったものでした。たぶん、私はまさしくコーチを必要としていたのだと、2004年暮れのあるパーティーで出会った渡邊有貴さんと会話したときに、痛感したのです。彼女は、コーチとして独立して以来、多数の個人や企業と契約するなど着実に実績を積み重ねています。彼女がコーチという職業を選んだ過程と、起業をしたい人や起業したばかりの人たちに対して行っているコーチングの具体的な内容などをお聞きしてみました。

2004_1215_163555慶応のSFC(総合政策専攻)卒業後、慶応ビジネススクールでMBAを取得したのが24歳の時。ちょうど2000年のITバブルのときで、まわりで何人かの友達が起業したんです。そんな友人たちと事業プランを作成し、ベンチャーキャピタルや事業パートナー探しをしていたときに紹介してもらったのがネオテニーの伊藤穣一さんでした。それと並行していくつかの企業さんから「うちに来ないか」とお誘いを受け、「全部やりたい」という思いから独立し、業務委託契約を結んだんです。だから雇われた経験なく、今で言う"インディペンデントコントラクター"になってしまったんですね。

インキュベーションを行っているネオテニーではビジネスデベロップメントのお手伝いをする傍ら、人事、PRなどのお仕事もさせていただきました。当時のネオテニーはまるで動物園のようで、ひとりひとりがそれぞれの個性を存分に発揮していましたね。すごくいい経験を、自分で自覚することなくさせていただいたと思っています。

コーチングを知ったきっかけは、2002年の6月。慶応ビジネススクールの後輩が教えてくれました。CTI(Coaches Training Institute)のワークショップが私にぴったりだと。参加してこれだ!と思いました。

コンサルタントとコーチングの違いについて問題解決という切り口から説明します。
当時、わたしは戦略やIT、人事系のコンサルタントの方と一緒に仕事をしていました。コンサルタントに必須なロジカルシンキングといったアプローチはたいへん効果的です。問題がどこにあるか、どのように解決していくかをについて、シンプルかつ合理的に説明していきます。私が出会ったCTIのコーアクティブ・コーチングでは、あくまでも答えはその人の中にある、その人が答えを持っているというところからスタートします。だからコーチは聞くことによってその人が既に持っている答えを引き出し、行動と学習を促し、"結果として"問題解決につなげていくんです。パラダイムの転換でした。答えを提供するコンサルティングから答えを引き出すコーチングっていいなと思ったんです。

ロジカルなコンサルティングに限界を感じていたのも確かです。客観的な正論をクライアントに提示し、クライアントも頭では「その通り」と納得しても、体が動かない場合がある。でもその人が動かないと物事は進まない。そして、せっかくのコンサルティングが活かされない。そんなケースをいくつか見ていました。コーチングは、クライアントさんその人が見ているものを横から一緒に見ていく。そして、クライアントさんの考え方の癖や、枠組みについて徐々に明らかにしていく協働的なパートナー関係です。
とても暖かく、ワクワクする関係。コーチングを通じてクライアントさんとコーチである自分の大きさも感じることができます。まさに、人間のでっかさを感じるんです。本当に自分にとってライフワークだと思っています。

コーチングに魅力を感じて、CTIのプログラムを受講し、コーチとしての仕事も請けはじめました。
2004年の9月には、コーアクティブ・コーチングの認定資格のプログラムを受講し、CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)という日本ではまだ50人程度しか取得者のいない資格試験に合格しました。現在、企業との契約とは別に個人のクライアントさんが15名、いらっしゃいます。電話でのコーチングが主体です。10日に1回、40分というのが一般的なサイクルです。クライアントさんはさまざまで、大学生や事業家、50代ぐらいの方まで、男女問わずいらっしゃいます。主婦の方もいらっしゃいますよ。コーチングに興味を持っている方が多いですね。口コミでクライアントになっていただくことがほとんどです。クライアントになっていただくのに条件を2つ出させていただいています。1.自分自身に興味を持っていること。そして 2.本当に変わりたいと思っていること。この2つがそろっていてコーチングに臨んでいただければ、コーチングはとてもあてになるパワフルなものになると思います。

私自身もコーチングを受けていて思うのですが、自分の可能性を自分以上に信じてくれる、自分の存在の正しさを揺ぎ無く信じてくれる、コーチってそんな存在なんです。だからとても勇気が出る。家族や恋人だと近すぎて言えなかったりすることがないですか?利害関係が直接的で、言えないこともありますよね。コーチは聞くことのプロです。どんなことを言ったとしても、そこにある思いや本当の気持ちに光を当て、行動と学習を促し、変化を起こすサポートをする存在です。だからこそクライアントさんは心のそこに溜め込んでいることが本当に言えるんです。今の自分のありようを全て出せる。そしてそこにある自分の思いを確認し、行動につなげる。普段の生活の中で定期的にそんな時間を持つことが、本当に貴重だと言っていただいています。

コーチとしてうれしいのは、クライアントさんが変化を遂げていくのを見られること。短い人で3ヵ月で結果が出てきます。クライアントさん自身が自分で変化を起こし、目標を達成していくプロセスを見るのは自分のこと以上にうれしいですね。

コーチングのプログラム自体はアメリカから入ってきていますが、ヨガやマクロビオティックと同様、東洋的な良いものがアメリカで注目されて体系化され、日本に帰ってきたと理解するのがいいのではないでしょうか。東洋で暗然と受け入れられているものを、アメリカが吸収する過程で、言葉によって具体化された、といった感じです。日本文化の良さだと思うんですが、柔道など、横にいて見て盗めではないけれど、言葉ではなく時間をかけてじんわりと伝えていくという独特の伝え方がありますよね。アメリカではそれは通じないので、あいまいなところをすべて言葉でうめていくんです。そうすると一種の具体的なプリンシプルが生まれる。そして多数の人に伝わる力が備わるんです。もともとコーチングはとても東洋的な「道」に通じるものだと私は思っています。

これからの夢としては、学びの共同体的なものを作って行きたいですね。レクチャー型ではない、ワークショップ型の学びの場、そこで切磋琢磨、成長していけるような場に関わっていたいです。現在、大学院の恩師である高木晴夫先生と一緒に論文を書いています。大人の成長やリーダーシップに関する論文なのですが、そういった研究を実践につなげることもしていきたいと思っています。具体的には2005年の2月から、起業・SOHO系の人を対象に、失敗や悩みを成長に変え、自分に対してリーダーシップを持つということを目的としたワークショップを始めます。そこでは、結果収束型のディスカッションではなく、自分自身が何を考えているのかに気づき、それぞれがそれぞれに成長するようなグループセッションを目指そうと考えています。現在、女性起業塾で講師もさせていただいていますが、講師というよりもパートナーとして関わらせてもらっています。私が関わる仕事、全てにおいてこの学びの共同体を作っていくこと。これを大切にしていきたいと思います。

それからもう一つ、コーチングの未来についてお話をしたいと思います。私はコーチングって掛け算だと思っています。「コーチングと医療」、「コーチングとホテル」など、さまざまな掛け合わせで、協働的な人間関係をベースにしたコミュニケーションと目的の実現に向けたサポートができると思います。
本当は「コーチング」という言葉がなくなるぐらい、人とのコミュニケーションのなかでコーチング的な
関わりが当たり前になればいいなぁと思っているんです。誰もが周りの人の成長を喜び、そのために協働的に関わりあう世界。素敵だと思いませんか?そういった意味で、仕事でもプライベートも常に協働的であることを体現していきたいと思います。

長期的な夢としては、パーマカルチャー・農業・中国医学などに魅かれる自分がいるので、それを大切にしたいなと思います。あと、20年後くらいのイメージとして、和服を着て平屋の日本家屋に住む自分が浮かびます。日本の良さを大切にしている自分がな
ぜか目に浮かぶんです。

普段ですか?今はとりあえずドラクエに夢中です(笑)。昔から大好きなんです。ドラクエをやると、普段自分が立てていないアンテナが立つっていう感覚が嬉しいですね。やっていて楽しくてたまらないっていう感じがあります。真面目な話をしてきましたが、本当は息を吸っていてもはいていても大笑いしていたい、そんな人間です。(笑)

●起業しようと考えている方々へのコーチングの導入へのアドバイス
・何か決断をしなければいけないような場面では、コーチはたくさんの選択肢の中から、あるべき選択ではなく、その人が一番力を発揮できる選択肢を一緒に探し、選択し、行動につなげるお手伝いをします。
・ 自分の存在や事業について自信がもてないような場面では、コーチはその人らしい価値観を見直す作業をします。ミッションが見えると、腹に落ちるというような、身体的な深い納得感が得られます。

■渡邊有貴さんにコーチを受けたいとき●時間的・予算的な相談は、とりあえずメールにて。
●コーチングを無料で体験できるサンプルセッションを行います。
●その後、合わないなと感じた場合にも気軽に言っていただければ渡邊さんの
ネットワークで別のコーチの方を紹介してくださるそうです。

■インタビュー後 現在、さまざまな人がコーチという名刺を持っているなかで、実際にコーチングを受けたいと思っても、どのように探せばいいのか迷う方も多いでしょう。また、興味はあるけれど、実際に受けてみるには敷居が高く感じている人も多いでしょう。私もコーチングには大変興味があって本もたくさん読んでいましたが、彼女の話を聞いて、改めて目からうろこの瞬間がたくさんありました。コーチングがとても東洋的なものであるという話には同感。自然体で、柔らかくて、だけど知的で。コーチとしてはもちろん、それ以外でも長く付き合って行きたいと誰にでも思わせる、魅力的な女性でした。

| | トラックバック (1)

筆ぐるめ  年賀状作成ソフトは便利

年末からお正月にかけて、風邪を引いて寝込んでしまった関係で(それだけではないんだけど)、今頃、年賀状を作っている。すみません。年賀状の神様。

今までは、かたくなに年賀状作成ソフトを拒んでいた。というのも、宛名を万年筆で書きながら、その人のことを思うのが、年賀状の意義だと思っていたから。(今でも思ってはいるんだけど)

だって、全然肉筆書かなくなっちゃったじゃないですか。だから、お正月くらい、自分で文字を書きたいし、その時間こそが、重要だと思うんだよね。表を印刷して、裏を印刷して、誰に送ったかもわからないようなインスタント年賀状は、もらうのはあれでも、送りたくないなぁと常々思っていました。

が、が、が。

便利ですね。

筆ぐるめ Ver.12 DVD版
筆ぐるめ Ver.12 DVD版

これは、名刺管理もできるので、ほんと季節に関係なく購入しておいていいのでは?ほんと、こんなに便利なんだぁと嘆息してしまった。

年賀状だけでなく、さまざまなテンプレートがあるのもホント便利。買うタイミングとしては、退職のときをおすすめする。退職の挨拶状が簡単に出せる。

そんなわけで、年賀状に退職のあいさつも入れ込んでいるわたしであった。

筆ぐるめ

| | トラックバック (0)

2004年に何かやった人

2004年組というのを作ろうと思っている。

・2004年に転職した
・2004年に会社を起こした
・2004年に出版した
・2004年に・・・・・

などなど、なんか大きな変化を自分で起こした人の同窓会だ。
一応、飲み会を毎年2月4日にやる。

第一回目は2005年の2月4日 金曜日に行われる。(はず)(2月5日土曜日と何を考えたのか書いてしまいました。2月4日が正しいです)


どうぞ、それに該当する方、トラックバックか、コメントか、直メールください。
詳細はまたここでお知らせします。

そんなこんなで、2004年。ほんとうにブログの神様、ありがとうございました。来年もよき僕でありたい、わたしです。読者のみなさんに幸多かれ!

どうぞ2005年もよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

楽天売上げベスト30

先日取材を受けた、
楽天売上げベスト30
がアップされているのに気が付いた。

去年も同様の取材を、雑誌で受けたが、コンタクトやブラもの(業界ではおっぱいものというそうだ)など、去年からの常連が強い傾向。

あと、一位のラテラルなど、テレビショッピングで強いものが、ネットでも強くなっているというのが興味深い。

テレビショッピングや楽天ランキングがマーチャンダイジングのねたとして、確立されているということか。

来年への楽天への期待をたずねられたが、もう楽天イーグルスしかないでしょう。来年は。期待していますよ。いろんな意味で。見に行くし。大宮駅から近いし。

| | トラックバック (0)

アルファブロガーを探せ!

最近、よく会う人がいる。それが、アリエルネットワークの徳力さん。きっと徳力さんはわたしのことをストーカーだと思っているだろう。正直、わたしも徳力さんは私のストーカーだと思っている。お互いに、相手のことをストーカーだとおもっているに違いない、そんな仲である。

さて、かれは、共同編集型のニュースサイトのFPNの主催者でもある。現在、FPNでは、「アルファブロガーを探せ」という企画をやっている。

米国では「毎日20,000もの影響力のある読者に読まれている」ブロガーをアルファブロガーと呼んでいるそうです。(Ad Innovatorより)

 そういえば、FPNが対象としているような「未来を創造するのに役立つブログ」、「ビジネスパーソンに影響を与えているブログ」というようなブログの一覧って無いなぁという話になりました。

 それなら、みんなで探して見ようよ、というのが今回の企画です。

ということで、現在、人気投票をやっているのだ。

ぶっちぎりで、このサイトが選ばれる。ということはまず考えられないが、みなさんもぜひ、投稿してみてください。私は、自分のブログを書くので精一杯で最近、「未来を創造するのに役立つ」ようなブログを見に行っていない。情報収集しなきゃ。(といいつつ、「冬のソナタ」完全版に涙するわたしでした)

| | トラックバック (2)

祝!会社設立 半周年!

みなさんのおかげで、どうにか半年やってこられました。7月は何故か売上げがあったのですが、8月はゼロ。そこから、なんとか毎月以前勤めていた会社のお給料分くらいの売上げが立つまでにはなりました。みなさまのお陰です。

来年はまたいくつかプロジェクトのお誘いを受けているので、会社のサイトでも、新規の営業は止めている状況。正直、ここまでなんとかなっているというのは、予想外です。

とにもかくにも、ブログという時流に、稚拙な形でも乗り出したおかげだと思います。来年は、このブログというもののちょい先を捉えた、プロジェクトを考えています。

この半年を振り返ると、何年か分くらいのたくさんの人と出会えたことが何よりも、うれしかったですね。特に、ブログやアフィリエイトなど、今、もっとも熱い場所にいる人たちにたくさん会えた。

それから、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]を立ち上げられたというのも、ものすごいことだと思う。理想としたイメージがあって、なんとか形にできた。スタッフのみなさんにも感謝ですし、その何十倍もの方々に、本当にお世話になった。つくづく感謝です。

1周年までに、もう2つくらい何かおもしろいことができたらいいな。ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]もますます充実させたいし、また違った角度のブログをやってみたい。もうドメインはとってあるんだけど。

ということで、ここを読んでいるみなさま、半年間ありがとうございました。これからの半年間も、花粉症に負けずにがんばります。

| | トラックバック (0)

経営者の責任

自宅にいるときは、7時のニュースからずっとNHK BS2にしておいて、朝のドラマ小説の名作シリーズを見ている。現在は、あぐりをやっている。

あぐり 完全版 DVD-BOX あぐり 完全版 DVD-BOX

これは本当に名作だ。シナリオの言葉がすばらしい。特にわたしは、主人公のあぐりの美容院の上司である、チェリー山岡(名取裕子)の放つ言葉に、いちいち感心している。ちなみにこのチェリー、山野グループの創始者がモデルらしい。

先日の彼女の言葉。「経営者は、関わる人の全ての幸せを考えるものよ」
どんなに嫌われても非難されても、必ず、関わる人の一人一人のことを考えるという言葉。もちろん奇麗事と言われるかも知れないが、でも特に美容院という女性を中心とした会社を運営する場合、本当にこういう姿勢は大切だと思うのだ。

株主を幸せにすること、社会に貢献すること、そういうことももちろん重要だけど、関わる人、全ての幸せを考えるって一番小さな第一歩、全ての基本のような気がする。

そのほかにも、毎日、いろんな素敵な言葉が溢れたあぐり。今からでも遅くないので、平日夜7時半からBS2をどうぞ!

| | トラックバック (1)

