起業の根っこにあるもの

「で、らむねさんは、なんで会社作ったの?」当然聞かれるこの質問。実は、少々答えるのが難しい。ほとんどの場合嘘をついている。この準備編は、もともと別のところでつけていた日記を編集して、こちらにアップしているのだが、どうして会社作ったの?という問いかけには、今年の2月28日の日記、かなり今自分で読んでもすさまじい文章であるが、一応アップしておく。

たぶん、なぜ会社を作ったか、ますますわからないでしょう。

04.02.28

土曜の朝、眠い目をこすり、起業塾へ。起業塾のコンサルタント陣。うーん、あれでいいのかなぁ。ちょっとやばいぞ。わたしが商工会の担当者なら、即・・・・・。

しかしいじめられるというのは大変いいこと。

10万人のメール会員の困難さ、ホスティング費用の脆弱さ。

あと、人を雇うことの大切さをとうとうと語られた。

Mさんと浦和駅前の「力」で飲む。いろいろとつっこみがいのある人だ。しかし面白い。

わたしの起業のきっかけについて聞かれる。
結局は怒りだということになった。
向井亜紀さんの涙。産むことに真摯であった彼女を責める人を羽交い絞めにしてやりたい。
少子化は豊かな社会の一つのあり方だなんていう学者のやつらをぶん殴ってやりたい。こぶしがつぶれるまで、何度でも。手が使えなくなったら、蹴ってやる。足が駄目になったら、体当たりじゃ。まあ、それはいいとして。

猿だった昔から、何代も何十代も何百代も何千代も、命をつないでもらって今わたしは生きている。
今生きている人間で、生命のバトンを累々と渡されないで、今ココにいる人なんて一人もいないんだ。それなのに、次の世代にバトンを渡さなくてもいいようなことを、言う奴は猿以下だ。日本人の血筋とかいう以前の問題なんだよ。命をつなぎにここにいるんだよ、わたしたちはさあ。少子化と経済なんてぶちあげているひまがあったら、セックスでもして、子供増やせよ。くそオヤジ。

という熱い思いを延々と話したが、ひかずに聞いてくれた。ちょっとうれしい。

夜、NHKの迷宮美術館で、ルノアールとアリーヌの幸福な夫婦の物語をやっていた。ルノアールの介護に明け暮れていたアリーヌが自分の病気を隠して先に逝ってしまったあと、ルノアールが泣きながら書いたというバラの花の絵。それは死(黒)に彩られた鮮やかな生。素敵な夫婦だ。愛して支える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社印の注文

04.06.02

会社を設立する時には、絶対に必要。類似商標を調べて、自分の会社の名前がひっかからなかったら、すぐに注文するのがいいです。

最近は、ネットで安い印鑑屋さんがたくさんできていて、やれ水晶だチタンだと、材料から迷ってしまうが、見栄なんてはらずに、一番安いので私は十分だと思う。

印鑑

私が注文したのは

●社印
法人代表者印/天丸タイプ/柘/18mm/ケース無し

●スタンプ
分割印

このスタンプ。ぜったいの社印を注文する時にご一緒に。登記が完了して、銀行で口座をつくったりするときに、やったら住所だ、名前だを書かされる。うざい。しかしスタンプなら、ポンである。

【楽天市場】いいはんこやどっとこむ
とにかく注文してから届くのが早い。ほんと安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

死んでしまったらおしまい

04.02.13

きたー。花粉症。
まあ、梅雨までの苦しみだ。どんとこい。まじでぐるじい。

病院に行ったが、あの医者はなんだ?久しぶりの患者らしく血液がとれない。いやー、噴き出しそうになったよ。
検査は高いなぁ。娘と二人分で、医療費が2日で9000円。厳しいなぁ。

もらった薬はまったく効かず、つらいまま、某新聞社の記者の友人と飲み。
「幸せってなんだろう」と語り合う。

共通の友人がおととし亡くなった。本当にショックだった。ついつい彼女の思い出話になってしまう。彼女の死で学んだこと。彼女がチューブにつながれた姿に、わたしは自分をみた。

つながれている人生。生きているんだからチューブを断ち切らなきゃ!

そう。わたしにとっての幸せ
・だれかと手をつないでいること
・生まれてきたことを感謝できること
最近、娘がいった

しあわせって、思ったとおりになれること

もっともっと幸せになるぞ!37歳になって、幸せってなにって語り合える友達をもつ幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か一緒にやりませんか?

04.02.11

それまで苦しかった会社の仕事が、急に辛くなくなってきたのがこの頃。泊り込みの仕事なんていうのもあったが、淡淡とこなせた。

雇われている身で、当事者意識をもち続ける難しさと、この2年間ほど戦ってきた気がする。会社の人たちはみんな大好きだ。仕事も、環境も。恵まれていたと思う。

だけど、自分の仕事を自分の手でデザインしたい、その思いは、もう止められなくなってきた。

わたしは、村山らむねという名前で、メルマガを発行している。週刊といいながら、最近は年に2,3回しか出していないが、そこで、「何か一緒にやりませんか?」と、ちょろりと書いて久々に発行してみた。

花粉症発症。そろそろ動き出す春がそこまで来ていると、実感しながら、ハーックション。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セミナーに行きまくる

04.02.07

起業を思い立ってから、この時期、セミナーに行きまくった。地域の商工会議所主催の創業塾、グロービスのセミナー、目につくものは何でも行った。そして、今も行きまくっている。