インディペンデント・コントラクター 秋山進さん

ブログってすごいなあと、本当に思う。
以前、インディペンデント・コントラクターのことを書いて、著者である秋山さんに会いたいなあと書いた。そうしたら、ご本人から「会いませんか?」とメールが来たのだ。(いたずらメールかと思ったほど、びっくりした)

たまたま共通の知人(お互いにとってとても大切な人)がいたこともお声がけいただいた理由の一つにはなっていたのですが。いろいろお話したら共通の●×(お互いにとってとても●×な人)がいたりと、うーん世間は狭いなぁと、つくづく思いました。

すごく気さくな方でした。メディアから伝わってくる人物像は、怜悧な感じさえある、とにかくクレバーな方だったのですが、実際クレバーではあるけれど、関西人らしいとっつきやすさがあって、初対面でかつこちらはとても緊張していたのですが、話していくうちにすごくリラックスできました。たぶん、卓越したコミュニケーション能力が備わっているのだろう。ほんと、おもしろかった。来年以降の、インディペンデント・コントラクターの可能性についての示唆が、心に残った。

この日は、その後、もう一人のインディペンデント・コントラクターにお会いしている。この方もすっごく素敵な方。美人。また別の機会に取り上げたい。
ということで、栄えあるこのブログの人物ファイル第一号は、わたしへのブログサンタさんからのプレゼントのような出会いをした秋山進さんだったのでした。

このブログに会いたいと書くと、すごい人にどんどん会えるような気がしてきた。今、すごく会いたいのが田坂広志さん。ご連絡をお待ちしております。

| | トラックバック (2)

橘川さんパーティー

やきそばパンの逆襲
やきそばパンの逆襲

橘川さんの著書は、いろいろあるが、わたしはこれが一番おもしろかった。彼の主催する、忘年会に行ってきた。学生から、有名企業の社長まで、まあ本当にいついってもいろんな人がいる。すごい人脈だ。ジャングルみたい。

夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノートの岡崎太郎ちゃんや、メール道の久米さんなど、知り合いがたくさん来ていてうれしかった。

QVCの佐々木社長ともずいぶん久しぶりだったが、いろいろとお話を伺って、おもしろかった。TVショッピングは、これからもっともっと行くな~。

昼間は、ブログ関係の風雲児と、午後はドリームゲートでコーヒーを飲んでと、あわただしい一日だった。というわけで、この大宮大和田店のほう、実家の至近距離です。母なんか、もっとも近いスーパーとして、しょっちゅう、ここ利用しているので正直、背筋が寒くなりました。被害者のかたのご冥福をお祈りいたします。

| | トラックバック (0)

インターネットマガジンを隅々まで読む

インターネットマガジン

最近、必ず読むのが、インターネットマガジン。なんだけど、これなかなか近くの本屋では売っていないんだよね。なんでだろう?大宮は大きな本屋さんには恵まれているんだけど、なぜかことごとく扱っていない。だから、都内に出るときに買うんだけど。

こういう必ず買う雑誌は定期購読が便利だと思う。ちょっと重いしね。インターネットマガジンはわたしがホームページを作るきっかけにもなった雑誌。西田編集長になってから売上げもずいぶん上がったらしい。ブログとアフィリエイトをとりあげて飛躍したことでは、わたしもあやかりたいものだ。先日、パーティーでお会いした時に、次は何ですか?と聞いたら、それがわかったら苦労はない的なことを言っていた。そりゃそうだ。

| | トラックバック (1)

有限会社がなくなる!?

法制審議会にて、有限会社の廃止がとうとう本決まりするとのこと。ちなみに、引き続き、有限会社 スタイルビズを名乗ることは可能なようです。

というわけで、このサイトの名前も、変えないといけませんね。

会社設立(有限会社から始めて) 奮闘記 by 村山らむね

とかにしようかな?

資本金ではなく、会社の取引の大きさによって、法人の義務を変えていこうという方向にいくのだと思いますが、スモールビジネスがやりやすい方向になるといいなあ。


2004_1202_152756

きっと、アントレなどで解説があることと思います。ちゃんとみなさん、理解しておきましょう。

「といってるおまえが一番、わかってないだろ」って、ものすごく多くの人たちがつっこんでいると思います。まるで耳元で聞こえるようです。

| | トラックバック (0)

清原に思う

清原はどうして、巨人にこだわるのか。

経営者からみて、使えなくなった古株ほど、扱いに困る物はないだろう。正直、私も他人事ではなかったと思う。

会社で長年勤めると、自分が歴史を作ってきたと勘違いしがちである。あのフローも、あのしくみも、全部自分が手がけたと、思ってしまう。そう思わないと自分の存在意義がなくなるから、まるで逃避のようにして、今、会社があるのは、自分ががんばったからだと、思おうとする。

今、会社を離れると、それがいかにアホなことかわかる。古い功績のある人間こそ、新しいものを生み出せなくなった途端に退くべきなのだ。辛いけど。

だから清原を見ていると、本当につらい。一度、視点を別の角度に移してみるといいのに。いつか指導者になって、堀内の視点で見れば、いろんなことがわかるのかな?

とにかく、清原。私は、少なくとも、応援しないぞ。昔の自分を見るようで痛いから。

| | トラックバック (1)

IBMが中国企業に買収される!

IBMのパソコン部門が買収されましたね。びっくりです。

Think Padは、愛用者も多いのに。IBMブランドは残すそうなので、まあ、いいんですが。

しかしびっくりです。

こういうブラックジョークみたいなこと、どんどん起きるでしょうね。

全日空が、上海航空公司に買収される。
とか、
松下が、海爾ハイアールに買収される。
とか、
ウォルマートが、上海永安公司に買収される。

うーん、マンダム。(だから古いって)

スタンリー・キューブリックもさぞやびっくりだろう。HALじゃなくって、聯想かよ。と。

| | トラックバック (1)

わたしがへたれるとき

仕事で失敗したり、うまくいかないことがあったり、そういうときは、意外と元気になる。「ここがきめ時!」と、張り切れる。

夫婦喧嘩はしないので、へたれない。そんな獣王無敵な私でもへたれることはある。それが、昨日。今週、こんなことを書いてしまったから、いかんのか。

娘の友達のお母さんから電話があった。まあ、俗に言う、「おたくの娘さんが・・・」というやつである。

へこたれた。あやまったが、なんともいえないざらついた気持ちになった。娘も悪いが、それほどのこととは思わない。

子供はいい子に育てたくない。いい子に育てると、わたしのようになってしまう。(自慢しているのか、自虐的なのか、読む方におまかせする)わたしは今はいい子ではないが、人生の途中まで、ものすごくいい子だった。それに本当に苦しんだ。

いい子とは、親にとって都合の「いい子」と紙一重。だからといって、こういう電話もらっちゃうと、すごく辛い。やっぱいい子がいいわと、思う。

子育てはこういう悩みの連続。ということで、今日は、ゆっくり仕事をさぼった一日だった。わたしだって、さぼるよ。

| | トラックバック (0)

永遠のライバル

先週の宴会週間がようやく明けて、今週からは、自宅でお仕事週間。といってもほとんど日中はでていますが。

先週の楽しい情報交換もかねた宴会の数々の中で、どうしてもすっきりしないことがあった。それが、木曜日。三井不動産の大崎ゲートシティーで開催されているMOCという定期的なセミナーがある。そこのクリスマスイベントで、須川 展也氏のサクセフォンを聴きながらディナーを食すというすばらしいイベントに招かれた。来年早々に、わたしはそこで講師をやるのだ。

友達といった。大学時代の親友だ。
何がすっきりしないのだろう?

商社マンの夫と、郊外の一軒家に住み、子供のお母さん方との関係に苛立ち、4月から派遣で働いている。株で儲けてハワイに行ったり、人間関係にうんざりしながらも、来年はまた駐在で、ニューヨークかヨーロッパ。そういうことを周囲につい吹聴するために、ますます嫌われているらしいが、意に介さない。

とにかく昔から一緒にいると本当に疲れるやつなんだ。本人、自慢しているつもりはないんだけど、もう、すさまじい自慢の嵐。こちらは「はいはい、はいはい」と聞くしかない。他の友達に「よく我慢できるね」と言われるが、慣れた。

うらやましいというよりは、今の彼女を見ているとはがゆい。昔のように心から自慢していない気がする。なんか自分の可能性をセーブしていて、それをまた自慢している。

でも、わたしもこう見られているんではないかなと、ぼんやり思う。わたしも誰かをこんなふうに疲れさせているのかな?

彼女とは腐れ縁。ずっとずっとつきあいたいとは思っている。大切な友達。だからこそ、なんというかすっきりしない気持ちを、どこかにぶつけたいんだよねぇ。

30代の女性がかかえる、他人が幸せなのは許せないという気持ち。彼女の周囲にはそれが渦巻いているらしいんだけど、彼女自身にもあるだろうし、たぶん、わたしにもあるんだろう。やだなぁ。

何を言いたいのかじぶんでもわからないけど、オンナはやだなぁと、久々に思った。ワーキングマザースタイルを作るくらいで、基本的にわたしはオンナ好きなんだけど、久々にオンナというものの嫌な面を思いっきりクローズアップされた日だった。

幼稚園のお母さんたちの人間関係が嫌で、子供を保育園に入れるために、無理やり働く女性がいるということは知ってはいたが、そういう人間関係のごたごたが、日常に溢れていて、自分の親友もその真っ只中にいるということに驚愕したのであった。

| | トラックバック (0)

源泉徴収と年末調整

昨日は、法人会というところの源泉徴収と年末調整の説明会があった。まず法人会というのが怪しい感じがして、ものすごく警戒していった。でも講師に税務署の人がくるので、そんなにあやしくないだろうとかまかけて。

結局、法人会は伝統ある組織のようなんだが、私のように起業したてのひよこに群がる怪しいビジネスもほんと多く、へんなDMがたくさんくる。(ためいき)

ところで、源泉徴収と年末調整。

実は、11月にはじめて自分に給料をはらったが、そうそう税金分を差し引くの忘れていた。まずい。

調整しなければ。

ほんと、源泉徴収とか、年末調整とかサラリーマンだった頃はらくだったなぁ。結局、全然わからないことだけはわかったので、もう一度勉強して、税務署に足を運ぼうと思っている。

| | トラックバック (0)

あわせて何百万PV?

昨夜も宴会。出席者は全部女性だったが、彼女達が主宰するサイトのPVを合わせたらどのくらいになるのだろう?途方もない宴会だった。

1年に2度ほどあつまって食べて唄って。久々にカラオケをして、尾崎紀世彦と宝塚の歌を歌った。(大丈夫か?わたし)

あー、楽しかった。4月に退社して以来4キロほど体重がおちていたが、この2週間くらいで戻っている。うーん、やばい。このまま雪だるまのように太るのか。

このブログ、旦那に見られたらやばいなあ。それから、一番見られてまずいのは、実母だ。絶対にこのブログの存在を言わないで下さい。お願いします。

| | トラックバック (0)

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]に超強力新人加入!

12月1日より、新スタッフが一気に5人加入します。それぞれ魅力的な女性ばかり!
プロ野球にたとえると、一場とダルビッシュと野間口と那須野と久保が一気に1球団にはいったようなもの。すげー!!もう、来年のペナントレースはもらったぜ。(ていうか、投手ばっかりじゃん)

●浦島あきこさん
育児休職明けのサラリーウーマンー・ワーキングマザーを満喫中!

●京太(平戸京子)さん 
ご存知デジタル系の超大物!絵文字師を極める、ネットのカリスマママ!

●相川朱保さん
離婚にめげず、遠距離恋愛満喫中!パワフル&ポジティブマザーは世界を駈ける!

●大橋ゆりさん
その独特の感性で定評のあるクリエイター。仕事仲間にもママと慕われるほど。

●竹之内ふうこ
なんでもござれのプログラマー。このサイトのテクニカルアドバイザーになる予定(?)。

こんな素敵な5人が加入して、ますますそれなりに熱い、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]をよろしく!

| | トラックバック (0)

東京の空

朝から、クライアント、広告関係の企業からのヒアリング、そして宴会と、めまぐるしい一日。

クライアントの打合せでご一緒したデザイナーの方と、久々に、隋園別館に行きました。まあまあのおいしさ。もっと劇的においしいことを期待したが、そこまでではなかった。派手な外観、地味な内部、不機嫌なウェイトレスさん。

ヒアリングのために訪れた高層ビル。そういえば最近、空が綺麗になったなあ。明らかに石原知事のお陰だろう。賛否両論あるが、この点に関しては、もろ手をあげて感謝したい。埼玉県もがんばれ。

宴会は、濃い。とにかく濃い。

あの濃さの中で、わたしだけは薄いと、ずっと自分に言い聞かせていた。でもなんか本音をどんどんさらけ出せる場。考えてみればすごい人たちと飲んでいたんだ。(ウーロン茶を。私は下戸)

ディズニーランド疲れはようやくとれたのに、妖怪ランド疲れが押し寄せているような、そんな感じ。
(祈る、彼らが読んでいないことを!)

| | トラックバック (0)

ディズニーランドとは何か?

ディズニーランドに行くと、日本人の勤勉さに、正直、腹が立つ。

どうして遊びに来ているのに、そんなに君たちは段取りがいいんだ?

・2時間前からパレードの場所とり(1時間前からしかシートは広げられないので、なんというか上手に場所とりをしている)
・朝8時から開けてるんじゃないよ。(10時に到着し、すっかり朝一番だとおもったら、もう2時間も営業済みってなによ?)
・11時にすでに夜のディナーの予約ができないってどうよ?
・なんでみんなそんなに急いで移動しているの?タイムスケジュール組まないでよ。
・次どうするか、どこで落ち合うか、みんなビジネスマンのようにマメに連絡を入れあっている。

とにかく我が家のように全く下調べもせずに、行くと偉い目にあう。
それでもなんとかファストパスというものを利用して、並ばずにアトラクションに入れるとか、夕飯を夕方の4時にはたべてしまう、なんていうテクも使えるようになったけど、ほんと、疲れました。

なんで、そんなにみんな勤勉に遊ぶの?たぶん、ディズニーランドの成功の一因に、日本人の勤勉さをじょうずにくすぐるタイムスケジュール管理というのがあるに違いない。

「ママ、ちょっとまって、ここみたい」との声に、「駄目よ、うんたらが○時からよ。急ぎなさい」といっている自分にぞっとする。たぶん、ディズニーランドは、忙しいからロングセラーなんだろう。参った。

ところで、のらくらな我が家のディズニーランドのおすすめスポットは

・トゥモローランドのコカコーラ提供の広いファストフードショップ
⇒たまにバンドが大音響でがなりたてるが、広いためにスピーカーのないところに陣取れば寝れる。

・魅惑のチキルーム
⇒全部通して見ることがいまだかつてできないほど、睡魔に襲われる。ただ、館内が寒いので、あったかくしてから居眠りすべし

・ミッキーマウスレビュー
⇒奥の部屋に通されたら、即寝。5分間くらいは熟睡できる。

・北斎
⇒コーヒーがおかわりOKなので、4時に入っておけば粘れる。寝れる。あったかい。三拍子揃ったレストラン。
(ちなみに、ステーキ丼はあまりすすめない。それ以外は概ねおいしい)

高いお金を払って寝るなんてとおもうかもしれない。でも、遊びに行くなら、まったりできないと。

といいつつ、パレード開始の数分の遅れに激怒しながらも、次はいついこうかとぼんやり思う、わたしでありました。(結局は楽しかった、らしい)

| | トラックバック (0)

第4回 アフィリエイトカンファレンス

行ってまいりました。すごい熱気でした。今回のテーマは「アフィリエイトとブログ」

当然、わたしは興味のあるところ。だって、アフィリエイトとブログを融合するために、起業したんだもん。どっちかだったら、起業しなかった。

かなり濃い内容だった。というか、濃さと薄さのペイズリー。(なんだそりゃ?)

インターネットマガジンの西田編集長、はてなの伊藤さん、ネタフルの小暮さん、カリスマアフィリエイターのあびるさん、絵文録ことのはの松永さん、そして、はなまるというアフィリエイトサイトを運営する川村さんという布陣のディスカッションがむちゃくちゃおもしろかった。みんなばらばらで。

ネタフルの小暮さんのあの投稿のまめさの影に隠れた努力に感動。その後の懇親会ではレッズの話題で盛り上がった。会社員であれだけのサイト運営、レッズのサイトもすごいし、いや、すごいすごい。同じ県人としても尊敬します。ネタフルと絵文録ことのはは、大好きなサイトなので直接お話を伺えて、感動した。あびるさんの本についてはまた別の機会に申し述べたい。

アフィリエイターのみなさんの司会進行の雰囲気がとてもよく、頭が下がる思いだ。みなさまお疲れ様でした。

とにもかくにも、今年はアフィリエイトとブログに明け暮れた一年だった気がする。来年はなんだろう?というか、ものすごいアイデア(結構、陳腐)を思いついてしまった。2月にはそれをやってみたい。

ちょっと思ったけど、わたし今「らむね的通販生活」100ページくらいなんだけど、額は少ない(笑っちゃうくらい)が、筋がたいへんいいことに気が付いた。なら、更新しろよとおもうんだけど。でも、ここのように毎日は更新していない。やっぱりアフィリエイトというものについての考え方が、頑固なんだろうな。アフィリエイトを導入するのにもものすごく抵抗があったし、現在もネタの5割はノーアフィリエイト。ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]にいたっては、他のスタッフのクッキーを邪魔しないように、アマゾンと楽天はわざわざIDを消して投稿する始末。(意外と手間)

これってある種の逃避かな?とも思うが、「本当にお金がほしけりゃ、やめてない」という言葉を繰り返し言い聞かせ、わが道をいく、冬の夜。

明日は、というか今日は家族でディズニーランド。
ミッキ―に会えませんように。(ミッキー苦手)

| | トラックバック (3)

思考は実現する

ってよく言いますよね。ほんとですね。それ。

この人からはきっと何かくるだろうと思うと必ずと言っていいほどメールがくる。怖いくらいに。
あまりに思った通りなので少々ビックリしている。


ところで、先日だんなが富山に出張にいった。そこで、月世界と鱒のすしを買ってきてくれたが、鱒の寿司。おいしすぎるー!!

ほとんど全部あっという間に平らげてしまった。夢に見るほどおいしかった。。。

富山の人はあんなにおいしいものを毎日食べているのか?ずるいぞ。月世界は、ちょっと。あまり好きじゃないかも。

レギュラーの仕事もすっかり安定してきたし、そろそろ、次のサイトの準備をしようかなと、思う今日この頃でした。

| | トラックバック (0)

辛い質問

最近されると辛い質問が2つある。

「初年度の売上目標は?」
「従業員数は?」

まあ、数という物は客観的に評価できる手段ではあるでしょうが、たまぁーに辛くなる。

でも、売上目標はわたしもかならずECショップのコンサルをするときは立ててもらいますからね。同じアナの狢ですが。

従業員数という事に関しては、これからは一人会社、一人法人って多くなるのでは?みんなが独立志向になってくると、インディペンデントコントラクターとか、フリーエージェントとか、そういった一人で仕事をマネージメントする人たちが多くなってくるだろう。

インディペンデント・コントラクター 社員でも起業でもない「第3の働き方」
インディペンデント・コントラクター 社員でも起業でもない「第3の働き方」

この本もおもしろかったし、秋山さんもとても魅力的な方だそうだ。一度お会いしてみたい。

| | トラックバック (1)

ハッピーキャリアの法則

感動した。日経ウーマンの編集長、野村さんの講演を聞きに、後楽園そばの文京シビックセンターに行って来た。感動した。すばらしい講演だった。

日本の働く女性のロールモデルを確立するために、2000年から始められたウーマンオブザイヤーの大賞の方々の、それぞれの成功に秘められたもの。それぞれ軽く成功されたように見えるけれど、修羅場を逆にチャンスにかえるしなやかさで、より大きなものをつかんでいる。すごいなあ。

ウーマンオブザイヤーではないけれど、アテネで活躍した吉原選手の話は圧巻だった。

僭越ながら、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]の紹介もさせてもらった。知り合いが随分来ていたらしく、「挨拶よかったですよ」とのメールをたくさんもらった。ありがとうございました。

happy.jpg


すごく元気になって、帰宅してからは、じじ&ばばの誕生日会。蟹、すし、ビーフシチュー、ケーキで、おなかがかなり苦しい。あなたがたがいなければ、私はいません。生まれてきてくれてありがとう。

| | トラックバック (0)

グリー会社設立おめでとう!

おめでとうございます。利用者の一人として、本当にうれしいことです。

ORKUT、GREE、mixi のおかげでどれほど私のビジネスは大きく前進したか。本当に本当にありがとうございます。
そして、これから、ますます広がりをみせるであろう、ソーシャルネットワークサービス。

たぶん、GREE、mixiは、割とパブリックなソーシャルネットワークサービスとして、また、シークレットなブランドロイヤリティーなソーシャルネットワークサービスも、今後、多数でてくるだろう。すでにいくつか出てきているし。

ほんと、今年は、GREEとmixiとSIX APARTに個人的に賞をあげたい。だって、本当にこれがないと私の今はないんだもん(涙)

ほんとうにありがと=====!!
これからも期待しています!

| | トラックバック (0)

EC協議会パーティー

EC協議会がNPO法人になったのを記念して、帝国ホテル(!)にてパーティーがあったので出席。

ものすごい熱気だった。お店の店長さんたちが、自信をもって、成功者として、参加なさっていたことに感激した。

パーティーのときにいつも思うけど、コネクターとして、誰かと誰かをつなげることにものすごくがんばる方がいる。そういう人たちのおかげで、今までもたくさんの出会いをいただいた。わたしもそうなるべく、いつもパーティーでは頑張ろうと思うんだけど、ついつい、あっあの人と名刺交換したい!と私欲が出てしまい、なかなかそうならない。

このNPO協議会では、平山さんがそういうコネクターとして、八面六臂の活躍をしている。

お土産やお花をたくさんいただいて帰宅。ビッダーズの南場社長とも久しぶりにお会いできた。南場さんからのお花はセンスに溢れていて、みんな絶賛。せっかくお花を贈るなら、センスにもこだわるべきなんだなぁとつくづく実感。

| | トラックバック (0)

すっごく気の重い仕事

はあ、この1ヶ月ずっとずっとすごおく気が重かった仕事がようやく終わりました。18日、19日と、ブログの講座の講師だったんですが、ほんときつかったぁ。

2日間で全員PCを使ってやるというのは、結果的にまあまあよかったです。ただ、PCはものすごく不安定だったので、迷惑を被ったかたもいたようですが、実際に触りながらの作業だったので、概ね、好評でした。

問題は、ブログをほとんど知らないという人と、MTを自分でインストールしてわたしなんかよりもずっと美しいデザインのブログを作っているひとに、同時に満足させるために説明をするというところが本当につらかった。まあ、ストレスを感じている人ももちろんいたとおもうが、私なりには75点と思う。よくがんばった。そしてもう一歩。

こっちは講座を聞きに来る人のレベルを選べないですからね。いやー、つらかった。6時間を2日間で、12時間。そして、2日間で睡眠3時間。まじで、よくがんばった。12時間の講義だと、同じくらい、いやそれ以上の時間の準備がいりますからね。

あー明日から、ためていたやりたい仕事を、あれもこれもあれもこれも全部全部いっぱいやっちゃうぞお!

たまに、こういう気の重い仕事を入れると、普段のルーチンが相対的にとっても楽しくなるから、それはよかったな。あと、生徒のみなさま、すばらしい出会いに感謝します。これからですよ!

あー、うれしい。ほんと。学生時代のテストが終わったような爽快な気分。これからご褒美に、花様年華を見るんだ~

| | トラックバック (0)

ブログを教える

昨日、本日と2日間にわたって、キープラネットのパワーアップ講座、「ブログを極める」の講師をやっている。

全員PCを触りながらの講習。なかなか面白かった。(というかこれからもう一日あるんだけど)

作る喜びみたいなものがどんどん伝わってきて、こちらも感動する。

かなりキワモノな情報もお伝えしていて、目からウロコだったとおっしゃっていただけたり、PC自体をさわるのがおぼつかない方からは追いつくのがやっとだという感想をいただいたり。独自にMT(それも超かっこいい!)を導入している方もいらして、もうレベルはさまざま。でも、そんなことは関係ない。発信したい気持ちさえあれば!

去年の今頃は、ブログというものがこの世に存在していることさえ知らなかったんだから。わたしったら。

| | トラックバック (0)

自宅取材は2倍疲れる

昨日は(最近、昨日になってから書くことが多いなぁ。やだなぁ。

本日は自宅で取材。基本的に自宅取材は断っている。95年のホームページ開設以来、通販好きの主婦というレッテルで生きてはいるが、どうしても通販で買ったものを周りにおいてにっこり笑うというシチュエーションばかりで、こっちはうんざり。

だから、基本的に、今は、割と専門家タッチな取材しか受けていない。今回は、ビジネスよりだったので引き受けた。

という話をしたら、記者さん、「げっ、ここらで商品と一緒に写真を撮ろうと思っていた」だって。先手必勝。

話自体はものすごく盛り上がった。同世代。バブルというものについて、ものすごくひっかかりを覚えている記者さんだった。

2時間くらい話し込んで、お帰りになった。

お掃除と取材で、やっぱり疲れますね。今日の取材などは、私が常々持つ主張そのものの取材だったので、極めてうれしい光栄な取材だった。だからこそ、ものすごく燃えて、一生懸命話した。だから疲れたんだなぁ。

| | トラックバック (0)

本当に怒っているもの

悲しい事件が起きました。かなりたくさんのMLやブログでも取り上げられていますので、みなさんもご存知かと思います。

事件の詳細を読むにつけ、とても悲しい思いです。そして、ここには先日まで、婚約者の方の事件からの日記がリンクされていました。今はもう読めません。

どうして非掲載を望まれるようになったか。想像しか出来ませんが、本当に辛い思いだったと思います。わたしはその日記にあった、犯人への怒りはもちろんのこと、犯人ではない対象への怒りをものすごく強く感じたことをどうしても書きたいのです。

今、非掲載にされてしまったので、その対象がなんなのか、ここに書くのはやめたいと思います。でもその対象を拡大解釈すると、そこに私自身も含まれるということをどうしても書きたい。

わたしがそこにいたら、何ができたろうか?

この被害者の方の起業ウェブ。起業というものでつながった一人として、心よりご冥福をお祈りするとともに、このような被害者がもう出ないようにと、わたしがわたしとしてできることを考えたいと思います。

いったい何ができるのだろうか?

| | トラックバック (0)

オフ会の歴史

本日は、4回目のワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]のオフ会だった。

なんか以上に機動力がいいんですよね。スタッフのみなさま。ほんとうに楽しいです。

ちょっとこのオフ会の歴史を振り返ってみましょう。

第1回 2004.7.6 田町ヌースカフェにて

Dscf0558.jpg

第2回 2004.8.3 梅田駅にて

2004_08030002.JPG

第3回 2004.10.20 東京ビッグサイトにて

2004_1020_125452.JPG

2004_1020_125424.JPG

第4回 2004.11.12 新橋にて

2004_1112_122549.JPG

2004_1112_130539.JPG

いかがですか。本当に楽しいんですよ!

ということで、今日は、そのオフ会のあと、TVの取材。情報提供のみだが、なかなか感じのよい方だった。夜は、Dr.コトーに大泣き。まだ目がしょぼしょぼ。

| | トラックバック (0)

バタ貧ってわたしのこと?

昨日は、我ながらよく働いた。明け方5時まで仕事をして、そのあと娘の遠足のお弁当作り。でもって、家族が出かけるのを見届けたかどうかというところで眠りにおち2時間ほど寝て、田町のヌースカフェにて取材。大好きなライターの方と、盛り上がる。(ベンチャーの女神こと服部貴美子さん。実は最近はレストランカフェ関連の女神でもあるらしい)

その後、本郷、渋谷にて、それぞれ打ち合わせ。そして、最後に、とあるセミナー。でも爆睡してしまった。ごめんなさい。

セミナーの講師は、この本の著者。未読なので、紹介も載せておく。

愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!
九鬼 政人
総合法令出版 (2004/05/25)
売り上げランキング: 4,204
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.5
5 流れを変えるきっかけになる本です
5 時間とお金の関係
5 如何に自分の価値を高められるかを考える視点を与えてくれる本

とにかくものすごい人。大病から、苦手なことを克服していくことによって成功をつかんだという方です。わたしのように、社長なのにただバタバタするだけで、まったくお金になっていない人にぴったりの本らしい。特に今日のわたしにぴったりでしょう。バタバタ。

その後、宴会。エリエスの土井さんと再会できたり、武沢社長とお話できたりととても楽しかった。また電車で爆睡。

バタバタ。バタバタ。


| | トラックバック (3)

源泉徴収と年末調整

わーい、はじめてモブログというものをやってみた。結構簡単ですね。簡単だけど、私はなんと携帯でメールがほとんどかけないので、文章の入力は残念ながら、PCにてやらせていただきます。とほほ。

源泉徴収と年末調整

さて、この写真、わかりにくいですが、なんと税務署からの源泉徴収と年末調整のやり方の書類。くくー、まったく何が書いてあるのかわからない。

途方に暮れる、らむねであった。まる。

| | トラックバック (0)

イタリア人は5700万人で2000万法人登録

私がよっし起業するぞ!と思ったときに、会社にするか個人事業主にするか正直迷った。
そのときに、読んではいないけど、その説明だけでかなりの勇気をもらったのがこれ。

イタリア人の働き方
イタリア人の働き方

人口5700万人の国で法人登録が2000万社。国民全員が社長の国・イタリアの底力――。 女性も男性も、ここで紹介する人たちは、一人で仕事を始め、会社を興し、実績を作り、名前を知られるようになった。多くの人が、社会的に恵まれず、なかには、義務教育すらまともに終了しないままに、苦労して成功を収めた人もいる。本書では、さまざまな例をあげて、イタリア人がゼロから、あるいはマイナスの状態からどのように事業を立ち上げて成功したかを紹介する。

ね?なんかいいでしょう?
イタリアは3度行った。最も多く行った海外である。(ああ、よく考えたらアメリカはもっと行っている。嘘をついた)

イタリアには将来住みたいねと、旦那と言っている。友人がスペインに住むそうなので、たまに家を交換しながら南欧を満喫するのが、老後の夢だ。(それがかなわなかったら、国内キャンピングカーめぐりだ)

イタリア人は素敵だ。本を読んでいないので、本とは関係なくなぜ素敵なのかを考えると、自己評価がきちんとできるからだろう。美味しい!綺麗!いい女!など、きちんと自分の評価軸がある。だから幸せについても、自分が評価を下せる。

日本人は、他人の評価を気にしすぎ。自分の幸せを計測できるのは、自分だけということをもうちょっと知るべきだと思うんだけどなぁ。

| | トラックバック (1)

ラブマシーン。

今度ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]に期待の大物新人が入るので、その面接(笑)。うーん、知り合ってから長い方であるが、すばらしい人だ。書けないことも多いから、書かないけど、本当にすごい方だ。でも、なんか大砲でずどんというすごさではなく、あくまで癒し系でオモシロ系なんです。あえていえばラブマシーン。

何かPJを立ち上げると、自分の大好きな人ばこから、大好きな人を取り出して、何らかの接触面が作れるのがうれしい。

ついつい話し込んで、そのあとクライアント2件を駆け足。

一日に詰め込める用事は、4件が限度だなー。久々に埼京線のラッシュに遭遇し、駆け足で帰る。もうちょっと早く帰ると言っておいたので、むちゃくちゃ機嫌の悪い、母と娘(つまりおばあちゃんと孫)にいじめられ、超ぐったりしてしまう。最大の難関は、彼女達ぞよ。。。。

| | トラックバック (0)

オンラインショッピング大賞授賞式

OLS大賞の授賞式。今年から最終選考委員をつとめたので授賞式に行ってきた。他の選考委員が来ていなかったので、私も行かなくても良かったのかなとは思ったが、いやいやそんなことはない。各受賞者のコメントがすばらしく、本当に行ってよかったと痛感。

オンラインショッピング大賞

大賞はマガシーク。井上社長にも申しあげたが、私自身は、もっとこのサイトは良くなると思っている。もっともっと。

そして、中規模クラスのショップさんたちの感動的なスピーチ。それぞれどん底からの成功。もしくはまったくのゼロからの成功。すばらしいなと思った。意外と有限会社ががんばっているのにも驚いた。

その後の千趣会さんのデジタルカタログのプレゼンも、これまたすばらしかった。これはまた別の機会に詳述したい。

| | トラックバック (1)

会社設立祝い

今日は、1月にするセミナーの打合せで日本橋へ。新しくなった日本橋新館をぐるりとまわる。

その後、ずっと親しくさせていただいている方に、会社設立祝いということで、ご馳走していただいた。すごくうれしかったし、楽しかったし、美味しかった。

韻松亭という上野の素敵な和風なお店。最近、すっかり胃が小さくなったわたしも、自分の食べっぷりに目が白黒するくらい食べた。内装がものすごく素敵なお店。

でも、それよりも会話が贅沢だった。これから会社をやっていくわたしには、しっかりと刻み付けておかなければならないような言葉をたくさんいただいた。

大人(たいじん)と話すと、自分と未来がよくわかってくる。

すっかり大きな気持ちになって帰宅すると、妙に胃が拡張されてしまって、かりんとうを一袋あけてしまった。自分のやることは全く持って理解しがたい。やんなっちゃう。

| | トラックバック (0)

全会一致

楽天さん、おめでとうございます。すごく楽しみにしています。

ただね、全会一致で楽天というオーナー会議はなんでしょう?誰かひとりくらい、ライブドアの味方をする人はいなかったのか?