私がセミナーで心がけていること。

・なるべく、一番前に座る(スピーカーに顔を覚えてもらう)
・必ず、名刺交換する
・できるだけ御礼のメールを出す

というもの。ちなみに、創業塾。ここに書くのがいいのか悪いのかわからないが、私が2月に行ったものは少々ダルい内容だった。少なくとも、創業に向かって背中を押すようなものではなかった気がする。被害者意識か?でも、四回行われて、どんどん参加者が少なくなっていったのが、私だけがダルかったわけではないことの証拠だろう。

起業しようと思ったときには、ものすごい成功談とかを聞きたいわけではない。ほんのちょっと先をいく先輩がたどったプロセスを知りたいのだ。それが、あまりなかった。中小企業診断士みたいな客観的な立場の話ももちろん役に立つけど、それよりやっぱり起業した人の体験談が聞きたいのだ。どこが辛かったか、どこでつまづくのか。

というわけで、あのとき感じたフラストレーションが、このブログを作るもとになっている。恥をかいている、とも受け取られるかもしれないが、私があのとき欲しかった情報を書いているつもりだ。誰かの役に立てば良いな。

話はかわって、グロービスのセミナーは、講座の紹介のものだったが、お金と時間さえあればぜひぜひ講座を受けたいとマジで思った。堀さんはとても魅力的な方だった。彼のいう「ベンチャーに必要なのは、志とサイエンス」という言葉。今、しみじみと、重みを実感している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい雇い主

04.02.03

楽天のショップオブザイヤーの授賞式のために大阪に。帰路にて独立辞典を読み込む。

そういえば、独立辞典を夢中で読みすぎて、新幹線におみやげの、とよすのせんべいを忘れてくる。かなりショック。娘になぐさめられる。

実は、このころ、某大手人材会社のキャリアカウンセラーとしてのヘッドハンティング(?)みたいなものを受けていた。面接とテストの結果待ちだったが、この夜、最終面接の連絡を受ける。

去年、一年間で産業カウンセラーの資格をとって、ちょうど合格通知ももらい、こういう方向もあるかなぁとは思っていた。実際たいへん興味のあるしごとではあったが、土日と夜がメインの時間帯となるために、断念。もちろん、それだけではない。起業するから、だ。

「違うところに決まってしまった」と、電話口にて告げる。「新しいところの、雇い主は私です」と、心の中で言った。

ちなみに、わたしは職業系の心理テストとの合性がいいらしい。今まで、適性検査や心理テストを行った面接で落ちたことがない。クレペリンなんかは、一度、面接官から「見たことも無いほどの好成績」と,もらされるほど。クレペリンにおける好成績ってなによ?仕事マシーンということか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創業塾に申し込む

04.01.27

こうやって、独立するぞと思うと急にいろいろな情報が目に入る。たまたま新聞にあった創業塾に申し込む。ぎりぎりだそうだが、キャンセル待ちという状態。

とりあえず、なんかやってみようというときには、なるべく安いセミナーや、ムック的なものから入るのがいいと思う。

■ドリームゲート
http://www.dreamgate.gr.jp/
とにかく何かやりたいと思う人のポータルサイト。国が本気出すとここまではやるということ。メルマガもなかなか気持ちがあって、ためになる。

■日本商工会議所 中小企業振興部が主宰する創業塾・第二創業塾
http://www.cin.or.jp/sogyo/juku/
比較的安価だと思われる。女性のための講座もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上司に報告

04.01.23

結構、後先考えず、上司的な存在の人に退社を告げる。4月からの娘の小学校入学を契機に何かを変えたいと考えていたのが、地底のマグマのようにふつふつと煮えたぎり、どっかーんと表出したという感じなのだな。

とても気持ち良く背中を押してくれた上司に感謝。これからもいい関係でいようということになった。本当にいい会社にはいったなーと、思った。

ちなみにその後の収入とかまったく考えず、ほんとなーんも考えず、言ってしまったなと、今思うと、「アホか」と思う。でも、思いついたことはどんどん周りに言わないと、なかなか自分が動けないほうなので、結局はいいタイミングで思い切ったと思いましょう。

■教訓■退社の告げ方

1、一番信頼している人に言う。(ほんと、そうしてよかった)
2、一応、退社年も、住民税ががっちりとられるし、年金・健保など、収入がたとえゼロでも結構おかねがかかることくらい知っておこう。(し、しらなかった・・・。とほほ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうだ、会社を作ろう!

2004.1.18

2003年あたりからおぼろげながら、次のステップについて考えることが多くなった。4月から産業カウンセラーの講座に通って自分探しなんかしてみたり。ボランティアやNPOとかの記事を切り抜いたり、まあ水面下でじたばたしたりしていた。

この日に何があったかといえば、私の大変尊敬する粟飯原理咲さんの主宰するおとりよせネットの達人パーティーが行われたのだ。美味しいものが好きな人たちは美味しい人生が好き。なんだかとっても元気が出て、そうだ私も自分の会社を作ろう!(つきつめて考えると、どうしてそういう結論になったのかよくわからん)と思ったのだ。

なんでもきっときっかけの日というのがあって、わたしの起業のきっかけの日は、絶対にこの日なんだけど、因果関係がいまひとつはっきりしない。ただ、たぶん父がガンではないということがわかりほっとしたことと、すごく素敵な女性達を見て、刺激になったことは確か。

あなたは、そのきっかけを覚えていますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪パーティー出席

往復の新幹線でアントレ別冊独立事典を熟読。
知っている人がちらほらいて、自分も載るぞ!(それも巻頭カラー3ページ)と思う。Hさんなどに至急連絡しよう。

一日に3人、アクセスしよう。

某会社からの面接を断る。他者に決まったと。雇い主が自分であることは言わなかった。

新幹線におみやげの、とよすのせんべいを忘れてくる。かなりショック。娘になぐさめられる。3時半に寝る。

この文章は別の日記サイトにつけていたものの転載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)