こういう、全会一致という奴は気に入らないですよ。もっとへそまがりはいないのか。残念です。

ものの動かし方の手法としては、堀江さんのような挑戦的なやり方は、逆に古いと思う。あれは、プレゼンテーションとしてはいいけれど、マネージメントとしては限界がある。三木谷さんのソフトランディングの手法、古い体制をてこにして、新しい風を入れる、かっこよくは見えないけれど、結果的に大きく変えるのは、三木谷さんの手法だろう。ぜひ、このへんのものごとの動かし方、小泉さんに見習ってほしい。

敵に本当に意味で勝つには、敵ときちんとコミュニケーションをとることだ、ということかな?敵というものを全く意識せずビジネスをやっているというのも、ちょっと寂しいことだなぁ。まあ、いいか。

| | トラックバック (1)

情報家電

経済産業省の、情報家電についての報告会とディスカッションに行ってきた。

とりまとめた情報政策ユニットの村上氏は以前一度お会いしたことがある。そのご縁で、お邪魔させていただいた。女性はSOHO系の方が多く、また、男性はハードウェア・通信・ソフトウェアなどの大企業の方が多かった。

情報家電とはなんだろう?と素朴な疑問をもったが、今ある機器を情報家電的に編集して使っているのだなぁと、つくづく思った。

まとめられた資料に「明るい未来がない」と、いくつか意見が出てもいたが、それはそうだろう。モノによって明るい未来なんて作られないことは、消費者はお見通しだ。

どきどきわくわくするようなサプライズを、モノに求めている出席者が多いのに、正直驚いた。もうそっちには何もない気がするんだけど。ハイブリッドカーだって、どきどきわくわくというよりは、どきどきびくびくの不安マーケティングではなかろうか?(環境がキーワードになったものは、基本的に恐怖マーケティングと紙一重だと思っている)

生命・財産・健康・家族。守りたい物を徹底的に守り抜くための情報武装。それが、モノでは明るい未来を作れなかったことを痛いほど知る私たちが、情報家電によって実現する未来の景色なのではないだろうか?

と、13年間、東芝と言う総合家電メーカーにて、エレクトロニクスによって実現する明るい未来の絵を書きつづけた私は思うのでありました。

| | トラックバック (1)

シークレットライブ

土曜日のことだが、雨の中、シークレットライブにでかけた。

最近、セミナーや飲み会で「今日のことはブログに書かないで」ということを言われることがちらほらある。

みんながブログをもっていると、飲み会にいったあとしばらくすると、みんなで食べたものが、ブログで見られることが多くなって、飲み会やランチのときに、あちこちでデジカメや携帯を出してぱしゃりぱしゃりとやる風景が見られる。わたしはそれが以前はとても嫌だったが、なんのことはない。最近では自分が率先してやっている。

日常がネタ探しになっていく。

ということで、最初に戻って、シークレットライブ。

ブログに書かないで!というものやことが、これから結構増えてくるんじゃないかな。ブログ禁止ステッカーなんかが貼られたり、レストランの入口に「このレストランに関連することをブログで書くことはお断りいたします」なんていうかんじで、銭湯の入口の「刺青禁止」と同じような風景になるかもしれない。

わたし、これについて、結構賛成です。

印象に残ったことを心に留めておくだけにしてほしい、そして、忘れて欲しい。そんな思いってきっとあるんじゃないかと。だから、「ブログお断りステッカー」を見ても、決して不愉快にはならないし、素直に従うんじゃないかな。

| | トラックバック (0)

Eビジネス研究会 ブログセミナー

本日はブログのセミナーへ。日中は家で仕事をして、夕方から出かけることも多いので、まるで夜のお仕事のようで、ちょっと嫌だ。

さて、講師はインターネットマガジンの西田編集長と、シックスアパートの関社長。二人とも若くて優秀で素敵な方々。来場者もおもしろい方がおおく、それは主宰している木村さんの人柄でしょう。

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]のチラシをもって配ったら、結構見ていてくださっている方もいて、うれしかった!それから、ブログ界の大物にも、MTを上手に使っているとお褒めの言葉をいただいた。

インターネットマガジンは毎号ぼろぼろになるまで読み込んでいるが、西田編集長になって飛躍的に売上げが伸びているらしい。創刊号を持っている私としては、とてもうれしい。

関社長がブログをメールの延長と言っていたのがすごく印象的だ。いろいろなアイデアも湧いてきて、わくわくするような時間だった。頭痛をおして行ってよかった。

| | トラックバック (1)

一山越えました

ちょっと最近、忙しかった。ようやく一山こえたので、自分へのご褒美で、映画を見ました。

死ぬまでにしたい10のこと
死ぬまでにしたい10のこと

WOWOWでとっておいたのをようやく見た。泣けました。号泣。まだ目がしょぼしょぼしている。

さて、私もすごく大事な友達を2年前に亡くしてからずっと、死を身近に感じてきた。あと1年のいのちだったら、今やっていることを本当にやりたいか?を、自分に問いつづけてきた。その結果が今だ。わたしは今、とても自信をもって、死ぬまでにしたい10のことをやっているといえる。

ちなみに、わたしもこの映画と同じように恋をしたい。ちなみに相手も決まっている。ここ読んでるかな?心当たりがある方は、要連絡

| | トラックバック (0)

取材?にご用心

先週のオープンのあおりで、クライアント仕事を全部よせてしまったおかげで、忙しいのなんのって。

でも、本日のクライアントはこっちが元気になるような気持ちのいいお仕事。ECコンサルタントといっても、やる気のないクライアントの売上げをアップさせるような魔法の杖はわたしのバッグにははいっていない。残念ながら。

さて、それはさておき、今朝、「取材をしたい」という電話をもらった。今はどんな取材も大歓迎なので、聞いていると、いわゆる広告出稿の営業電話。

それがまたすごいうま言い回しなのだ。芸能人の名前を上手にだし、対談形式の取材。

こういう電話がかかってくるんだぁと、素直に感動してしまった。「有償の取材は受けません」といったらすぐに電話をきってくださった。

まあ、みなさんも、ご用心。

| | トラックバック (0)

シニアにブログを講義しに行く

今日は、夕方からブログを三鷹のシニアネットワークに講義しに行って来た。なるべく土日は仕事をいれないようにしているのだが、仕方がない。

シニアにブログ。普段は、レジュメもそっけない私だが、今日は10ページの私にしては丁寧な物をつくった。

それぞれ1台ずつのPCが与えられた15名くらいのおじさま方。

三鷹講座

ブログをモブログで作っている人から、ブログという言葉をほとんどはじめて聞く人まで、ちょっと焦点が絞りきらずに、難しかったなあ。あとシニアの方は、論理的。言葉の定義をきちんとしないと、そこで止まってしまう。感覚的に流していくということがない。これは以前、日経のシニア向けの雑誌の編集長と話したときも出た話題だった。

言葉に敏感で論理的。感覚的な理解をする柔軟性がないという否定的な言い方をしてしまうと元も子もないけれど、積み上げるように説明していくことが必要であることを、つくづく痛感した。知的レベルも、好奇心も、もっている経験も、上なのだ。シニア向けサービスというのは、奥が深いとも思った。

それからもう一つ思ったのが、うまく表現できないけど、以下のこと。
ブログで何をやりたいかがきちんと定まって聞いている人。なんとなく興味と時間があるから聞きに来ている人。
これはブログについていっているようで、実は人生についてもいえているような気がした。(うーん、ファジイな言い方許して!)

ブログのテーマが見つからない、そんな悩みをもつシニアの人たちが散見された。「まずは日記から」というのは簡単。でもそういうものでもないような気がするんだ。ブログでやりたいことがありすぎて、時間が足りなくて鼻血が出そうな自分はもしかしたら幸せなのかな?と、ちょっぴり思った。

人生の後半戦でも、そんな自分でありますように。

| | トラックバック (1)

地震と自信と

埼玉創業センター大交流会に参加。

即興演劇によって、自分の夢のイメージを目の当たりとするというワークショップはなかなかすばらしかった。その〆の言葉で「前へ、前へ、前へ」と、あったが、本当にわたしも前へすすめればいいなと思った。

ドリームゲートと共催だったので、以前から会いたかった人や、普段中々会えない方とも会うことができた。人が集まるところには、行くべきなんだと、いつもにも増して思う。創業支援センターのS氏は、とても県庁からきた方とは思えない、柔軟さをもった優秀な方だが、なんと大学の先輩で、ゼミも一緒と言うわけではないがかなり毛色の似たゼミの出身で、びっくり。やっぱり同窓の先輩に声をかけられるのはうれしいものだ。

その懇親会で、地震。最初は、幻覚?なんて思って、周りでも「酔ったなあ」なんていうことを言っている人もいて、まさかあんな大被害になっているなんて知らなかった。

地震、ほんとうにたいへんそうで、胸がふたがれる思い。どうか毛布が、おにぎりがいきわたりますように。

| | トラックバック (0)

初?営業

いいお天気。とりあえず、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]をオープンして初めての、営業?に行って来た。これからどんどんこういうことが多くなるんだろうな。広告メニューも一応作った。

ただ、いまは見て欲しい人に一人でも多くみてもらうことが、重要かな。

その後、EC関連の賞の審査。男性委員の意見と、紅一点の私の意見は少々食い違うが、いい議論ができ納得の賞選定となった。来月の発表が楽しみです。

| | トラックバック (0)

このブログの読者

このブログの読者に、一人、人間でないひとがいる。

以前のブログでこう書いた。

04.10.15. 09時 うーん、うるさいなぁ。目覚ましって。どうして一番気持ちいいときに君はうるさいんだ。空気を読めよ。空気を。

そうしたら、それ以来、うちの目覚まし時計、空気を読むようになってしまった。そう、セットしてもならなくなってしまったのである。

昨日もそれで大失敗。9時45分の電車に乗ろうとおもっていたら、目覚めたのが9時50分。彼はならなかった。
その前の日も、そういえばならなかった。

彼は、このブログの読者らしい。そして、あの文章を読んで以来、どうやら怒っているようなのだ。なので、昨日、帰宅してから、謝った。「そうだよね、鳴るのが仕事だもんね、空気読めなんていうのが間違っていたよね」

そうしたら、今朝は鳴ってくれた。

目覚まし君、これからもよろしくね。早起きの苦手な私にとって君はほんとうに大切なんだよ。いつもありがとう。

| | トラックバック (0)

日経のイベントの報告!

一緒に出演した北湯口さんは雨女ということですが、嵐にならなくても・・・。と思いつつ、イベントに参加。

その前に、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]のスタッフと3回目のオフ!オープン直後で、みんなわいわいがやがや。7月の初回のときは「わたしにできるかしら?」「いまいちらむねの言っていることがわからないよ」というはてなマークがなきにしもあらずだったのが、今回はみんな自信に満ち溢れて、今回のPJについて、すごく楽しんでいただいているのが見えて、黒子としては本当にうれしい。

ところで、イベント。これもまた、むちゃくちゃおもしろかった。さすが、日経PCビギナーズ編集長 大塚葉氏のコーディネート。名司会とはこのこと。

event2.jpg

event.jpg

意見が分かれたのは、子供へのメディアの与え方。私は統制派。大橋さんと北湯口さんは放任派。どちらが正解ということではなく、自分達の方針について、きちんと子供に説明しているかどうかが重要なんではないかとおもう。

4人4様の、スタイルがあって、本当におもしろかった。一人ずつの最後のしめで、私は「インターネットがある時代にワーキングマザーでよかった!そして、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]がある時代にワーキングマザーでよかったと思ってもらいたい!」と言ったけど、本当に心からそう思う。

ゆっくりみんなでお茶でもしたかったが、台風もあるので、すたこら帰る。大橋さん!今度傘を渡すと言う口実があるので、また近々会いましょう。


| | トラックバック (3)

ああ、明日は台風か

明日は日経のイベントだというのに、台風だって。

◇「こう変わる!ワーキングマザーのITスタイル」

もし、わざわざいらしていただこうとしている方。無理なさらないで下さいね。また、きっとこういう機会ありますでしょうから。

ところで、嵐のようなワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]オープン騒ぎ。おかげさまで大好評のようで、一安心です。なんかいろんなところで話題になっているらしい。じわじわと、いろんな人に愛されたらうれしいな。続々とスタッフ希望者からメールが来て、それも嬉しい悲鳴です。

ところで、ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]ですが、「同じようなサイトを作りたい、いくらかかったか?」という問合せが結構おおい。ブログに精通している方ならたぶん簡単なことがわかると思うのですが、そうでない人は、あれをブログで作っていて、かつ全部わたしが作った(綺麗な部品はたくさんの人の手を借りています。ありがとうございます)というか、なんというか、自分でやったというとかなり驚く。つまり制作費はほぼゼロ。

いい時代になりましたよね。MTさまさまです。あっと、ちゃんと大枚はたいた正規ユーザーです!

| | トラックバック (0)

オープン初日

こういう興奮って、いいですね。

18日は、完徹のまま、家族が起きたので、そのまま朝食を作り、娘と眠気を覚ますために、ラジオ体操なんかやっちゃって、また一仕事して、ちょっと仮眠とおもったら、とてもここに書けない時間に起きてしまった。

その後、ばたばたと、ばたばたする。スタッフのみなさんが、激しく宣伝してくださるのをみて、ちょっとびっくりする。本当に、しみじみ、感動。ニュースサイトにも紹介されちゃって、もう、どきどきです。

スタッフ希望の方とか、お祝いの言葉とか、広告代理店からの問い合わせとか、もうメールが一杯で、涙が出そうです。ここをご覧の方も、たくさん見に来ていただいたみたいで、感謝、感激です。ありがとうございました!

その後、夕方から、インタビューコーナーの第一号となる方に、インタビュー。すごく深くて刺激的な内容だった。骨太。

そして、19時から、これまたすさまじいメンバーで食事会。言っていいのかな?一応、やめておこう。

年商5億の女性経営者、ネットプロデュースのカリスマ、ワーキングマザーの女王でかつ日本で有数のアナリスト、そして小粒な私の4人での食事会。刺激的過ぎて、鼻血が出そうでした。

すごい企画の話もでて、それはもう、これからどうなるんだろう?と、どきどきわくわく。

歴史的な日となりました。たぶん、この日はいろんな意味でスタートでしたね。2004.10.18。におおよといや と覚えてください。


| | トラックバック (1)

ようやく夢が実現!!やったー!!

本日、10月18日、ようやくグランドオープンということで、今まで準備してきたワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]をオープンすることができましたあ!!

みんな、みてください!

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp

共同編集型のブログということで、仲間を集めたのですが、ほんとうにすばらしい人と出会いました。「何かをやろう」と思うことがこんなにも自分にいろいろな財産をもたらすとは思わなかった。何かをやろうとおもったら、それは実現できるんだと、つくづく思います。

現在、14人のメンバー(今、2人待機中なので、正確にいうと16人のメンバー)が、今までどんなふうに議論して、練習して、アイデアを出し合ってきたか、それ自体が本当にドラマです。

ブログと言うモノは、垂直型のPJよりも、水平型のPJの実行にすごく適しているなと、今回実感しました。

ああ、これを小さく産んで、大きく長く育てていければいいなと、夢のギアチェンジ!

仕事も、子育ても、全部諦めずに、のほほんと楽しんで生きていくことが、どんなに女性にとって楽しくて贅沢なことかを、一人でも多くの方に知っていただきたいとおもいます。結構、男性の方にこそ読んでいただきたかったりするので、感想などぜひくださいね。

プレスリリースもどうぞお読みくださいませ~
●メール版
http://www.stylebis.jp/press/20041018_wms_open.txt

●PDF版
http://www.stylebis.jp/press/20041018_wms_open.pdf

| | トラックバック (0)

ながーい一日

事件はリアルタイムで起こっている。(ジャックバウアーin「24」)

04.10.14 17時 
一本の電話がかかってきた。「明日13時にそちらにおうかがいします」

な、なんですと?正直、その組織がくるであろうことは、なんとなく予測していた。でも、金曜日はわたし、めちゃめちゃ忙しいの。その上、この家のどこに来るというのだ。来週オープンのPJを控えて、しっちゃかめっちゃかの、この家に。

自宅を事務所にしていると、こういう悲劇が起こる。今から、20時間後にカレは来る。マジで、事件はリアルタイムで起こっている。

04.10.15. 05時
来るのはわかった。しかし掃除をしないことには、どうにもならない。しかし、電話がきて、じゃあ掃除しようなんていうのはありえない。こちらは、やることが山積だ。結局、時間を見積り、直前の1時間で掃除をすることにした。終わるのか?まあ終わらせるしかない。今日すすめるべき仕事を終え、寝ようとした瞬間、もう一つの悲劇が起きる。そう。娘が・・・・。それも、あらゆるふとん、毛布、シーツが・・・・。ありえない。

すべてはぎとって、洗濯コーナーにぶちこみ、このことは忘れて、眠りにつく。

04.10.15 07時
娘に少々遅れて起床。洗濯機を回し始める。洗濯機にとっても長い一日が始まった。新品のブラウスを着た娘が学校に行き、最初の洗濯物をベランダに干し、第二弾を仕込んで、もう一度寝る。目覚ましは9時にセット。1時間以上眠れる。

04.10.15. 09時
うーん、うるさいなぁ。目覚ましって。どうして一番気持ちいいときに君はうるさいんだ。空気を読めよ。空気を。洗濯物を干し、次のを仕込み、口紅だけ塗って、娘の小学校へ。そう、今日は彼女の音楽会。彼女の出番を確認。せりふはよく聞き取れなかったが、何とか覚えられた。あとから何をいったか答えられないと、たいへんな目に合う。悲劇は最小限にしたい。彼女の出番が終わるとそそくさと、帰宅。10時半。もう時間はない。とりあえず、カレに向けた資料だけは作っておかないと。

04.10.15 12時
来週のプレスリリースをチェックしながら、予定通り驚異の大掃除に突入。そこでまた新たな悲劇が。ファックスでチェックしようとしたプレスリリース原稿。なんとファックス用紙切れ。わたしが交換できるのは、トイレットペーパーだけだ。電球も交換できない。平謝りでメールで入れてもらいつつ、アフリカのヌーの大移動のように部屋の「ゴミ」と「ゴミでないもの」と「その中間のもの」たちを、カレが目にしないだろう部屋に、移動させる。掃除機をかけ、ワックスペーパーをかけ、香をたいて、お湯を沸かす。プレスリリースのチェック。お腹がへったので、シリアルをたべる。笑っていいともを見る。新聞も読む。そして、運命の12時56分。さすが、几帳面ですね。まだいいともが微妙に終わっていない時間にカレから電話。きたよ、きたよー!!

04.10.15 13時
帝国データバンクの、○○です」と、きちんと身分証を玄関の外で見せて、カレは入ってきた。きゃー。緊張する。電車男が愛飲するベノアティーを淹れて、カレに差し出す。いきなり、ヒアリング始まる。学歴と職歴をかなり聞かれましたね。あと業務内容も。当然か。日経系の雑誌に載ったものを見せると反応がよかった。一番体中から汗が出たのは、あれですね。今年の売上目標を聞かれたときですね。「3年は土台作りですから」と、励まされた。

終了間際、「どうして調査が入ったかご存知みたいですね」と言われる。「あ、はい。プレスリリースをお願いする会社で御社の調査コードが必要なんです。だからだと思いますよ」とわたし。どうやら、調査に行くと、どこが調査しているのかなど執拗に聞いたり、調査のアポとりの電話の段階で異常に焦られたりするケースもあるそうだ。そりゃそうだ。わたしのように見当がついていても、焦るよ。まじで焦りました。目の前が真っ白になりました。だって、この家にビジネスマンが来るなんて!!!それも帝国データバンク。はあ、終わってほっとした。

とても感じのいいかたでした。それに、調査する方は、なぜ調査に来ているかは知らされていないんですね。情報系統がちゃんとしているということ。さすがです。

04.10.15 15時
虚脱状態でいると、相次いでおばあちゃん(実母)と、娘が静寂を破りにやってくる。洗濯物をとりこんだり、乾燥機にかけたりしたあと、近くのデパートに七五三の髪飾りを買いに行く。はあ。こういうのが一番疲れるが、娘を実家に送り込み、夕方からは仕事臨戦体制。

そして、現在
04.10.15 22時ちょっと前。

づがれだ。娘は眠りについたまま、宅配されてきた。ああ、シリアルのほか、まだ何も食べていないことに気が付いた。眠いけど、お腹がへった。ということで、これをアップしたら、ご飯をたべよう。

| | トラックバック (1)

たいへんです

夕方、一本の電話が。
その10分後、私は青ざめた。たいへんだ。こりゃ。

それは明日起こります。どうしよう!!

ということで、みなさん明日のココログを、お楽しみに。

| | トラックバック (0)

来週日経のイベントに出ます

来週、日経のイベントWPCエキスポ2004が開催されます。10月の20日水曜日、13時40分から
「こう変わる!ワーキングマザーのITスタイル」というテーマでパネルディスカッションをしますので、お暇ならぜひいらしてください。

公式サイトには、書いてないのですが、今月の「日経PCビギナーズ」11月号 140ページには確かに掲載されています。(かなり怪しい写真。。。)

今日はその打合せだったんですが、なんだかものすごく面白いパネルディスカッションになりそうで、コワイ。

WPCエキスポ
無料招待券登録はこちら
会場のメインステージはここで調べてください

| | トラックバック (0)

銀座にオフィスをもつ

藤村先生のセミナーを聴きに行った場所は、ヘイズ銀座という場所。今、話題のインキュベーションオフィスというものだ。

藤村さんも、ここにオフィスを借りているそう。いいなあ、銀座オフィス。それも場所がすごくいい。ガス灯通り。アップルの裏あたり。

藤村さんが、「値段も安いよ」というので値段表をみたら、私にとっては立派に高い。

最近、増えていますよね。こういう施設。サロンと一緒で、誰が使っているかも大きな要素になるとおもう。そういう意味では、とても魅力です。ヘイズ。

夢は、ものすごい田舎にすんで、銀座にオフィス。

そんなのがいいな。

| | トラックバック (0)

藤村正宏氏のセミナー参加

嵐の土曜日、曇りの日曜日と、結構さんざんな3連休でしたが、藤村正宏氏のセミナーに行ってきた。日曜日にわざわざ銀座に行く価値、おおありの、すごいセミナーだった。

ただ、ちょっとびっくりしたのは、わたしがここ2年くらい、EC関連のセミナーで言ってきたことと結構かぶっていて、もしかして、今までのように自説を言っていると、「藤村さんの本を読んで言っているんだろう?」と言われるんじゃないかとちょっと心配。わたしも、消費者の立場から、「もうモノはいらない、欲しいのはワタシ」と言ってきたが、藤村先生も同様で、「モノを売るな、感動を売れ」と言っている。似ている。でもちょっと違うけど。

しかし、頭のいい方だ。本当にエキサイティングなセミナーだった。

藤村先生の著作で一番有名なのが、この本らしい。

2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!
2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!

セミナー会場で、サイン付きの本を売っていたが、なんか恥ずかしくて、結局帰り道の書店で↓を買った。

これ、知ってました?集客に、お金はかからないのです。
これ、知ってました?集客に、お金はかからないのです。

集客。これから気合をいれて勉強しなければならないなぁ。それには、人のたくさんいるところに足繁く通わないとと、人がたくさんトヨタのアイシスのプロモーションに群がるマリオンをとおりながら、思うのであった。まる。

| | トラックバック (1)

三木谷社長の花束攻撃

びっくりな展開。本当にライブドア対楽天になっちゃいましたね。どっちが勝つんだろう?たぶん、楽天?

わたしは長い間、楽天さんとお仕事をしているので、正直、楽天びいき。堀江社長も威勢がよくて、支持はしたいけど、楽天は会社としてやっぱりちゃんとしている。不愉快になることが全くない。役員も新入社員もみな、ほんと腰が低くて礼儀正しい。

週刊誌の見出しに三木谷社長の花束攻撃とあったが、わたしもその恩恵にあずかったことがある。すごくうれしかった。そう、彼は人の心をつかむ天才なんでしょうねぇ。楽天のパーティーでも、彼のまわりにはいつも人がいっぱい。オーラがあるし、ひと目会った人をひきつける包容力がある。

うーん、だから堀江社長も私を味方につけたかったら花束ください。でっかいやつ。(三木谷社長からいただいたのがものすごおく、でかかったので)私を味方につけても、なんにもならないけどって、改めて書くことじゃないか。

どちらが勝っても、大宮駅から新幹線に乗って、仙台に応援に行きますよぉ。

| | トラックバック (0)

イチローはすごい。

すごいんだけど、あまりにすごすぎて、なんか劣等感を感じてしまう。あのような大打者に真剣に劣等感を感じると言うのも無謀なことではあるが、でもなんか素直に喜べない自分がいる。

しかし、

今思うのは、小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だと感じている。

この言葉。重いですね。すごく。わたしも小さな脂肪細胞が積み重なると、こんなにどんでもないぶよぶよしたお腹になるんだということは身にしみているが。何はともあれ、すごい。(なんかイチローのことになると、こういうおふざけをしちゃうんだよね。どうしてなんだろう?)

私がもっともプロ野球ファンだった、92年のジュニアオールスター。阪神ファンで新庄のファンだった私は、新庄のように小顔だけど体格が異常にいい、鈴木という選手がホームランを打って、最優秀選手賞をもらうのをちょっと悔しい思いで東京ドームにて眺めていた。選手名鑑をみながら、「かわいいじゃん」と友人と言っていたのを思い出す。

それがあれよあれよと、(以下略)。新庄とイチローのふたりの辿る道も、シンクロしているようでしていないようで、しみじみするものがある。片やシアトルのヒーロー、片や札幌のヒーロー。明暗を分けたとは思わない。二人とも超ハッピーな野球人生のまっただなかにいると思うから。

どちらを尊敬するかといえば、絶対にイチローだ。それは絶対。

でも、どちらを好きかと言えば、やっぱり新庄だなぁ。

経営者としては、もちろん、イチローの冒頭の言葉を、座右の銘にしたい。そう、わたしの「私の出会った言葉たちノート」には、松井秀喜の言葉も書かれている。いつかご紹介したい。

| | トラックバック (1)

谷あり山あり

昨日からクライアントにトラブルがあり、なかなか参った。わたしはちょっと滅入ると、今、何に滅入っているのかとりあえず全て書き出してみて、ひとつひとつ対応策を考え、「もう大丈夫、ぽいっ」と、その紙をくしゃくしゃにして捨てる。

今日の朝も、それをやった。

そうしたら2時間後、思っても見ない方向に解決した。

まるで魔法のようだ。

みなさんも、滅入ったらぜひ試してみてください。なんとなくどんよりというのは、時間の無駄。

| | トラックバック (0)

土井英司さん

もうおとといになってしまったけど、日本経営合理化協会のセミナーに行ってきた。アマゾンのバイヤーである、土井英司さんが講師。

わたしもいろいろなセミナーの講師をしているが、講師をする側になると、お金をはらってまで人の話を聞かなくなるということが絶対にないように、なるべく人の話を聞くようにしている。このセミナーも35000円とたいへん高価だった。

結果、大正解。本当にすばらしい話を聞けた。知的興奮を味わった。

彼もまた、30代前半ではあるが、本当に尊敬できるすばらしい知性と感性。

アマゾンの目利きとしての経験、消費者の心理や、売るための仕掛け作り、ほんとうにためになった。

私は、セミナーを聞いてとても素敵だなと思うと、メールを書いたりして引き続き何かしらの接点をもとうとする。しかし、今回の土井さんの場合、正直メールを書いたりしたいと思わなかった。ちょっと遠くから彼の活躍を見ていたい、そんな風におもった。なのに、驚いたことに先ほど、彼からメールが来ていた。セミナー終了後の名刺交換をしたひと全てに丁寧に出しているのだろう。はあ。すごい人だ。

ところで、彼が立ち上げた会社。とても楽しみだし、彼が一日1冊ずつビジネスブックを紹介するというサイトもすごい。さっそくメルマガに登録した。彼の感性に毎日触れられると思うと、なんだかとてもハッピーだ。

| | トラックバック (2)

いきなりPDF

セミナーの講師を最近よくやるが、そんなときによく言われるのが「資料を事前に送って下さい」とのひとこと。ここで迷うのが、パワーポイントの資料をそのまま送るか、レジュメにしたワードの資料を一枚送るか。

基本的に、私はパワポ資料を全部印刷するのは大嫌いだ。資料をもらうだけで安心されるのが嫌いなのだ。

だからほとんどの場合A41枚ですませる。でも、担当者の方によっては、どうしてもパワーポイントで、となる。そんなとき、私の資料は結構いつも重いので、PDFにすることが多い。

会社にいたころは、普通にアドビのアクロバットで作成していたが、あれ、高いんですよね。まさか我が社のような零細企業で使えるわけがない。

なので、購入したのが、これ。

安いんだもん。

ただ、Windows XP/2000にしか対応していないので、くれぐれもお気をつけ下さい。

| | トラックバック (0)

広島出張詳細 その2

広島の2日目。粟飯原さんと二人で、あのクチコミュニティ・マーケティングで有名なハーストーリーさんを訪問。すべて女性だけの会社。居心地のいいオフィスに、若くて素敵な女性たち。いいなあいいなあ。

ハーストーリー

ハーストーリー
副社長の佐藤さんと

夢がかたちになるってこういうことなんだなぁと、思った。そこから、粟飯原さんと別れて、わたしは柿本さんという広島のお米屋さんにインタビュー。これめちゃめちゃおもしろかった。まとめたら、またご案内しますね。

今、楽天だけで800万近い売上げがあって、年内に月1000万円の売上げになるんじゃないかというお店なんだけど、61歳のご主人さんと奥さんの2人でオペレーション。すごいよ。

柿本さんにお好み焼きをご馳走になって、新幹線で帰路。さすがに疲れました~。楽しかったけどね。

| | トラックバック (0)

ガンではないか?

流れから行くと広島出張詳細その2ということなんですが、ちょっとどうしても書きたいので、書きます。今日、この2ヶ月ばかりずっとあたまに張り付いていた不安を晴らすために、病院に行ってきました。右下腹部がずっと痛くて、実は卵巣がんではないかと、ずっとおびえていました。

結果はシロで、ものすごくほっとしました。左は便秘、右は盲腸を疑えということで、明日また別の病院に慢性盲腸の疑いを晴らしにいきます。

わたしの家系はガン家系なので、なるべくいろいろな検査を受けるようにしていますが、独立すると健康診断も会社から言われないので、ごてごて。特に婦人科系の病気の診察はあとまわしにしがち。

みなさんも、とにかく命あってのものだね。ぜひ、健康診断はまめに受けるようにしてくださいね。

恥ずかしい話だが、ここ何週間か、自分が死ぬことをずっと考えていた。娘と夫はどうにかやっていくだろう。でも、わたしは一人っ子。親のことを考えるとほんとうに切なくなって。。。とりあえず、取り越し苦労だったことを感謝して、健康にこれまで以上に気をつけようと、心から思っている。

ということで、くれぐれもみなさん、自分の健康については、ものすごく臆病でいてくださいね。

| | トラックバック (0)

広島出張詳細 その1

21日は、福山80名、広島200名足らずを前に、おとりよせネットの粟飯原さんと講演。ダブルヘッダーは辛かったけど、粟飯原さんの話はすばらしかったなぁ。ライブドアの堀江社長もそうだけど、この年代は天才が多い。イチローもですね。彼女は、プロモーションの天才。ほんとすごいよ。

私の話は、Eコマースの消費者マインドトレンドについて。そして、一番興味をもって聞かれたのが、ブログとアフィリエイトの話。ちょっと目の色が変わっていくのがちょっと怖かった。

どちらの会場も、ブログやアフィリエイトを実践している人がまだまだ少なくて、言葉もはじめて聞く人にとってはなじみのいいものではなかったろう。来年、同じテーマで話をすると、またずいぶん違ってくるのではないだろうか。

ダブルヘッダーは、辛かったけど、でも広島商工会議所の方のあたたかいもてなしのおかげで、楽しい時間でした!

ホテルはリーガロイヤル広島
icon

Dscf0865.jpg


Dscf0869.jpg

居心地よくて、なかなかよかったです。朝食のバイキングもおいしかったし。駅からは少しあるけど、県庁近くの静かな空間。落ち着けました。

出張したらルームサービスというのが、結構好きなんですけど、ここは安かったなぁ。おすすめです!

| | トラックバック (0)

広島出張

1泊2日で、広島に出張に行きました。おとりよせネットの粟飯原理咲さんと一緒に。

楽しかったです。でも21日は福山と広島のダブルヘッダー。さすがに疲れました。その上、昨日は理咲さんと、1時まで深酒(わたしとしては)。

この出張については、また詳しく書くとして、ひとつ思ったこと。新幹線のぞみで3時間45分くらい往復それぞれ乗っていて、帰りはほとんどモバイルPC(新品!)を使っていたんだけど、日本はほんと、トンネルが多い。ていうか、山が多い。

広島から新神戸まではほぼ駄目。新大阪の手前から京都を過ぎるまでが安定したモバイルポイント。そして驚いたことに、東京につく30分前まで、結構トンネルが多いのだ。新横浜のちょっと手前からようやくまたモバイルポイント。

いやはや。

ちょっとおしりがいたいので、もみじまんじゅうを食べてもう寝ます!

| | トラックバック (0)

手がなくても、足がなくても

パラリンピックがなかなか放送されなくて、寂しい。プロ野球がストなのだから、その差し替えは、パラリンピックを放送すべきだった。

昨日自分にできなかったことを、今日できるようにしよう。今日できなかったことに、明日は挑戦しよう。そんな純粋なスポーツがそこにある。

入場式見ましたか?手がなくても、足がなくても、誇らしげな笑顔。スポーツをする喜びに溢れている。生きているっていう実感が溢れている。うらやましささえ感じる。

そして、成田真由美さん。彼女の名前は知っているという人も多いのでは?でも彼女が今も、病気を克服しながら、水泳に挑戦しつづけていることには驚いた。

できない、無理だ、そんな言葉を平気で言っている私は本当に恥ずかしい。

パラリンピックをみると、本当にスポーツってすばらしいなと、心から思う。昨日自分にできなかったことを、今日出来るように挑戦できる自分でありたいなと、思う。


| | トラックバック (0)

古田はすごい

朝方まで仕事をして、仮眠をとり、娘の学校遅刻ギリギリで起きて、学校へ送り出し、洗濯・掃除・メール処理をして、電車にのってMTG2発・接待ランチ1発。

新規の案件の相談と、10月の日経のイベントについての打ち合わせ。2つのMTGの間にちょっと時間があったので、ホテルのコーヒーハウスでスケジュールの整理をしていたら、つい一瞬うとうと。疲れがたまっているらしい。

帰宅すると古田。古田すごいね。一時期、わたしは真剣に古田選手と結婚したいと考えていた。もちろん、彼はわたしの存在を全く知らないが、なんとなくその夢はかなうような気がしていたので、中井美穂と結婚した時は、驚いた。

それもいい思い出。

あのころ考えていた古田選手よりもはるかに大きな男だった。昼間は交渉、夜は4番でキャッチャー。とにかく、早く彼に笑顔を返してくれ。

ということで、がんばれがんばれ古田。今、もっとも支持率の高い男、だろう。

| | トラックバック (0)

うっかり県民税

年に四回、3ヶ月に一度と思っていた県民税。伝票類を整理していて目が点。6月の次の支払いは、8月じゃないの。変則的なのですね。びっくりです。そして、今は、もう9月。セプテンバー。

いきなり延滞料とか払わされるのか・・・。と、がっかりしながら、銀行に行くと、「まだ大丈夫ですよ」と、明るく言われる。ほっ。

しかし、高いなあ。税金。天引きされていた頃はなんとも思わなかったが、こうやって、3ヶ月に一度払いに行くと、本当に高い。

税金、年金、健康保険…。

必要なお金だということはよくわかるが、高い。しっかり管理してくださいよ。各機関のみなさま。結構、これだけのお金稼ぐの、たいへんなんですから。

| | トラックバック (0)

社長の給料

そう。社長とは、わたしのこと。社長の給料の額を決めないといけないということを、先日の税務署詣でのときにはじめて知った。

そうだよね。

「いくらぐらいにすればいいんですか?」と真面目に窓口のひとに聞いてしまった。でも彼はまったく動ぜずに、しくみを簡単に説明してくれた。

・会社として税金を払わないために収入に見合わないような額を払うのはいいことではない
・一度決めた額は年度が変わるまで変更しない(ころころ変えてはいけない)

ということだ。

これは結構難しい。今現在は、順調に仕事をいただいているが、事務用品など結構これからも必要なものは多い。だからといって、全く無報酬というのも、おかしいですよね?

3末でちょうどとんとんになるような報酬を逆算できればいいけれど、そうは問屋がおろさないので、とりあえず、ミニマムな感じにしてみようと思う。みんなどうやって決めているのだろう?

話はちょっと前にもどるが、税務署の職員の方々は、ああいうトンデモ質問を毎日のように受けているのだろうな。ご苦労様です。

はてさて、会社員だったころの月給を越える日はいつやってくるのか?2006年は、越えよう。今、決めた。

| | トラックバック (0)

忙しい人はまめだ

最近思う。いそがしい人はまめだ。忙しいという言葉は、心を亡くすと書くので、もしかしたら私が伝えたいニュアンスに反するかもしれない。大物ほどマメだ。と言い換えてもいいかもしれない。

そう。大物ほど、まめにメールをくれたり、初対面後にハガキをくださったりする。まめだから、大物になるのか、大物なのにマメなのか、どっちなんだろう?

わたしもメルアドの整理とか、会社設立の挨拶状を書かなければと、いわゆるコミュニケーションツールの棚卸について、ずっと気にかかっている。しかし、日々の仕事に追われてついついなおざり。

これではいかん。
いかんいかん。
「だって、いそがしいんだもん」との言い訳はきかないのだ。

でも、来週は無理だなぁ。だって、いそがしいんだもん。(苦笑)

| | トラックバック (0)

サービスとは

今日は、慌しかった。

午後、クライアントと打ち合わせ。その後、新橋に移動して、先日のEC研究会でのセミナーを聞いていただいた方から、ブログについてのセミナーをやってほしいということで、打ち合わせ。シニア向けだそうだ。そして、夜は、新橋にて、キープラの宴会。いや、まったくにぎやかだった。宴会に行く気分ではなかったので、本当は帰ろうとおもっていたのだが、行ってよかった。素敵なひとにたくさん会えた。

なぜ、行く気分ではなかったかといえば、今週、わたしが今、没頭しているプロジェクトで借りているサービスについて、憤懣やるかたない一週間を過ごしてきたからだった。一週間ではない。二週間以上か。

相手はよかれとおもって設定した事項が、利用する側からは致命傷になる。改善を頼んでも、そもそも優れたサービスと考えているので、改善するわけがない。いつまでたっても平行線。

こういうときどうしたらいいのか。とうぜん、他のサービスに切り替えるということになる。

周りの人も巻き込んで、迷惑をかけてしまった。しかし、進むべき道がようやく定まったので、後はふんどしをしめて、行くだけさ。

| | トラックバック (0)

スタンプラリー

設立後3ヶ月の猶予といわれていたので、すっかりさぼっていた、お役所への会社設立の届出。もう一気に行ってきました。まるで、スタンプラリーのような感じでした。

第一関門:コンビニ
[定款]をコピー。一応5部やっておく。

第二関門:法務局
会社の謄本[履歴事項全部証明書]を2部もらう(1000円×2)
原本が必要なのは、税務署だけ。でも一応2部もらっておく。
●会社法人番号のわかるもの
●お金

第三関門:税務署
強敵だった。沢山書類を書かされた。たいへん親切に説明してもらったが、正直、でへへ。よくわからない。まあ、おいおいわかろう。
※会社の住所や社名を死ぬほど書かされるので、会社のスタンプを用意しておくんだったと、大後悔。
●謄本原本
●定款コピー
●代表者個人印
●スタンプ(あればたいへん便利だった)

第四関門:ちょっとお茶
法務局や税務署などがあるそばの大宮公園の埼玉県立博物館でお茶をする。ほっとひといき。でも持参したアントレを読むと、これから行こうとする、市町村役場や都道府県税事務所は、設立後1ヶ月でいかないといけないらしい。やばい。もう駄目ジャン。どんなお仕置きをされるのか、妄想しながら、自転車をこぐ。

第五関門:コンビニ
謄本のコピーをとる。一応5部。

第六関門:区役所
大宮区役所にて、書類を書く。簡単。(叱られなかった)
●謄本コピー
●定款コピー
●代表者個人印

第七関門:県分庁舎
大宮区役所そばの県分庁舎にて、書類を書く。簡単。(叱られなかった)
●謄本コピー
●定款コピー
●代表者個人印

ゴール!!これで、わたしは安心して税金を納めることができまーす。よかったよかった。

ちなみに、このスタンプラリー。全部で4時間の行程でした。涼しくなったので、自転車がきもちよかった。彼岸花咲いていた。

| | トラックバック (0)

領収書の整理

すごい台風。今日は、役所周りをしようとおもったが、あまりの強風の為に、断念。最も苦手な仕事である、領収書の整理に没頭。2ヶ月ためてしまった。6月に創業で、すでに2ヶ月ためてしまうわたし。さすがである。

以前このサイト上で教えていただいた、フリーウェアが本当に便利。ただ、使うたびに、使い方を完全に忘れてしまうのがたまにきず。あっと、これは私自身の問題です。

みなさん、どうやっているのかしらん?領収書の整理。何かいいアイデアがあれば教えてください。お願いします。

| | トラックバック (0)

らむね的通販生活リニューアル

私の原点である、らむね的通販生活を全面的にリニューアルしました!

6月から初めて、こつこつ作り上げた、いわば夏休みの宿題です。ブログとアフィリエイトをわたしなりに組み合わせたかたちになっているつもりです。ぜひぜひ、コメント、トラックバックなど、たくさんくださいね。

これから、消費者からの情報発信と、コミュニティを組み合わせたあたらしい表現の形として、さまざまな試みができればと、考えています。お楽しみに!

| | トラックバック (0)

ロシアの事件とNHKの番組

ロシアの事件、みなさんどう思いましたか?わたしはあまりのショックで、土曜日は寝込んでしまいました。私はナイーブです。外で起きた事件についてすぐに自分に起きた事件のように感じて、ショックを受けてしまう。

それは、たとえば経営者としての資質としては、あまり好ましくないかもしれません。でも、言い訳のようになるかもしれないけど、あまりに他人事として処理する能力に長けるのも、どうしたものかと思います。

子供が、政治的なテロの犠牲になる。ひどいことだ。

新聞に、寝ずに手術をしているという医師の談話があった。

わたしが今一番怒っているのは、事件が起きてから、なぜ救急医療チームがその地に派遣されていなかったか、ということ。この期に及んで、医者が足りないというのはどういうことか。事件が起きてから50時間余り。近隣の都市から、かき集めることが本当にできなかったのか?

いや、もちろんやっただろう。でも1000人の人質がいれば、1000人以上の体と心にキズをもつ人が助けを求めるはずなのだ。それだけの万全の準備をしてほしかった。適切な医療を受けられずに、亡くなった子供が一人でもあれば、それは政府による二次災害だ。

わたしは何をすればいいのだろう。そんな気持ちのままに、NHKの番組をみた。これまた別の意味でとても苦しい番組だった。

「親の何気ない言葉に傷ついた」というような趣旨の発言が子供から多く発せられていた。あたりまえだと思う。

親は、子供を愛する初めての人間であると同時に、子供を傷つける初めての他人でもあるのだとおもう。他人とのかかわりで、人間は愛情を知り、かつ、傷つくことも覚える。子供を傷つけない親なんていないと思う。ありえない。

大切なのは子供を傷つけないことではなく、人間は傷つけあったり愛し合ったりすることで、おたがいに生きていくということを、子供に教えることだと思う。傷つくこと、傷つけることを恐れずにコミットすることの大切さを。

といいつつも、こんな奇麗ごとがいえるのは、娘がまだ小さいからかもしれない。あと1年か2年もすれば、もっと深い闇のなかにあしを突っ込むこともあるかもしれない。

| | トラックバック (0)

EC研究会のセミナー終わる

今日はなかなか収穫のあるセミナーだった。わたしは、2番目のスピーカーだったが、3番目がケンコーコムの後藤社長、4番目がマガシークの井上社長だった。

後藤社長の話は、たいへん勉強になった。さすがである。ネットショップは、対消費者のコミュニケーション部分であるフロントエンドだけではもう太刀打ちできない。在庫や受注管理などバックエンド勝負になっている。そのことがよくわかった。さまざまな数字に裏打ちされた方向性。うーん、さすがアンダーセン出身であるなぁ。

個人的にもケンコーコムは大好きなので、ほんと、ますます好きになれた。

セミナーの講師をやるときは、いっしょに講師になる方との一期一会を大切にしたい。いつもそう思う。

さて、その後、コンサルの相談を受けた。一緒にお仕事をできるのはたいへん光栄な方からなので、とてもうれしい。さっそく、いろいろなプロジェクトのアイデアが。10月は楽しくなるぞ!!

| | トラックバック (0)

会社にお金が残らない本当の理由

この本は、本当にいいホンです。会社を作る作らない抜きにして、日本人はすべて読むべき!(言い切った!)日本という国と、お金が、どのようなシステムで動いているのか、そのなかで一般人たちはどのように翻弄されているのか、目からうろこです。

会社にお金が残らない本当の理由
会社にお金が残らない本当の理由

最近、あなたの会社にお金が残る 裏帳簿のススメという続編も出ていますが、未読。ぜひ買おうと思っています。

お金。関係ないわ!とたかをくくっているのはかっこいいようで、みっともないこと。ぜひ一読をおすすめします。汗をかきますよ。

| | トラックバック (1)

EC研究会のセミナー

最近、クライアントから、もしくは研究会などでの場で、「メールマガジンが効かなくなった」という声を聞く。私自身もメールマガジンをめっきり読まなくなったので、一般のユーザーもそうなのだろう。

だからといって、メルマガがマーケティングツールとしてまだかなりの位置にあることは間違いが無い。

しかし、もうツールとしてのストーリー作りを極めることはもう難しいのではないかと感じている。それよりもユーザーの生活スタイルに着眼したアプローチをより繊細にすすめるべきだろう。

なんていうことを今週金曜日にセミナーで話します。ケンコーコムの社長さんもいらっしゃるとのことなので、わたしも楽しみです。

13時から17時まで、4コマで5000円(当日払いは6000円)ととてもお得なので、ぜひ!

| | トラックバック (1)

神南TV 報告

あー面白かった。KINOで行われた、神南TV
アフィリエイトの女王の和田さんと、一緒に出演してきました。

楽しかった!以前、わたしがインターネットコムのコラムを書いていた時に、同じページでコラムを書いていらした(今も続いています)ピースマインドの三宅さん、久しぶりにお会いした百式の田口さんなどと、差し入れのおやつを食べながら、ぺちゃぺちゃおしゃべり。

ネットアイドルの豊美さんや、占いカウンセラーのワジョリーナさんとも会えました。

1時間のプログラム。和田さんのアフィリエイトの話とかブログのはなしとか、ほんとためになりました。

そのなかで4年後の自分がどうなっているかという夢を語ったんだけど、4年後か。
4年後ねえ。

あの空間にいた人たちの4年後。4年後の神南TVにもぜひ呼んでください。また、ダイエットグッズ抱えて、遊びにいきますので!

| | トラックバック (0)

神南TV

うわあ、もうこんな時間だ。これから神南TVに出ます!だから急がないと。

一応、番組テーマ:blog&アフィリエイト鼎談「ブログってどうよ!」っていうことで、話します。なんと対談相手は、あのアフィリエイト界の大物、和田亜希子さん!すっごク楽しみ。

ああ、二日酔いのわたし。ちゃんとできるかしらん。では、行って来ます!

| | トラックバック (1)

駆け出しコンサルタントの勉強会

昨夜は、ドリームゲートのMLで知り合った人たちと、駆け出しコンサルタントの勉強会をやった。現在の課題、年収や業務の単価など、つっこんだことを聞けてほんとうにためになった。

なかなか「それでいくらもらっているんですか?」とは聞けないので、コンサルタントと呼ばれるひとたちがどのくらいの収入で仕事をしているのか、どのように道を拓こうとしているのかを聞きながら、いろいろ思うところがあった。

このメンバーで、継続的に勉強会ができるようで、ありがたいことだと思う。一人の口から「仕事はほとんど友人からの紹介」との言葉がでた。ファシリテーターの吉田さんの口からも同じような言葉があった。考えてみればわたしも、今いただいている仕事のほとんどは、友人経由である。

メンバーが、その友人となればいいとおもう。彼らに仕事を紹介できるように、わたしもがんばろう!

| | トラックバック (0)

防犯と防災

先日、我が家のマンションで火災報知器の誤作動騒ぎがあった。慌てて、避難をしたが、何を持ち出すか、少々迷った。

SOHOで仕事をしていると、何かあったときのリスクマネージメントもすべて自分の責任だ。会社だったら、総務がやってくれるようなことも、もちろん全部自分だ。

さて、防災と防犯。そのコンセプトはかなり違う。

防災の基本が、集中管理、つまりすばやく持ち出せるように、重要な物を集中させておくことだとすると、防犯の基本は、どちらかというと分散だろう。

集中と分散。そのベストバランスを悩むことになる。

分散化させておいて、すべてを表にして張り出しておくというのも、あれだし。自らの、集中と分散を意識化するというのがいいんだろう。

早速、この集中と分散。やってみた。みなさんも、何かあったときでは遅いので、ぜひ。SOHOだから、経営者だからというだけではなく、普通の人間としてもとても重要なことだと思うんだけど、ついつい、おざなりになっちゃうんだよね。リスク管理って。今日、もし地震があったら、どうします?対応可能ですか?

| | トラックバック (0)

ソーシャルネットワーク

短いバカンスに行ってきました。福島と那須。天候もそれほどよくなかったせいか、とても涼しくてよい避暑となりました。もうちょっと長く休みたかったけど、そうも言ってられない。

さて、ソーシャルネットワーク。本当に便利です。
わたしはこういうの大好き。あったらいいなと思うサービスができたなあ。

本家(?)のORKUT
日本語のGREEmixi

一時期、ORKUTにホントはまって、毎日1時間くらい費やしていたが、さすがに英語を読むのが面倒くさくなり、現在は、GREEを拠点にしています。わたしのまわりは、GREE派かmixi派に分かれているので、どちらかに統一していただきたいです。(ここは1リーグ制希望します)

ここに書いていることがちんぷんかんぷんなかたは、ぜひ、メールくださいな。

このソーシャルネットワーク、すでに入っている人から誘われないと入れないんです。

これから、いろんな可能性を秘めているだろうソーシャルネットワーク。わたしとしては、このサービスを利用するようになってから、異常に飲み会が増えました。たぶん、いいことなんだろう。

| | トラックバック (0)

夏祭り

昨日、今日は夏祭りでした。
今年から娘が地区の子供会に入ったので、祭りは見るものではなく、参加し、お世話をするほうになった。

全く見える風景が違う。

Dscf0641.jpg

ジュースがみんなにわたっているか、山車をロープは危なくないか、ゴミが残っていないか。

6月に雇われている身分から、小さくても経営者になってから、物の見方が変わったのとちょっと似ているかもしれない。何かを与えられる側から、与える側へ。

私が住んでいる大宮は、地域の結びつきも強く、お祭りもそこそこ盛り上がって、商店街からの祭り参加者への提供物も多く、ありがたいなあとつくづく感じる。街を好きになるってこういうことなんだな。

そして、祭りの休憩所にかかげてある、「○○会社 果物沢山」「○○屋 清酒沢山」などの提供物。うーん、わたしも来年あたり、「スタイルビズ アイス沢山」とか地域に提供できたらいいなぁ。いや、するぞ。

はてさて、昨日は一日中山車とともに歩き、さすがに今日はグロッキー。今日も参加したいという娘を説き伏せてしまった。役員の方々はほんとご苦労様。

| | トラックバック (0)

企業のブログによるマーケティング

忙しい一日だった。

昼過ぎに恵比寿で今度いっしょに仕事をしようと口説くためにお茶をしながらMTG。この方のことはいつか書くが、もらった著書を帰路で読みながら、泣いた。わたしはこんなすごいひとと出会っていたんだ。神様!

そのあと、某大企業の方と、ブログで何ができるかブレスト。最近、こういうブレスト的なMTGによばれることが、多い。そしてなぜかわたしはブログのエバンジェリストということになっているらしい。(GREEのわたしの紹介記事など)そうそう、講師もやっているしね。

まだ、一般公開しているブログをはじめて、2ヶ月もたっていないのに。すごいことだ。

もし強みといえるなら、一応、HP、メルマがと、新しい情報発信の仕組みはかならずなめていること。また、前職にて、企業のコミュニケーションサイトを多数手がけたこと。企画立案から、実際の運営まで。それこそ発言を削除するときのメールの文言作りなどのトラブルシューティング。言葉だけでのコミュニケーションの交通整理役としては、たぶん私の右に出る人は、25人くらいしかいないだろう。(微妙)

ということを、実は気づいていなかったのに、その方が教えてくれた。忘れてた。

さて、そのあとは、グーグルのセミナー。アドワーズについて。広告についての説明よりも、社内の組織の説明についてたいへん魅力を感じた。アメリカ版料理の鉄人がいる社内食堂、マッサージやヘアサロンは無料、全ての人の4半期ごとの目標がイントラに乗っているなど。特に、面接は関係する人間全てでやり、当落が紛糾すると、エアポートチェックをするという。(空港で飛行機が飛びません。3時間その人と待つことができますか?)

チームワークや楽しさがモチベーションを自然と構築しているんだなと、感心した。伸びる会社は結局はモチベーション管理なのだなぁと、帰宅するとWBSで、トヨタの張社長。同じことを、とても日本的に、だが言っていた。

ただ、「皆のためが、己のためになる」事が危険というようなことを言っていたのが気にはなった。ほんとうにそれを危険視するのがいいのかなぁ?と。まあ、トヨタに入るということは、そういうことなのかもと、思いつつ。

| | トラックバック (1)

久米さんパーティー

今日(正確にいうと昨日)は久米さんの出版パーティー。とても盛況だった。幹事さん、ご苦労様でした。


メール道


さて、この本。「メール道」。すごいよ。なにせ、道(どう)だもん。
メールのマナーの本ではないのだ。人との付き合い方、コミュニケーション論そのもの。

人の気持ちに沿うための、人の気持ちを動かすための、ツールとしてのメール。

久米さんらしく、鋭いけど包むような暖かい本であり、パーティーだった。
すてきな人ともたくさん会えて、大満足。

Dscf0626.jpg
美女にかこまれ、ご満悦な久米さん。と、しておこう。ちなみに私以外の美女お二人は、天下をとどろかす、アフィリエイトクイーンの小林さんと和田さん。


| | トラックバック (8)

いま、授業中

説明しています。

という、意味不明のこの書き込みは、本日のブログ研究会にて行ったもの。そう、わたしは、ブログ研究会の講師だったのだ!

2時間の授業をこれから4ヶ月、計8時間行う。

この2ヶ月ばかり、ブログづけ。このサイトのほかに、2つばかり立ち上げ中のものがある。本当に七転八倒しながら設定しているのだが、そのときに教えてもらいたかったことを、話したつもりだ。

結構ブログはブログ用語とも言えるような用語が多く、また、各社によって微妙に言葉遣いが違うので、戸惑うこともあったが、何はともあれ、第一回は無事終了。

ブログ研究会


その後の飲み会で、後半のワークショップをもっとやって欲しいとの要望があり、ぜひそうしたいと思う。

| | トラックバック (0)

旦那の給料日

共働きだったときは(正確に言えばもちろん今も共働きなんだけど)、旦那の給料日がいつで、いくらもらっているのか全く知らなかった。

4月に会社を辞めて、固定収入ががくっと減って、初めて、旦那の給料と給料日を教えてもらった。

うまく表現できないが、屈辱という言葉にあてはまらないかといえば、そうではない。悔しい。これに慣れたらいけないぞと、思う。でも同時に、感謝もしないといけないとも思う。ものすごく複雑な気分だ。割り切れないもやもやがあるのと同時に、割り切りたくないもやもやがある。何を言いたいんだ、私は。

よくよく考えると、会社づとめしてた頃、そういえば、自分自身の給料日も知らなかったんだよね。ははは。

最近は、通帳コンシャスな私なので、入金・出金にはうるさいぜ。

人間変わるものです。

| | トラックバック (0)

会計ソフト

会計ソフト、以前創業センターで税理士さんに紹介された弥生を買おうとおもっていたのですが、ここのコメントでフリーソフトがあるという情報をいただきました。(osakiさん、ありがとう!)

■フリー財務会計
http://www.e-keiri.com/freezaimu/

ちょっとインストールに時間がかかりましたが、おもしろい。わかる。そうだったのか。

我が社(くくっ)のような零細企業の場合は

・日常処理→現金出納帳入力を、月に一度もしくは2度ほど、入力。領収書を一気に処理。

・月ごとのB/SやP/Lなども出て、ほんとうに勉強になる。

おもしろい!!

サルでもわかる経理とか財務とか読むのもいいけど、やっぱり実践だなと、つくづく思った。とりあえず、これでできるところまでやって、市販ソフトを買うのは、もうちょっと取引額が多くなってからにいたします。

| | トラックバック (0)

ドメイン申請

ドメインを申請しました。お名前.comにて。もっと安いところはあったんだけど、なんとなく、ここにしちゃいました。

co.jpにしようと思っていたのですが、結構いろんな会社をみても、co.jpにしているところは少ないので、ちょっとでも打ちやすいようにと

www.stylebis.jp

にしてみました。

急いで会社のHP作らないと。一つ一つですが、TO DOをクリアしていくのは楽しい物です。が、あまりの暑さにかなりギアがローになっているのは、いいのか、悪いのか。

ようやく娘の夏風邪もおさまってきて、月曜日からは、また、忙しいぞ!27時間眠らずに番組をやった岡村もボクシングをやったほどだ。わたしも、彼に見習ってがんばろう。(結構、好きです。岡村。ああいう、抱きしめたらすっぽり自分の胸の中に収まりそうな“はかなげ”サイズの男の人、好き!レスリー・チャンとか、フミヤとか)

みなさんも暑いけど、ほどほどにがんばりましょー!

| | トラックバック (0)

キープラネット

今日も暑かった。その上、小学校に入ってびっくりするほど体が丈夫になった娘が、夏休みになったとたんに、夏風邪でダウン。病院通い。参った。

ワーキングマザーの天敵たる、子供の病気。我が家の場合は、じじばばの援護射撃で随分助かってはいるが、今日は、キープラネットの暑気払いパーティーなので、またまたババレンジャー登場。(感謝)。さて、このキープラネット、ほんとうにここは代表の川野さんのお人柄もあってか、無駄に元気な人が多くてほんと、楽しい。

Dscf0614.jpg

娘のこともあって、途中で帰ってきてしまったが、十分に満喫できた。代表の川野さんは無類のおっちょこちょいで、今日もその小さな被害を被ったが、全くもって怒る気にもなれない。なんというか、ミスを出会いに変えていく異常なパワーがあるのだ。そうして、被害者達がもんどりうって信者になる。ああ、こういう人に私はなりたい。ほんと、川野さんの笑顔をみるだけで、栄養ドリンク3本分だ。今頃、まだ二次会かな?

| | トラックバック (0)

SOHOの冷房対策

SOHOで仕事をしていると、「もう冷えすぎだよー」といらいらすることはなくなるが、妙に電気代をけちってエアコンをかけるのを避けてしまう。

しかし、この暑さ。40度だって!

ほんとうに、長袖のシャツとスーツを着ているサラリーマンのみなさま。ご苦労様です。
でも、脱いだら?

どう考えても、おかしいでしょ。

長袖着るから暑い→暑いから冷房をがんがんかける→室外機から熱風が→ヒートアイランド

暑い時は暑いなりの服装をすることがいいとおもうんだけどって、全然SOHOの冷房対策語ってないじゃん。すみません。ちょっと暑さボケ。

娘は初めてのつうしんぼ。

| | トラックバック (0)

名刺ブレーン

コクヨ 名刺ブレーン

コクヨ 名刺ブレーン(スキャナで簡単素早くテキスト変換)
とても便利だ(と思う)。まだ使っていない。名刺の整理をやる時間がなかなかとれない。たぶん、ものすごく便利だと思う。

小さくて場所を取らないのもいいと思う。また実際に使ったら、どんなに便利かをご報告しますね。

名刺交換を武器にする、スグレモノだといいな。武器にするという言い方はあれですね。袖振れ合うも多生の縁。振れ合いを結びつきに変えるツールとでも名づけましょうか。取りあえず、来月には使います。

そうそう、ちなみにこれ、会社の同僚から卒業パーティーにていただきました。写真は、そのときいただいた花束と。

| | トラックバック (0)

EC協議会

04.07.17

さすがにへばってしまって、起きたのは11時。つらい。
午後からEC協議会の定例会。またいろんな人に会えて、大収穫。つらいときほど、老骨にむちを打つといいことがあるようだ。

やりたいこと、やらなければいけないことが、まるで富士桜のツッパリ(古い、古すぎる)のように私を襲ってくるが、まだ設立してから1ヶ月。あせらずに行こう。

| | トラックバック (0)

関西出張

関西に出張。朝(だよね)の3時半まで資料作り。2時間寝て、電車に乗って、のぞみで新大阪。そして、4時ののぞみで帰京。
はふぅ。疲れた。というより、わりと元気だったので、「わたしも若いじゃん」と思ったんだけど、今頃ものすごくへたれてきた。づがれだ。

関西も暑いねぇ。

さて、のぞみが品川につくと、男の子がホームで待っていたお父さんに飛びついた。あとからお母さんとお姉さんがうれしそうに、後を追う。東京に離れて暮らすお父さんのもとに夏休みの家族が訪れたのだろう。男の子の誇らしげな顔。

単身赴任とかいろいろな大人の事情で、家族が離れて暮らす。ああ、どうかあの家族が素敵な夏休みを過ごせますように。なんとなく、涙が出てきちゃって、涙腺よわっ!!
あの男の子に習って、だんながかえってきたらダイビングハグをしようかと思ったが、体重を顧みてやめておく。たぶん正解。

| | トラックバック (0)

専門家による無料相談@埼玉県創業・ベンチャー支援センター その2

04.07.13

無料相談実況中継です!

5つの予め考えておいた質問のうち、1つ目はさしさわりがあるために、4つの質問だけを公開させていただきます。

・お金の出入りの管理はどうしたらいいか?
→お金の額や出入りが頻繁でない時期は、会計ソフトでやるのがいいでしょう。取引が大きく頻繁になれば、それを人にやってもらい、最後は税理士に任せるというように、徐々に人手を頼るのがいいでしょうとのこと。
会計ソフトは、いくつか触ってみて(それぞれのサイトで、試用できたりします)、好みのものを使うのがいいとのこと。たまたま相談したお二人とも弥生会計(ここは安い)だったために、わたしも弥生にほぼ心を決めました。

・SOHOのように自宅の設備を使って仕事をするときの扱い
→額の大きい物はともかく、プリンターやPCなどは買った値段の半分くらいで会社に売る。事務用品一式で減価償却するのがいい。車などは、名義変更するよりも、ガソリンや駐車場費などを、使用頻度にあわせて、按分するのがいいとのこと。

・光熱費などはどうするの?
→これまた利用頻度にあわせて按分。きちんとルールを決める。自宅使用分と会社使用分で、6:4とか7:3など、割合をきめておくことが重要。

・設立日(6月21日)から口座開設日(6月30日)までに使ったお金はどうするの
→今月中に経費として精算。


その他、
・細かいお金をどうやって使うの?
→取引はできるだけ通帳を通す。しかし、細かい消耗品などを購入する時は、予め引き出しておいた手持現金から出して、それをまめに会計ソフトに入れていく。カード、通帳など、きちんと個人利用分と会社利用分で分けることが重要。

→スイカの印字は便利。

などなど、本当にいろいろなアドバイスをいただいた。
そのほかにも、減価償却のやり方や、決算についてなど、ありがたいお言葉を頂戴したが、これは直接、アドバイザーの方から聞いていただいた方がいいと思います。

アドバイザーの方とお話をしていて、経費というものの考え方がクリアになった気がします。埼玉県で起業してよかった。と、つくづく思いますが、埼玉県以外にもこのような無料相談はいろいろな機関がやっていると思うので、ぜひぜひ利用してみてください。

| | トラックバック (2)

専門家による無料相談@埼玉県創業・ベンチャー支援センター その1

04.07.13

今日は、EC研究会のオンラインショッピング大賞ならびに三石玲子賞の記者発表。話題のゼイヴェルさんの代官山コスメキッチンそばのギャラリーにて、ちょっとしたパネルディスカッション。ゼイヴェルさん、クールなビジネス、すごいなあ。日本女子へのリーチは、もうどのメディアと比べても日本では一番。すごい。

その後、駆け込みで、埼玉県創業・ベンチャー支援センターへ。ずっと受けたかった、専門家による無料相談を受ける。

本当に感動。

税務の専門家Tさんと、ITの専門家Sさんに相談をする。

会社立ち上げ以来、ずっと「お金のこと、どうしたらいいんだろう?」と疑問だった。検索してもなかなか答えがない。わたしが聞きたいことにこたえてくれる本が無い。

・設立日から会社の口座ができるまで支払ったお金は、どうするの?
・SOHOの場合の、機材や光熱費などはどうしたらいいの?

など、こまごまとした質問にほんとうにやさしく答えてくださった。

正直、お金のことは、本当にわからない。でも、わからないということは、本当にはずかしいものだ。誰に聞いていいかわからない。こんなことを聞いたら笑われるのでは?とか、おまえみたいな奴が会社を作るなんて、失格じゃ!と叱られるのでは?と、つい悶々としがちだ。でも、このTさんのご人徳か、全く笑うことなく、本当にぴよぴよの私にわかりやすく、そして、具体的に、教えてくださったのだ。

私は質問事項を5つにまとめておいたが、もしかすると、何を質問したら良いのかさえわからないこともあるだろう。しかし、ここの方々は、そんなひとのことも絶対に笑わない。しっかり受け止めてくれると、感じた。

今回した質問事項は、まとめて、またアップします。

| | トラックバック (0)

時間という資源

昨日は、某超有名オンラインワインショップの方を囲んで、ポルトガル料理でディナー。

立食パーティーで立ち話をしたことはあってもじっくりお話をするのは初めて。いや、ほんと、衝撃的なくらいのよい時間だった。

彼のお言葉。
「境遇など人間は不公平な星のもとに生まれている。ただ、唯一神様は時間だけは24時間平等に人間に与えてくれている。それを活かさない手はない」と。

おっしゃるとおり。あれだけの地位にいらして、まだまだ手綱をゆるめることなく、真剣にオンラインショッピングを考えている。

すごい。私も、この時期にあの言葉を聞けたのを栄養にしなければと、つくづく思った。24時間使ってますか?
あー、明日から早起きするぞ!(今日はできなかったので。くすん;;)

| | トラックバック (0)

名刺入れ

名刺を作りました。
名刺作成サービスに頼もうと思ったんですが、最初は家でもできるかなと、家で作ってみちゃいました。

・ロゴ画像は、パワーポイントにて。ちょっと前に企画書を作ったときに、10分くらい考えて作成。

・名刺雛型は、企画書作りに使った本がまた活躍。


">営業の現場で役立つテンプレート2000

・ペーパーは

プラスのキリッと名刺が、シール形式になっていて、とてもきれいな名刺ができる。ただ、薄いのでちょっと自家製はばれるが。

・名刺入れは、誕生日プレゼントにだんなにねだりました。

LOUIS VUITTON ルイヴィトン ダミエライン名刺入れ カードケース Enveloppe cartes de visite

ルイヴィトン

というわけで、名刺セットは完了!
名刺は、自分がわくわくするデザインにしたかったので、好きなピンクとオレンジ色にこだわって、名刺入れは、ベタだけど、痛みにくいスタンダードなものにしました。

みなさんの名刺入れ&名刺。第一印象どうですか?

| | トラックバック (1)

仕事を断る技術

営業の技術もとても重要だ。しかし、起業してみて、仕事を断る技術というのがそれ以上に重要なことがわかってきた。

仕事は当然欲しい。しかし、声をかけていただいたことを全部引き受けていては、すぐにつぶれてしまう。自分のコアコンピタンスはこれだ!という熱い強い思い。これが本当に重要。

それさえあれば、それとずれた仕事に声をかけられたときに、すぐに対応ができる。
「自分のウリは○○なので、それは●●さんのほうがいいですよ」と、言える。
そうすれば、断った相手に対して、失礼ではないし、より深い価値を与えることができる。

そのために自分と似ているが違う同業者のネットワークを作ることがとても重要になってくる。

さて、今日は曽我さんが家族と久々の再会。大切な家族と毎日過ごせることの幸福をつくづく感じる。お帰りなさいと、今日笑顔で言っていない自分を深く反省。ごめんね。

| | トラックバック (0)

わくわくする感じ

先日、2本柱の1本については、ECコンサルタントとご紹介したが、もう1本の柱も現在すすめていて、今日(すでに昨日だけど)はそのメンバーの初顔合わせだった。

楽しかった。ほんと。めちゃめちゃ笑った。

ああ、こういう楽しさやわくわくを求めて、わたしはあたらしいステージを作ろうと思ったんだと、過去のわたしに感謝した。もちろん忙しい中集まってくれたみなさんにも感謝です。

Dscf0558.jpg

というか、今年になってから、ほんとうにたくさんの出会いがある。いろんな人のお世話になっている。

いままでだったら、出会ってからするりとすれ違うような出会いも、自分からねばねばしたものが出ていて、すれ違わない。

すれ違っていく人も当然いるけど、それにめげずねばねばし続けたい。わたしの言うことに耳を貸してくれる人のいることに感謝するし、その人たちに、自分ができることを精一杯やりたい。と思いつつ、帰りの電車で、爆睡し、隣のオヤジに肘鉄を食わせられた右手が妙に痛いのでありました。いてえよ。

| | トラックバック (0)

諸届け

設立登記できたら、税務署や市区町村役場、労働基準監督署、社会保険事務所に連絡するようにさらりと書いてある。

それはどこで、何を出せばいいのか?全くわからない。
お願いだから、こういう窓口、一本化してくれ。と、わたしは誰に言っているのだろうか?

まずは、市役所の税金関係に「会社を設立したのですが、税金の関係は税務署ですよね?」と聞くと、「国税は税務署、県税は県税事務所です」といわれる。ふーん。

とりあえず、104で電話番号をききまくり、それぞれ必要なものを聞く。一応下にまとめたが、県によって違うこともあるので、一応調べてくださいね。

●国税局 法人設立に関して
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/houjin/annai/1554_2.htm
最寄の国税局
http://www.nta.go.jp/category/syoukai/syozaiti.htm
必要なもの:登記謄本の原本、定款のコピー、届出様式(PDF、サイトにあります)


●県税事務所
埼玉県の場合http://www.pref.saitama.lg.jp/A01/BF00/yosiki/yosiki01.html#6_5_1
それぞれの県税事務所をさがそう。「○○県 県税 法人」などのキーワードを入れて検索してみてください。
必要なもの:登記謄本のコピー、定款のコピー、届出様式(PDF、サイトにある場合が多いと思います)

●市役所
必要なもの:登記謄本のコピー、定款のコピー、届出様式(PDF、サイトにある場合が多いと思います)

○労働基準監督署
→人を雇うことがなければ行かなくてよし

○社会保険事務所
→5時1分に電話したら、すでに業務終了。時間厳守。日本人はエライ。


というわけだった。ほとんどPDFになっているのがいいですね。

登記の謄本は結局2通とったほうがよかったということがわかりました。
こういう手続きさあ、1本化しようよ。

なんで、税金を払う手続きをするのに、1000円払って謄本取らないといけないの?税金払うために印紙代払うなんて超ナンセンス。

退職手続きのときもおもったが、必需品は、市内の地図。
今回の件で、市内に随分くわしくなった。自転車よ、ありがとう。

| | トラックバック (0)

請求書

初めての請求書。

会社は作ったが、仕事がないとしょうがない。いままであえて、この作った会社が何をやる会社なのか伏せてきたが、会社を立ち上げる前から副業的にやっていたEC関連のコンサルティング業務を2本柱のうちの1本としていこうと考えている。

正直、仕事がくるか不安なこともあった。4月ごろは本当に不安で不安で仕方なかった。

しかし、特に会社を辞めることを宣伝せずに、営業活動をすることもなく、話は順調にきた。本当にありがたいことだと思う。

そして、今日、初めて会社として請求書を書く。

いままでも、個人としては何度も普通に書いていたことが、ものすごいことに感じられる。

いくつか便利なサイトを見つけた。

■とりあえず請求書
http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se181674.html
Accessベースの請求書フォーム。
使いやすい。プリンターに接続しているPCにダウンロードすると便利です。

■エクセルテンプレートファクトリー
http://www.printout.jp/factory/exel/
リコーがプロデュースするたいへん便利なサイト。BS,PLから、ファックス送付状まで。

この2つを利用して、請求書と送付状をつくる。

以前いた2つの会社では、こういうことは他の人がやっていた。こういう仕事がどんなに大切かということを知る。


| | トラックバック (0)

セミナー講師

本日はEC研究会でセミナーの講師でした。

朝5時までかかって、準備。もう少し早く準備すればよかったのですが。いつも直前にやるのが、オレ流。特にセミナーは、生ものなので、直前の情報も入れたいので、ついついその日の朝までやることに。とほほ。

上野駅で思わずドリンク剤の一気飲み。ぷはあ。

今日はなかなか反応がよかったように思う。あとの名刺交換率が定量的にわかる反応だ。テーマは生活者から見たECの潮流(ブログ、アフィリエイト、ブロードバンド、モバイル)ということで、最近のECからうかがえる消費者トレンドのキーワードを解説した。

セミナーは、話すほうも聞くほうも出会い。今日の出会いによって、聞いてくださった人にも話したわたしにも何か変化がるといいなと思う。

| | トラックバック (1)

会社できました

04.06.30

わーい、おめでとう、らむねちゃーん。
ようやく会社ができたね。

というのを期待していたら、なんというか、あのう、あれ?

まず、登記所のお世話になっていた窓口に行くと、「ここではなくて、登記の謄本と、印鑑証明書と、印鑑カードをもらうための窓口に行ってください」とか言い捨てられてしまう。

あ、あの、「書類は受理されました。法人番号はうんたらかんたら。おめでたい番号ですね。おめでとうございます。元気でがんばってください」(職員一同の拍手)
とかさあ、セレモニーはないの?ないよね。

それに、もらった書類を見ると、申請日が設立日になっている。記念日は04.06.21とな。ひどいよひどいよ。なんかさあ、もうちょっと感動的なことないの?

あまりに寂しかったので、印鑑証明を5枚ももらってきてしまった。何枚いるかわからなかったんだもん。

■持参したもの■
・登記謄本発行申込書(1枚につき1000円。とりあえず1枚もらう)
・印鑑カード発行申込書(1枚につき500円。なぜか5枚ももらってしまう。何枚いるのかわからない)
・印鑑証明発行申込書

・会社実印

今後は最寄の法務局で、↑の書類はもらえるようなので、もう、ここに来ることはないだろう。寂しい。なんだかとても素敵な空間。法務局。

=================

その足で、資本金を預かってもらっていた銀行に行って、口座を作り、お金を動かせるようにいたしました。

■持参したもの■
・登記謄本(1000円かかっている。コピーじゃ駄目ですか?といったら、駄目だといわれた。アー1000円)
・印鑑証明書(500円かかっている。コピーじゃ駄目ですか?とは聞かなかった)

・会社銀行印

・会社スタンプ
←これ便利。

ここでインターネット口座とかの書類とかももらい、とりあえず、今日振り込む予定だったものがあったので、お金を下ろして、払い込む。

ほっとする。
午後は、娘の授業参観。その後、近くの神社で茅の輪くぐり。こころの煤がとれたかな?

ああ、終わったぁ。(これからだっちゅうに)

| | トラックバック (0)

取材

04.06.26

ほとんど朝寝たので、昼までねていました。またせきがぶり返してつらいつらい。
老骨にむちをうって、埼玉県の創業センターへ。ここでTVの取材を受ける。

創業センターには3度目だが、県の職員の方々は土曜日もしっかりスーツを着て、本当にかいがいしく働いていらっしゃる。

「埼玉県で何かやろうとする人は、東京でしか会う事ができなかったのが、最近ではさいたま発のいろいろな仕掛けができることによって、とても心強い。また創業センターも本当にいろいろな相談に乗ってくれてありがたい」と、本心からしゃべった。

というのも、定款のことを県の方に愚痴ったら、「そういうのこそ事前に相談にくればよかったのに」と、言ってくださったのだ。そうなんだよ。そうそう。

いま、わたしみたいな気持ちだけあってよちよち歩きないわゆる起業家(私って企業家か???)に対して、助けてくれようとてぐすねひいている方々がいるのだ。ありがたいことだ。利用しない手はない。

ワークショップも出たかったが、せきがひどいので、暑い中帰る。キープラネットの川野さんは、顔を見るだけで元気の出る人だ。ああいう人になりたい。

| | トラックバック (0)

定款の補正の連絡

04.06.24

午前中、司法局からのご連絡。はい。補正です。
もう、びっくりするくらい、いろいろ補正すべきところがあったらしく、いろいろ言われました。

はい。わかってます。

定款は2点。理屈はわかる。わかるけどさあ。定款って何よ。

というわけで、ぐぐってきた。わけわからん。(ああ、わたし、法学部だったのに)

というわけで、明日また、司法局&公証役場に行ったり来たりをするわけでした。とほほ。

| | トラックバック (0)

出資払込受付票

04.06.17

月曜日に連絡したときに言われたとおり、銀行へ。

■持参したもの
・個人の実印
・印鑑証明
・通帳
・通帳の届印

を持っていく。

定款の写しをもっていってから、明日で2週間。結構時間がかかりましたね。原因としては、個人として仕事をしていた通帳といっても、それほど多額な取引があったわけではないこと、電話を素直に待っていたこと、この2点かと。また、独立事典では、取り扱い手数料は7000円くらい(銀行によって違う)とのことだったが、私が利用した銀行は21000円(税込み)でした。それは明日、持って行きます。

■教訓■銀行選び

1、会社の給与や副業など、取引の多い銀行にすべし(でないと、いろいろ説明書類や業務についての詳しい情報を求められる)
2、定款を出してから、審査がある。1週間をめどに銀行から連絡する、といわれるが、3日たって連絡が来なければせかした方がいい(私は1週間待って電話して、そのときに売上目標などいろいろ聞かれた)
3、手数料は結構高い(定款を出しに行くときに聞いたほうがいいかも)

明日はいよいよ登記手続です。これから書類作るか、とりあえず早く寝て、明日作るかが、悩みどころ。。。
寝るか?

| | トラックバック (0)